一言進言

NGO活動に敬服の念を。

~有馬実成住職を思い出す~

アフガニスタンで中村哲医師が射殺された事件は世界中が悲しんだ。NGO活動でどれだけの活動をしてきたのか、うわべぐらいしか知らないが、アフガンの人々の嘆きようを見ると、偉大な人だったのだと感動した。引っ込み思案な日本人らしからぬ日本人だったのだろう。


同じくNGOで思い出したのは、ここ周南市櫛ケ浜の原江寺住職だった有馬実成さんだ。1980年代には既に東南アジア、特にタイやカンボジアの難民支援活動に乗り出し、衣服を集めて送ったり、現地の言葉に訳した絵本を贈ったり、実に多様な支援活動を展開していた。当時「NGOの有馬」と言われていた。


25年前の阪神淡路大震災の時には、真っ先に現地に入ってボランティアの先頭で活躍し、震災現場で知らない人はいないと言われていた。話は聞いていたが、実際、有馬住職のすごさを実感したことがある。


有馬住職が亡くなってしばらくしてだが、わが社は当時長野県知事だった田中康夫さんを招いて講演会を開催した。時の人で大層忙しくしていた御仁だけに、東京まで出向き、電車の中で口説いた思い出のある講演会開催だった。こんな名もない小新聞の願いをよくぞ聞いてくれたと感激したものだ。


その理由の一端が分かったのは、田中康夫さんが徳山入りしてからだ。彼は阪神淡路大震災で初めてボランティア活動に参加したそうだ。その時リーダーとしてボランティア集団を率いていたのが有馬実成住職だった。温かく、優しく、抜群の決断力に圧倒されたという。


有馬住職を恩師と慕う田中さんの願いで、講演の翌日、原江寺に有馬住職の墓参りに出向いた。有馬住職との出会いが彼の人生を大きく変えたのかもしれない。小説家として脚光を浴びていたのが、政治の世界で破天荒と言われる存在になった。ちなみにNHKの「ニュース9」のキャスター・有馬嘉男さんは有馬住職の長男だ。


世界中に困窮している人々がいる。その人たちへ手を差し伸べ、少しでもましな生活と活動するNGO活動家たちにもっと理解が必要だ。ここ周南ではベトナムに401台もの車いすを贈り続けているNPO国際ボランティアIMAYAの理事長の岩本功医師もその一人だ。新興国の発展に寄せる熱く優しい思いには頭が下がる。

(中島 

AIは人間を幸せにするのか?

~感性が大事な世界へ~

年明けの新聞などの特集に必ず登場するのがAI(人工知能)時代の到来だ。何もかも便利になることが最優先時代だ。車の自動運転から始まり、婚活までがAIで決める時代になった。そのため多くの企業が希望退職者を募り、中高年社員のリストラを始めているという。AIが理解できる若者を高額で採用するためだという。

25年前、携帯電話が出始めたころ、かかってきた相手に「おう!ようここにおるのがわかったの」と応えている仲間に、一同大笑いしたのは大昔の話のようだ。そのうちスマホが登場、電話と言えない機能が満載で、パソコンを持ち歩くことと同じ状態になった。

確かに企業は将来的にも収益を上げることが一番の目的だ。AIの波に乗り遅れることがあってはならない。だが、そこに人間の感性を求めない企業は本当に楽しいのか。便利さだけを追求する世界は本当に人間を幸せにできるのか。遺伝子操作で食べ物を作ることが素晴らしいことなのか。

カフェでカップルが、目の前の相手とラインなどで会話しているのを見て、楽しさを共感できないのは、アナログ世代の悲哀なのか。確かに機械は発達するが、人間力は同時に発達するとは思えない。家に帰って「テレビ」と言えばテレビが点く、何もかも自動だ。ニュースだって勝手にスマホに入ってくる。家の明かりもたまには暗くしたいときもある。

「日刊新周南」のような小新聞は、アナログ世界が主流だ。パソコンで編集しているが、取材は全て人間が出向いてする。取材先の選定も感性の赴くとこで決まる。もちろん記事も記者の感性が大きく左右する。配達も人間の足でしかできない。配達する人も人の子、たまに入れ忘れたりする。お叱りを受けて購読中止になったりもする。

孫が載っていたとおじいちゃんが新聞をと来社する。行政、政治のここがおかしいと指摘する。そのうち是正され市民が喜ぶ。感性だけが頼りの新聞づくりは楽しみ方が違う。AIでは味わえない世界がある。手間ひまが膨大にかかり、儲かることがない仕事だが、アナログ世界は不滅だ。


(中島 進)

新年あけましておめでとうございます

~ささやかな初夢を~

さて今年はどんな年になるのか、様々な評論家などが予想をする。バブル全盛期のころ、ほとんどの経済評論家が、もっともっと株は値上がり続けると語っていた。一部の人が警告を発していたが、バブル崩壊を予想する専門家はきわめて少数派だった。想定外が当たり前のように使われだした。

災害の多くは想定外の規模で起こるようになった。防災にここまで力を入れるようになったのは極く最近だ。だんだん人々の中に想定内の意識が強まった。南海トラフなど、数十年以内に必ず起こると予想も出ている。想定できる規模も大きくなった。

地方自治体の人口減少や、高齢化率の上昇は想定内だ。しかも30年前から想定できたはずだ。国は少子化対策の大臣を作ったり、地方創生担当大臣を置いてきたが、その効果が見られることは無かった。本気でなかった。国家の一大事だとの認識もなかった。つけ焼き刃的な対策で目をそらしてきた。

しかし、全国の市町村の中には人口を増やし、出生率を上昇させている自治体が、少しだがあるのも事実だ。そこには工夫と、リーダーの確固たる信念が見える。金太郎飴的な施策では流れを変えることはできない。日本人的な横並び主義の弊害は、こんな時代には特に衰退を加速させる。

所得制限を緩和して、若者夫婦が生活できる公営住宅を増やす。そこには必ず車2台が駐車できる。人手不足も深刻だ。夫婦共働きができやすいように、保育園を待機児童ゼロまで充実させる。移住する若者には気軽に引っ越しできるように助成金制度を設ける。医療費はせめて中学校卒業までは無料とする。この程度で成功している自治体がある。

若者一人がこの地で働き生活してくれると、生涯で所得税をはじめガソリン税、消費税なども含めると5千万円近くは税収として入ってくる。少々の投資など確実に回収できる計算だ。商業も潤うし、企業も生産があがり法人税も増加する。地域経済の振興に役立つこと確実だ。これは想定内だ。

私の初夢は周南地区どこに住んでも、前記した内容の生活ができることだ。保育園は3市どこでも利用できるようになって。職場か自宅の近くか、自由に選べるようになったら素晴らしい。正月に公園に行ったら子ども2人しか遊んでいなかった。

(中島 進)