ヘッドラインニュース

全国大会へ初出場!

徳山商工高 男子ハンドボール部

全国大会出場の男子チーム
福島主将

 周南市のキリンビバレッジ周南総合スポーツセンターで8、9日、「第43回全国高校ハンドボール選抜大会中国地区予選」が開かれ、徳山商工の男子ハンドボール部が10チームでのトーナメント戦で優勝、初の全国大会への切符を手にした。
 決勝は県内の強豪校である岩国工とぶつかり、前半12-10、後半13-12とリードを許すことなく25―22で勝利した。
 監督の藤本靖雄教諭(36)は今回の予選の照準を「第1試合の岡山の総社に合わせていた」と語る。昨年の予選では1回戦で岡山理科大附属と対戦し、26 - 37で敗退。今回はハイレベルな岡山勢を攻略することに集中し、総社を前半18 - 13、後半13-10で制した。
 チーム戦略の「失点は24点以下」を徹底し、準決勝でも広島の山陽高に24-11で快勝した。
 ハンドボール経験者が多くそれぞれ実力も備わっている現チームは、「生徒の自主性」が強み。2年の福島悠大主将(17)はメンバー間の話し合いで昨年7月に主将になり、直後に「全国優勝する」「応援されるチームになる」「ハンドボールを楽しむ」の3つの目標をかかげた。
 目標を達成するための練習メニューも福島主将を中心にメンバーが考え実践している。学校内や周辺の清掃活動にも積極的に取り組み応援されるチームを目指す。
 全国大会は3月24日から千葉、埼玉県で開かれる。福島主将は「先ずは初戦突破。このチームは個人がどこからでもシュートが打てるので、それぞれがかみ合えば結果につながるはず」、藤本教諭も「オフェンスがボールを持っていない時の動き方などシステムのバリエーションを増やして全国大会に臨む」と話した。

健闘した女子チーム

 女子も同時に開かれた12チームによる新人大会で決勝に進出。対戦相手の岩国に22-32で破れたものの健闘を見せた。新人大会は、県大会での3位から5位までのチームが出場した。
 2年の田村麻陽主将(17)は「元気で声をたくさん出すこと、メンタルが強いこと、きつい練習も明るく乗り越えていけることがチームの強み。4月中旬の中国選手権大会の予選では、今回負けた岩国にリベンジする」と闘志を見せた。

【きょうの紙面】
(2)下松市長選に新人出馬、現職と一騎打ち?
(3)新型コロナウイルスで銀行など特別融資
(4)愛隣幼児学園、平田保育園で卒園児の似顔絵
(6)写真の全国公募「光展」、華やかに

▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html