一言進言

大丈夫か再開発?

~テナント集めは?買い上げ資金は?~

全国の地方都市が再開発に挑戦してきた。商店街も様々な試みをして再生を図ってきた。しかし、成功例は少ない。まずは商店主たちが本気で生き残りを決意、業態を変えてでもの気持ちがないと消費者は反応しない。全国的な有名店の出店はほぼ望めない。四国の丸亀商店街が再生例として知られているが、そこには相当の工夫と、商店街の本気さが見える。

いよいよ旧徳山市の中心市街地の再開発組合が発足した。理事長の小野嘉久さんは面識もなく、どんな人か知らない。知る人も少ないだろう。中心市街地活性化協議会を立ち上げた一人として、心配な事柄を今のうちに書いておこうと思った。なんとしても成功させないといけない事業だけに、期待も大きい。

マンション棟や、山口銀行や徳山商工会議所が入居する駅前棟などは問題ない。マンションもすぐに売れるだろう。組合員へのリスクは無いに等しい。一番リスキーな部分が商業棟だ。約3000坪の商業スペースをどう維持するか、誰が責任者で運営するのか、当然、再開発組合が責任を持つのだろう。30億円の税金を使うのだから当然だ。

結局、商業スペースの土地は、徳山商工会議所を中心に作った買い上げ会社がお金を集め、買い上げる予定になった。これで組合員のリスクは相当解消されることになった。坪約100万円の買い上げ価格だ。今時、地方都市で3,000坪の市街地をこれだけの価格で買い上げる投資会社はそうざらにない。

昔、私がよく知る大手ゼネコンでデベロッパー部門のトップに頼んで診断してもらったことがある。ここに投資してもらえないかと。彼は調査を開始し、しばらくして「だめだ。この市にはグランドデザインがない。人口対策も含め、将来像がまるでない。こんな市に投資は無理だ」と、伸びる要素がないとのことだった。「ここはポテンシャルは高く、潜在的にはまだまだ力を引き出せる」と反論したが、外部からの一つの見方だと当時思った。

土日は特に閑散となる今の中心市街地に、新しい商業棟の出現で賑わいを少しでも取り戻せるか。余程のテナントを集めないと持続は難しい。今、周南市で一番集客しているといわれるゆめタウン徳山だが、私が見る限りこの1年でも数店のテナントが入れ替わった。かくも厳しいものかと驚かざるを得ない。

土地の買い上げへの投資は誰がするのか、テナント集めはどこがするのか、まだまだこれからだ。できうれば市民がこぞって参加し、協力できる仕組みはないものか。市民が盛り上がらない限り商店街の再生は難しい。地方都市の悲哀は痛いほど目のあたりにしてきた。

(中島