ヘッドラインニュース

地域経済・文化活性化へ提携

周南観光コンベンション協会と東京海上日動

左から浅野支社長、原田GM、原田会長、小林支社長、山田事務局長

 周南市の周南観光コンベンション協会(原田康宏会長)と東京海上日動パートナーズ中国四国、東京海上日動火災保険の地域経済・文化活性化に関する包括的連携協定の締結式が27日、徳山駅前図書館で開かれた。東京海上日動のネットワークを通じた周南市の魅力の発信などに取り組む。
 締結式には同協会の原田会長と山田みゆき事務局長、東京海上日動パートナーズ中国四国から徳山支社の浅野誠一郎支社長、原田賢一ゼネラルマネージャー(GM)、東京海上日動火災保険から徳山支社の小林祐介支社長らが出席した。
 原田会長は「東京海上日動のネットワークを借りて発信できることが大きな強みになる。提携を楽しみにしていた」と述べ、周南市だけでなく県東部の情報発信に期待していた。 
 浅野支社長は「地域を愛するものとして地域を盛り上げたい」、小林支社長は徳山支社が開店して68年になることを紹介して「支援できる最大の力で支援したい」と述べた。
 連携、協力の内容は①地域の観光・物産振興②コンベンション振興③産業振興④各種経営支援⑤文化・教育活動支援など。東京海上日動は全国で都道府県などとの協定締結を進めていて山口県では県、下関市、協会けんぽと提携していて同協会が4件目となる。

【きょうの紙面】
(2)新型コロナウイルスで徳大の卒業式中止
(3)ふるさと周南応援寄付金、18年度は1億円超
(4)フライコのフラメンコ公演で華麗な舞
(5)下松、光市立図書館は通常開館


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html