ヘッドラインニュース

5月24日まで小中学校も休校

[新型コロナウイルス感染症対策]


[県]5月24日まで・小中学校も休校
高校、総合支援学校に合わせ

 村岡嗣政知事は28日、高校、総合支援学校などの休校を5月24日(日)まで延長すると発表した。これに合わせ、周南、下松、光市は小中学校の休校を24日まで延長した。いずれも6日(水・祝)までとしていた。小中学校では新型コロナウイルス感染の拡大防止へ、安倍首相の「全国すべての小中高校などの臨時休校」の方針で3月2日から休校になり、延長を重ねたことで2月29日から5月24日まで3カ月近く、休みが続くことになる。
 県立学校は分校を含めて58の高校、13の総合支援学校、中学1校、中等学校1校の計73校で休校なる。登校日などをどうするかは各校が判断する。

[下松市] 週1回の登校日で学級連絡
各校で「1年生迎える会」

 下松市教委も28日午前に発表した玉川良雄教育長名の記者発表文書で、市内小中学校の休校期間を5月24日まで延長することを明らかにした。
 ただし7日(木)と1週間に1回ていどの登校日を設け、1~2時間ていどの学級連絡をする。休校期間中なので授業はせず、部活動や小学校のグラウンドの開放もしない。
 児童の家(放課後児童クラブ)に在籍する児童の扱いは従来通りで、午前8時半から午後1時半までは学校で受け入れ、その後から6時半までは児童の家で受け入れる。
 小中学校とも入学式は開かないが、例えば「1年生を迎える会」など入学式に代わるものを休校明けの25日以降に開催するよう、市教委が各校に通知した。1学期の始業式は校内放送を使って各教室で開く。
 問い合わせは市教委学校教育課(0833-45-1869)へ。

[光市] 25日中学校、26日小学校入学式
放課後児童クラブは午後のみに

 光市は28日午後、市役所で第7回新型コロナウイルス庁内対策本部会議を開き、能美龍文教育長が5月24日まで市立小中学校の休校を延長することを明らかにした。室積の付属光小、付属光中も同様に休校する。
 入学式は市立中学校は25日(月)午後に、市立小学校は26日(火)午前に開く。始業式は小中とも25日午前に校内放送を使って各教室で開く。半面、24日までの間に登校日は設定しない。
 サンホーム(放課後児童クラブ)は11日(月)以降は午後1時半から6時まで(延長7時)までとし、平日の午前8時から午後1時半までは学校が受け入れて教員が見守る。問い合わせは市教委学校教育課(0834-74-3602)。

車両進入禁止の虹ケ浜海岸(28日)

 一方、同会議では大型連休に人や車の密集が予想される虹ケ浜海岸や室積海岸の対応を話し合った。海岸沿いの市道の一部を車両進入禁止とし「配慮あるご利用をお願いします」と訴える啓発看板を虹ケ浜海岸に11カ所、同海岸近くのわかば公園に3カ所、室積海岸に15カ所立てる。
 市によると虹ケ浜には25日(土)に99台、26日(日)に92台の車が押し寄せた。

[周南市] 登校日、学校判断
7、8日に登校も

 周南市では登校日などは学校の判断で、7日、8日に登校日を設定している学校もある。小学校で教員が続けている午前中の児童の預かり保育も23日(土)まで延長する。問い合わせは学校教育課(0834-22-8452)、こども支援課(22-8457)へ。

【きょうの紙面】
(2)周南市議会議員が議員報酬1割減提案
(3)冨士高圧が福祉施設、高齢者へマスク
(4)日立労組などがアフガンにランドセル
(6)満谷さんが蚕の飼育の後継者募集


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html