ヘッドラインニュース

最終日は県内最多の900食

周南緑地のドライブスルーランチ

弁当販売の様子

 周南市内の飲食店の弁当などをドライブスルー形式で販売する周南ドライブスルーランチ(新周南新聞社後援)が23、24日に周南緑地公園で開かれた。大型連休から始まったこの取り組みは、24日が7回目の開催。周南観光コンベンション協会(原田康宏会長)、周南料飲組合(山中健太郎組合長)、OBENTO LIFE PROJECTの共催で、周南西料飲組合(安達浩司組合長)の協力。
 ドライブスルーランチは開催する度に、販売開始前から多くの車が並び、購入できないお客が多かったことから、最終日である24日は弁当の個数を600食から県内最多となる900食へと増やして販売した。
 23、24日とも厳しい暑さの中での販売となったが、主催団体やBNI、周南青年会議所、徳山商工会議所、同商工会議所青年部など約60人が参加し、他団体に所属するスタッフは互いに連携を取りながら車の誘導や、注文の聞き取り、販売に取り組んだ。
 原田会長は「まだまだ人の流れは戻っておらず、大変な状況は続いているが、この取り組みを通じて周南の飲食店の力を感じることができた。周南地域の観光資源でもある飲食店の力を感じ、これからも応援していきたい」と話した。
 今後、同じ内容のイベントを開催するかについては未定。大型連休の初回からこれまでに、周南市内の飲食店の計34店が出店し、累計で約3,500食の弁当を販売した。

緑地公園駐車場内に並ぶ車

【きょうの紙面】
(2)下松市が小中学校の夏休みを大幅に短縮
(3)投票率の低下は?周市議選解説
(4)末武高架橋下“道のオアシス”でバラ満開
(5)下松市の豊井まちづくり整備計画まとまる


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html