ヘッドラインニュース

新旧交代、少数激戦

31日告示、6月7日投票へ

立候補は現職24、新人9?

 任期満了に伴う周南市議会議員選挙(定数30)は31日(日)に告示される。立候補は33人と見られている。新型コロナウイルスの影響が色濃い中で、三密(密集、密閉、密接)を避けながらの異例の選挙戦。出陣式を開く陣営も少ないが、7日の投票日に向け、論戦が展開される。一方で市選管は感染拡大の観点から期日前投票を呼び掛けている。
 2003年に2市2町の合併で周南市が誕生してから、補選を除くと5回目の市議選。昨年4月の補選で無投票で当選した2人を含めて現職24人と新人9人が立候補を予定している。現職のうち合併前の市町議会の議員経験者は前回17人だったが、ベテラン議員の引退などで今回は11人。新旧交代の傾向が現れている。


 全候補者の主張を掲載する選挙公報は6月3日に新聞折り込み、3日から5日まで各家庭へのポスティングで全家庭に配り、市のホームページにも掲載する。任期満了に伴う市議選では初めて立候補者一人ごとに4千枚の法定ビラも配ることができる。
 有権者の年齢が18歳以上に引き下げられて初の市議選で、3月2日現在の選挙人名簿登録者数は男性57,620人、女性62,520人、計12万140人。
 前回の投票率は53.35%。感染拡大防止へ、選挙前の後援会活動も制限され、各陣営とも前回ほどの盛り上がりがない。投票率が低下するのではという見方も強い。

 期日前投票は6月1日(月)から6日(土)までの午前8時半から午後8時までで、投票所は市役所本庁舎1階多目的室▽イオンタウン周南内の新南陽総合支所▽ゆめプラザ熊毛▽鹿野総合支所の4カ所。住所に関係なく、どこの期日前投票所でも投票できる。
 7日は98の投票所で午前7時から午後8時まで(一部の投票所を除く)投票できる。開票は午後9時15分からキリンビバレッジ周南総合スポーツセンターのメインアリーナである。市選管は8日午前1時ごろの得票数確定を目指している。
 入場券は今回から世帯ごとにまとめて郵送している。問い合わせは市選挙管理委員会(0834-22-8521)へ。

【きょうの紙面】
(2)藤井産業が下松市へ除菌電解水給水器など
(3)各市の休館していた図書館が再開
(4)周南市の子育て支援センター再開
(6)県スポーツ交流村など県施設も再開

▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html