ヘッドラインニュース

発送、給付開始前倒し

[新型コロナウイルス感染症対策]


ダウンロード申請も新設
周南市の特別定額給付金

 周南市は21日、日本で暮らす人に10万円を給付する特別定額給付金の給付開始などを前倒しすると発表した。28日開始予定だったオンライン申請分の給付は22日から開始し、6月になってからとしていた郵送申請分の給付開始も28日から始める。少しでも早く申請したい人のために市のホームページからダウンロードした申請書に記入し、原則として市役所に郵送する「ダウンロード申請」も21日から28日までの期間限定で受け付ける。
 特別定額給付金はマイナンバーを使用したオンライン申請と、多くの人が利用すると見られている、世帯主に郵送されてきた申請書を使う郵送申請がある。同市では郵送分の発送を29日としていたが、これも21日から順次、始めることで給付開始を早める。
 同市では特別定額給付金の郵送分の発送、受け付けの作業を県外の業者に随意契約で委託しているが、下松市、光市に比べて発送時期が遅れ、委託したことにも批判が高まっていた。
 ダウンロード申請は市役所2階の特別定額給付金・緊急対策室で給付まで扱う。同室では「一刻も早く給付できるよう頑張りたい」と話している。問い合わせは同室(0834-22-8839)へ。

【きょうの紙面】
(2)25日から周南市の公共施設再開、学校も
(3)山口FGの決算は増収増益
(4)「ほしのさと」が職員に感謝のオードブル
(5)入梅前に光市で防災パトロール


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html