ヘッドラインニュース

終盤まで支持求めて懸命

周南市議選・7日投票
定数30へ、新人9人奮闘、現職24人全力

期日前投票の会場

期日前投票は順調

 任期満了に伴う周南市議選は7日(日)の投票に向け、定数30に33人が立候補して少数激戦の様相。新型コロナウイルス感染拡大の中、異例の選挙戦となったが、新人9人が奮闘して最終盤まで予断を許さない状況が続いている。
 同市では補選を除いて5度目の市長選。立候補者33人はこれまでで最少。有権者の年齢が18歳に引き下げられて初の市議選でもある。
 5月30日現在の有権者数は男性5万7,661人、女性6万2453人で計12万114人。投票率は毎回、下がり続けて8年前の前々回は58.75%、4年前は53.35%。今回、さらに下がるのではと見られている。
 最下位当選者の得票数も定数34に40人が出馬した12年前が1621票▽定数を30人に削減、40人が立候補した8年前が1492票▽定数30人に34人が立候補した前回が1431票。今回、投票率が下がれば、全体の得票数も下がる。新人、現職を合わせて数人が当落線上で競り合っていると見られているが、当選ラインも下がる可能性がある。

CCSが開票速報番組

 期日前投票は1日から6日までの午前8時半から午後8時まで、市役所本庁舎1階の多目的室▽イオンタウン周南内の新南陽総合支所▽ゆめプラザ熊毛▽鹿野総合支所の4会場で受け付けている。今回から投票済証も発行している。
 期日前投票を訪れた人は3日までの3日間で4,229人。これは4年前の3日間で3,019人を大きく上回るペース。今回は新型コロナウイルス対策で投票日当日の密集、密接を避けるため、市選管が期日前投票を呼び掛けた影響もありそう。
 当日の投票所は98カ所で一部を除いて午前7時から午後8時まで。開票は午後9時15分からキリンビバレッジ周南総合スポーツセンターメインアリーナで始まり、確定予定時刻は8日午前1時が目標。
 またシティケーブル周南・CCSでは新周南新聞社の協力で特別番組「周南市議会議員一般選挙開票速報」を午後11時から開票の終了まで放送する。

【きょうの紙面】
(2)周南市10万円給付は5月31日現在2%
(3)来年秋、徳山商議所が徳山駅前へ移転
(4)室積でクサフグ2千匹が集団産卵
(6)下松市が花と緑の式典中止で市民に花の苗


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html