ヘッドラインニュース

徳山病院 南浦山町に移転

サービス付き高齢者住宅も併設
地域に開かれた病院目指す

完成が近い新病院
1階のカフェのイメージ図


 周南市新宿通の医療法人周友会(高山成吉理事長)が経営する徳山病院(岡芳彦院長)が10月1日に南浦山町の県道沿いに移転する。新病院は5階建てで4階までが病院、5階がサービス付き高齢者向け住宅。地域に開かれた病院を目指している。
 同病院は1952年に徳山曹達健康保険組合が「徳山病院」として開設した歴史があり、2013年から医療法人周友会として診療を始めた。
 しかし開設当時の建物はすでに70年近く建ち、手狭なうえに老朽化したため、新病院を建設して全面移転することにした。
 新病院は延べ5,600平方メートルと現在の3倍の広さ。78床のベッド数は変わらないが、移転を機に療養病棟をなくしてすべて地域包括ケア病棟にする。1階に配置する売店とカフェは患者や見舞い客以外の市民も利用でき、管理栄養士考案の軽食を提供する。
 入院患者が自宅や施設に帰るためのリハビリテーションにも力を入れ、屋外で訓練などができるようウッドデッキも設ける。3、4階が病室。各階にデイルームもある。4人部屋が基本だが、ホテルのような設備のある特別室も用意する。
 サービス付き高齢者住宅は29室。同病院の訪問介護、訪問看護も立ち上げ、介護保険事業の強化を図っていく。現在、サ高住の入居者の募集もしている。
 同病院のスタッフは常勤医師の高山理事長、岡院長、高山成政副院長を含めて常勤、非常勤を合わせて130人。移転を機に介護職を中心に150人に増やす。高山理事長は福岡市の医療法人勢成会井口野間病院の理事長を兼ね、就労移行未来サポートよつばも運営している。
 徳山病院は健診にも力を入れており、「待ち時間の短い健診」と好評で、企業健診と一般健診を合わせて年間2,500人が利用している。
 今後も治療だけでなく地域の健康を守るため、予防医療にも力を入れていく。
 移転前には内覧会も開くことにしている。問い合わせは同病院(0834-21-3750)へ。

【きょうの紙面】
(2)7月1日から国民宿舎大城が営業再開
(3)山口放送が減収減益、新型コロナウイルス影響
(4)愛光幼稚園児童が「花の日」で花束と言葉
(5)浅江小でニジガハマギクの挿し芽作業


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html