ヘッドラインニュース

下松、周南市が避難勧告

大雨で危険水位に
災害対策本部も設置

坂本川の水があふれた久米の市道=6日午後4時半
水位が上がり濁流が流れる菊川地区の富田川=6日午後4時半


 梅雨前線の影響で山口県内は6日、大雨が続き、周南市は午後6時半に災害対策本部を設置した。同市は夜市川、島田川、富田川、末武川流域、下松市は末武川、切戸川、平田川流域で危険が高まったことから避難勧告を出して避難所を開設した。
 県東部では河川の水位が上昇し、島田川、平田川、切戸川、末武川、西光寺川、夜市川などが氾濫危険水位を超え、警戒が続いている。山陽本線の岩国駅と新山口駅の間や岩徳線が運転を見合わせるなど、交通機関にも影響が出ている。
 避難勧告は5段階の警戒レベルのうち上から2つ目の警戒レベル4。周南市の避難勧告の対象は、夜市川流域が夜市、戸田、福川地区の一部807世帯、1,925人▽島田川が三丘地区の494世帯1,045人▽富田川が下上地区の1,584世帯3,983人▽末武川が櫛浜地区の162世帯314人。6時半に市内全域に避難準備情報も出した。
 下松市は3河川の流域。避難所には6日午後から住民が避難している。光市も自主避難のための避難所を8カ所に開設した。
 周南市と下松市の市境を流れる坂本川は6日午後4時ごろからはんらんし、4時半には川の泥水が市道にあふれて、川と道の境目がわからなくなった。このため危険を感じて引き返す車もあった。
 現場は国道2号の坂本バス停の近く。市境の川を挟んで民家が並び、障害福祉サービス事業所・周南あけぼの園もある。家によっては出入りが危険になったケースもあり、激しく流れる川の流れを不安そうに見つめる住民の姿もあった。

【きょうの紙面】
(2)徳山ユネスコ協会の英会話教室スタート
(4)鹿野の「ふらっと食堂」が豚丼
(5)テイクアウト重点に夏期の食品一斉指導
(6)くだまつ総踊り、光まつり中止に


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html