ヘッドラインニュース

周南市行政報告

新型コロナウイルス感染症対策

第1弾、第2弾で小規模事業者などに20万円
緊急対策第3弾は準備中

行政報告をする藤井市長

 周南市6月定例議会の本会議が2日に開かれ、藤井市長が行政報告として、これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策を説明した。市民、企業向けには4月24日に緊急対策第1弾のための補正予算3億5,853万2千円を専決処分したことを手始めに、現在は第3弾を準備中で、すでに必要な補正予算も6月24日に可決されている。
 同市の主な対策では、経済対策の第一弾では、6日以上自主休業した小規模事業者などに店舗営業休業支援金20万円を支給し、6月1日に受け付けを終了したが、1,048件を支給した。
 第2弾では売上が減少した小規模事業者などに対し、休業支援金より対象職種を広げた事業継続支援金を交付することにし、6月30日現在で138件の申請があった。7月31日まで受け付ける。
 第3弾では最大20万円の店舗等新型コロナ関連リフォーム補助金▽最大5万円の飲食店の新型コロナ対応支援▽プレミアム食事券の発行▽キャッシュレス決済サービスを利用した消費喚起ポイント還元キャンペーンの実施を準備している。
 このほか第1弾で福祉施設への感染予防対策費の支給、第2弾は児童扶養手当受給資格者特別給付金などにも取り組んでいる。
 補正予算の規模は第2弾が9億8,360万7千円と専決処分の1億7,584万1千円、第3弾が6億464万円。このうち11億4,852万8千円は財政調整基金が財源となっている。
 このほか国の対策で1人10万円を給付中の特別定額給付金の143億8,090万円がある。
 行政報告では、感染拡大防止と社会経済活動の両立を進めていくことを改めて強調。議員からは緊急対策第4段の実施の要望や、対策のための職員の残業時間などの質問が出された。

【きょうの紙面】
(2)12日に光市の12地区でクリーン光大作戦
(3)笠戸島ハイツ跡地活用へ、事業者募集
(4)中嶋酒店がお酒の購入で食事券プレゼント
(5)夢プランで潮音洞取水口の案内看板


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html