ヘッドラインニュース

光市の新型コロナ対策

独自事業でおっぱい育児、事業継続支援
光市の新型コロナ対策・総額56億8,300万円
一般財源から2億8,700万円


 光市が新型コロナウイルス対策でこれまでに組んだ予算は56億8,375万8千円になることがわかった。このうち市の一般財源からの支出は2億8,709万3千円で、そのほかは国、県からの補助金など。
 本紙の取材に市財政課が10日、明らかにした。予算の内訳は、専決処分した5月の第1弾は特別定額給付金と子育て世代への臨時特別給付金のみで51億6,319万1千円▽5月の臨時議会の第2弾は3億1,818万1千円▽6月定例議会の第3弾は1億4,962万円▽同じ定例議会の最終日に提案した第4弾は5,276万6千円。
 光市ならではの政策では「おっぱい都市宣言」の市らしく「おっぱい育児応援給付金」がある。児童手当を受給している世帯を対象にした国の「子育て世代への臨時特別給付金」(1万円)に、光市が独自事業でさらに1万円を上乗せするもの。対象は今年度の高校1年生まで。
 項目別で最多予算額は、市単独事業のコロナ感染症対策事業継続支援給付金で、総額2億2千万円。一定の要件を満たす市内に事業所がある個人、法人に最大20万円を給付して市内における事業の継続を支援した。
 一方、コロナ対応のための市長、副市長、教育長ら特別職の給与減額分73万9千円▽市議17人の報酬減額分351万5千円があるが、市は「コロナ対策事業は歳出の積み上げのため、この減額は含んでいない」と説明している。

(山上達也)

【きょうの紙面】
(2)光消防組合の熊本豪雨緊急援助隊帰任報告
(3)まちづくり補助金14社に、新型コロナ枠も
(4)クリーン光大作戦に8,107人
(5)周南緑地公園西緑地の戦争遺跡に看板


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html