一言進言

お年寄りだけに自粛要請を

若者と分離しては?

「なんてことをしてくれたんだ!」―今年の山口県の流行語大賞になりそうだ。未熟で稚拙な若者の行動が大きな波紋を呼んだ。留置場の留置人まで感染させて、格好のワイドショーネタになった。その後も全国で感染者が急増、水曜日は1千人を超えた。終わりの見えないコロナとの闘いは、闘い方も変えて行きそうだ。

テレビの画面では、コメンテーターたちが暗そうに「どうなるんでしょうね」とコメントか何かわからないセリフを語るだけで、Go To キャンペーンにも賛成か、反対か、どうすべきかはっきり語るコメンテーターもいなくなった。経済か、感染防止かどっちも欲しい人間の欲が、結論を出せない状態になった。

若者はその辺はお見通しで、自分たちは感染しても無症状か、軽症だとしっかりわかっている。この辺の夜の街でも居酒屋から多くの若者の団体が出てきて、店の前で楽しく会話している。もちろんマスクをしているのは少数だ。

ブレーキとアクセルを同時に踏むのだと政府は言い放つ。一体、車だとどうなるのか。前に進むのか、停止するのか、車は壊れないのか。誰もその行く末がわからないまま、同時に踏んだ。結果はまだまだわからない。

要するに重症化率の高いお年寄りと、若者たちと分離することだ。お年寄りは最近病院にも行かなくなった。とにかく不特定の人たちとの接触を避けるようになった。若者が出入りするお店には行かない。だから日頃からお互い行動がわかっている者同士だけで楽しめばよい。老人だけの集いで感染者が出る確率は極めて低いはずだ。

少々の軽症感染は認めて、日本は若者たちの世界と、お年寄りの住む世界とを分けてしまえばいい。食べに行く店も、飲みに行く店もしっかり分離して、若者と同居しているお年寄りだけは定期的に検査をする。電車もお年寄りの専用車両を設ける。若者は多少気を使いながら経済活動も含め人生を楽しめばよい。どうせお年寄りの年金は若者が稼いだお金が頼りだ。少しの我慢ぐらいはお年寄りが背負わないと。

全国民に外出自粛を言うのはもう無理だ。半面、年金生活者、リタイアしたお年寄りだけに自粛を要請するのは可能だ。重篤化する感染者が減れば、医療の崩壊も防げる。こんな暴論を書く私もなかなかの年寄りで、現役だ。若者との接触も多い。感染する覚悟を決めなくては。

(中島