ヘッドラインニュース

下松市内90日ぶり感染者確認

下松市内90日ぶりの新型コロナウイルス感染者確認で対策会議

旅行同行者、家族構成「非公表」
県から情報不足・学校など具体策出せず

会議で発言する国井本部長

 下松市は90日ぶりに新型コロナウイルスの7例目の感染者が市内で確認されたことを受けて30日、市役所で市新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長・国井市長)の第5回会議を開いた。しかし感染者が県に家族構成や沖縄旅行に同行した友人3人の情報の公表を拒んでいるため、市として具体的な情報が把握できておらず、会議に出席した市幹部は県からの情報不足に不満を漏らしていた。
 同市の感染者確認は5月1日以来。県によると感染者は市内在住の会社役員の40代男性で、20日から25日まで友人3人と沖縄県に旅行し、26日は自宅で静養。27日にマスク着用で職場に短時間出勤したが、帰宅後にせき、けん怠感、頭痛を発症。28日に自宅で静養した後、29日に帰国者・接触者相談センターに相談してPCR検査の結果、陽性反応が確認された。現在は感染症指定医療機関に入院している。
 会議には特別職、部長級職員ら25人が出席。中村裕子健康増進課長は男性に同行した友人3人について、県は濃厚接触者と位置づけて濃厚度を調査していると明らかにしたが「男性は3人が県内在住かどうかや、家族構成の情報開示を、県に対して同意していない」と説明した。
 出席者からは「家族構成は本当にわからないのか。40代なら家族に子どもがいてもおかしくない」と懸念の声も出た。市内の小中学校は夏休み中もコロナによる長期休校の穴埋めのための授業をしており、玉川良雄教育長は「男性の家族に子どもの有無がわからない以上、すぐに具体策は打てないが、今まで以上に各学校で3密回避や消毒の徹底などの基本的な対策を強化したい」と述べた。
 さらに今後の方針の説明もあり、原田幸雄総務部次長は広報車によるコロナ対策の啓発を8月13日(月)まで続ける▽玉井哲郎企画財政部長は6日(木)と8日(土)に市キャラクター「くだまる」の着ぐるみも参加した街頭啓発を下松駅前や大型商業施設で開くことを明らかにした。
 国井市長は「情報不足の中での会議になったが、気を引き締めて緊張感を持ち、協力し合って対応しよう」と呼びかけた。さらに市民向けの「お願い」として「常に感染する可能性があり、誰かに感染させる可能性があることの意識を持ち、ご自身と大切な人を守るための行動をとってほしい」などのメッセージを発表した。
 市は男性の感染確認を29日夕方に市ホームページ、防災メール、ツイッター、フェイスブックで公表。30日も同会議後、市長からの「お願い」の全文を同様のルートで発信した。


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

リフォーム補助金申請開始

[ 周南市 新型コロナウイルス感染症対策]
中小、個人事業主に上限20万円


 周南市は「店舗等新型コロナ関連リフォーム補助金」の受け付けを27日から始めた。補助率は工事費の3分の2で、上限20万円を補助する。1割は市内共通商品券で交付する。申請期限は9月30日(水)。新型コロナウイルス対応緊急経済対策第3弾の一環。500件分、1億円を予算化している。
 対象は中小企業者、個人事業主。リフォーム工事の内容は①申請者が事業のために使用する市内の店舗、事務所、作業場など②工事の主たる目的が「新型コロナウイルス感染症対策」③施工業者は市内の業者で申請者自身は除く④工事金額は10万円以上⑤補助金交付決定後に着工して来年1月末まで完成⑥このほかの補助、支援を受けないなどの条件がある。
 申請は郵送で、着工予定日の2週間前までに申請する。申請書は市のホームページからダウンロードできる。工事は洗面・手洗い所の蛇口にセンサーを取り付けて手で触れる必要をなくす▽換気のための空調工事▽間仕切りの設置▽自動ドアにするなどを想定している。
 工事が終わったあと、工事完了報告書を提出する。報告書にはリフォーム前、リフォーム工事中、完成後の写真も付ける。その後、交付確定通知書と商品券引換券が送付され、商品券は徳山、新南陽商工会議所で受け取れる。
 問い合わせは商工振興課(0834-22-8373)へ。

【きょうの紙面】
(2)女子高生にわいせつ行為、光井小教諭免職
(3)31日~・農林漁業者応援へ地元産品値引き
(4)海事功労者表彰に周南市から3人
(5)山口放送が民放連賞中四国で最優秀賞


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

桜ケ丘高が準決勝進出!

2020メモリアルカップ野球大会
守り鍛えてシード校破る

意気込みを語る田口主将(左)と前田監督

(試合の写真は林写真館撮影)

 周南市の桜ケ丘高校(辻岡敦校長、675人)の硬式野球部(岡嶋徳幸部長、59人)が26日、山口市の西京きずなスタジアムで開かれた「やまぐち高校生2020メモリアルカップ夏季高校野球大会」の準々決勝で柳井学園を4-1で下し、見事ベスト4入りを果たした。
 坂井渚投手(18)が9回表までで16の三振を奪う好投。前田克也監督(51)は「当部はピッチャーとキャッチャーのバッテリーに重きを置いた守り中心のチーム。やるべきことをやった結果が勝利につながった。先制点の後、相手のミスを誘う走塁で2点目、3点目を追加できたのも大きかった」と振り返る。
 1回戦は新南陽高に6-2、2回戦は下松工高に14-1、3回戦はシード校の南陽工高に2-0で勝った。これまでの対戦で勝利がなかった強豪の南陽工高に勝利したのも自信につながった。
 同部はこれまで専用グラウンドを持たず企業のグラウンドを借りるなど限られた時間と場所でトレーニングをしてきた。新型コロナウイルスの感染拡大後も、これまでと変わらない練習メニューをこなし、バドミントンのシャトルを使って打撃練習をするなどできる限りの工夫をしている。
 同大会は夏の甲子園大会県予選に代わる大会。55チームが参加し、8ブロックの地域大会のあと準々決勝からが決勝大会。新型コロナウイルスの影響で夏の甲子園大会は中止となった。今回の大会も観客は父母などだけの無観客に近い大会。しかし部員は落胆の気持ちよりも試合ができる喜びが勝り、楽しんでプレーしてきた。
 同校の卒業生でかねおか歯科クリニックの金岡雅浩院長=千代田町=が大会前に希望した部員に贈ったマウスピースは全員が練習中と試合中に着用。全試合で2ケタ安打を記録し、ピッチャーのスタミナも持続するなど効果抜群だという。
 8月1日の萩スタジアムの準決勝の宇部工高戦について前田監督は、「特別なことはせず、これまで同様バッテリーを中心にして失点を最小限にする。状況に応じバントなどを入れてコツコツと得点を重ね一戦必勝の気持ちで臨む」と意気込む。
 田口徹宗主将(18)は「しっかり守りながら相手より有利な状況を作って先制点をとり、隙のない試合をして優勝を目指す」と闘志を燃やす。

【きょうの紙面】
(2)光市議会の議員とモニターが意見交換会
(3)2022年度以降も下松市の成人式は20歳
(4)周南市でツキノワグマ捕獲、目撃続く
(5)8月8日に徳山駅周辺で合同ミニイベント


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

超小型衛星を共同開発

徳山高専

来年から2年連続打ち上げ

北村教授とキューブサットの模型

 周南市の徳山高専機械電気工学科の北村健太郎教授(48)などの高専共同チームが開発中の超小型人工衛星2号機が2022年にJAXAが打ち上げ予定の小型ロケット「イプシロン」に搭載されることになった。同1号機も来年打ち上げの「イプシロン」への搭載が決まっている。
 この取り組みは2014年度の文部科学省・宇宙航空人材育成プログラムの実践的宇宙人材育成プログラムの採択から続いている。今回は徳山高専を含めて6高専が参加し、学生も研究に加わる計画。
 開発中の人工衛星はキューブサットと呼ばれる高さ22センチ、幅が10センチほどの箱型。低電力による長距離通信や衛星の姿勢制御などの研究に使用する。地上からの姿勢制御は1号機からひき続いての研究で、徳山高専にもその設備があり、学生が参加できる。
 北村教授は13年前に同高専に赴任。全国の高専に宇宙航空学関係の学科はないが研究者はいることから、この活動を始めた。研究に参加したことがきっかけで宇宙開発の研究所や人工衛星の制作などの分野に進む教え子も出ている。
 超小型衛星は制作コストを低くでき、たくさん打ち上げることでリスクも減らせることから、すでに世界的には多くのベンチャー企業が進出し、衛星を使った新しいビジネスが活発になってきている。

【きょうの紙面】
(2)大福さんら防犯連絡所指導員に感謝状
(3)下松商議所が総会、会員拡大継続へ
(4)スーパーで万引き防止呼びかけ
(5)周南市で「漁人の暮らしと海の祈り」展


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

島田川工業用水が給水開始

12社に「産業の血液」安定供給
慢性的な水不足解消へ

ボタンを押す左から安達製造所長、渕上経産局長、村岡知事、柳居議長、市川市長、国井市長

 周南市のコンビナート企業11社と下松市の1社に工業用水を供給する「島田川工業用水」の通水式が22日、光市中島田の島田ポンプ場で開かれ、周南地域工水利用者協議会(会長・三笠博司㈱トクヤマ徳山製造所副所長兼動力部長、19社)の加盟会社の幹部ら関係者約50人が7年がかりの完成を祝った。
 同工業用水は周南市と下松市の企業の慢性的な水不足の解消のため、岩国市周東町の県営中山川ダムの水利権を持つ光市から県企業局が日量14,100トンの工業用水を、年間9,680万円で買い取り、両市の12社に年間2億8千万円で提供するもの。2013年度に事業着手し、総事業費は約46億円。
 島田川沿いに新設した島田ポンプ場で取水し、下松市の御屋敷山浄水場までの約10.6キロを導水管とトンネルで接続し、ポンプアップで送水。同浄水場は高台にあるため、ここから各企業へは自然流化式で既存の送水管を使って送水する。
 各企業では水不足が慢性化。昨年度は企業が節水率30%以上の自主節水期間が191日に及ぶなど水の安定供給が切実な課題になっていた。渇水期の予備水源としていた中山川ダムは1996年の完成以降も使用した実績はなく、光市が持つ水利権を上水から工業用水に転用し、この事業が可能になった
 さらに島田川と、給水先の周南市や下松市は水系が異なるが、県によると水系を超えて工業用水が供給される例は全国的にほとんどないという。そのハードルを超えられたのはこの事業推進に積極的に取り組んだ国土交通省出身の故山本繁太郎知事の尽力が大きい。
 通水式は村岡知事や柳居俊学県議会議長、市川光市長、国井下松市長、安達秀樹㈱トクヤマ徳山製造所長、渕上善弘中国経済産業局長らがボタンを押してポンプを起動させた。周南市は市議会最終日と重なったため市長代理で上野貴史産業振興部次長が出席した。

島田ポンプ場を視察する村岡知事(中央)ら

 村岡知事は「工業用水は産業の血液。給水開始を機に産業力のさらなる強化につなげたい」とあいさつ。渕上経産局長は祝辞を述べた後「この事業の起動時に私は経産省の担当者として働かせてもらった。この日を迎え、何とも言えない思いを感じている」と笑顔で付け加えていた。
 このほか周南地域関係では光市の西村憲治市議会議長、宮崎英博水道局長▽下松市の中村隆征市議会議長、古本清行上下水道局長▽島田ポンプ場の地元の林、溝路、今桝各自治会の代表者▽御屋敷山浄水場の地元の大河内自治会の代表者▽3市の県議9人全員らが出席した。
 同工業用水を供給される企業は次の通り。
 周南市=㈱トクヤマ徳山製造所、東ソー南陽事業所、出光興産徳山事業所、クアーズテック徳山、日本ゼオン徳山工場、三井化学SKCポリウレタン徳山工場、昭和電工徳山事業所、東ソー・シリカ南陽工場、保土谷化学工業南陽工場、日鉄ステンレス山口製造所周南エリア、徳山積水工業▽下松市=東洋鋼鈑下松事業所

【きょうの紙面】
(2)「へずまりゅう」が徳山駅前図書館滞在
(3)東ソーがペットボトルキャップ20万個
(4)大津島で130人が海岸清掃、ヒラメ放流も
(5)建設中の橋に湯野小児童が手形


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

沼城小にボッチャボールセット

日本技術サービスが指定
広島銀行が地域まちづくり貢献型私募債引き受け

 周南市長穂の日本技術サービス(高藤弘樹社長)は17日、須々万の沼城小(大池浩三校長、238人)にボッチャボールセットを2つ贈った。
 今回の寄贈は、広島銀行を引き受け先とする地域まちづくり貢献型私募債5千万円を同社が発行したことがきっかけ。発行額の0.2%を上限として同行が、発行会社が指定した学校や医療機関に寄付をする仕組みで、高藤社長(65)は、自分の子どもや孫が同校に通い30年以上お世話になっていることから今回の寄贈を決めた。
 ボッチャボールセットは大池校長が希望。ボッチャはパラリンピックの正式種目競技で、白い球に、赤・青のそれぞれ6つずつの球を投げたり、転がしたりしいかに近づけるかを競う。新型コロナウイルス感染防止のため、相手との体の接触が少なく、1年から6年まで気軽に楽しめる競技として選んだ。
 この日は同小体育館で贈呈式が開かれ、高藤社長が同小への思いを、大池校長が感謝の言葉を述べた。出席した徳永光俊広島銀行徳山支店長(56)は、同行を通じて地域貢献できることを喜んだ。児童を代表して6年の福田莉子さん(11)、久貞美緒さん(11)も出席し久貞さんは「今までやったことがないけど楽しそう」と話した。
 私募債は一定の財務条件を満たした会社が無担保で発行する社債で、元利金支払を銀行が保証する。会社は財務内容の健全性と成長性を社内外にアピールし、資金調達と地域貢献を同時に実現できるメリットがある。

【きょうの紙面】
(2)周南市が不要パソコン引き取りの協定
(3)うそ電話被害防止へ、下松市がDMはがき
(4)山崎八幡宮の「花手水」、インスタ映え
(5)やまぐち食彩店に長野山天空カフェ

▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

この人に聞く

流通店舗受注の積極展開を
旧周南支店を山口支店に統合

大和ハウス工業山口支店長

黒井克宣 さん(54)

 県内の大和ハウス工業の支店が4月から山口市吉敷下東の山口支店に一本化され、下松市せせらぎ町の周南支店は「周南営業所」になった。山口支店長に4月に就任した黒井克宣さん(54)に周南3市も管轄する意気込みや展望を聞いた。(聞き手・山上達也)

 ――山口県着任は初めてですね。周南地域の印象はどうですか。

 黒井 周南地域は力がある企業や工場が多くて活気がありますね。新幹線が停まる徳山駅が地域の中心にあることで、いい雰囲気を広げていると思います。

 ――なぜ支店を統合されたのですか。

 黒井 3月末までは県内は山口支店と周南支店の2支店体制でした。全国的に弊社の年間売り上げの4割ていどを占めるロードサイド店などの流通店舗事業部が山口支店にしかなく、周南支店が管轄する周南市以東では流通店舗の建築受注が手薄でした。支店統合をきっかけに、周南地域の流通店舗需要を取り込んでいきたいです。

 ――年間売り上げの4割が流通店舗のお仕事とは驚きました。

 黒井 社名が大和「ハウス」工業ですから、戸建て住宅が業務の主流と思われがちですが、弊社の4兆3千億円の年間売り上げのうち住宅の売り上げは10%ていどです。

 ――周南地域の住宅需要はどうですか。

 黒井 ここ下松市は人口が増えているし、高所得層も多い。購買力がある分、店舗が増える流れは今後も続いていくと見ています。

 ――人口増ということは、アパートの需要も増えていませんか。

 黒井 周南市以東の賃貸住宅の入居率は、実は全国で5本の指に入る98.5%なんですよ。大都市でもない地域でこんなケースは珍しいんです。アパートは建てれば満室という状態ですからね。うちの社員の住宅探しが難しくなったぐらいなんです。(笑い)

 ――それはうれしい悲鳴ですね。

 黒井 この指標が高いだけでも地域経済の底力を感じますよ。

 ――もうすっかり山口県人ですね。

 黒井 魚がおいしいのがうれしいです。今まで赴任した中で、山口県は一番魚がおいしいところですよ。

 ――今後の課題はありますか。

 黒井 着工件数の増加ですね。金融機関の融資の厳格化も響いています。そこを乗り越えるのが課題です。

 ――お仕事をされる上で心がけていることはありますか。

 黒井 約束と時間を守ること、仕事はスピード感を持ってやることです。そこからお客様との信頼が生まれます。意外とできるようでできないんですよ。このことは支店全体に求めていきます。

 ――地域の皆さんへのメッセージを。

 黒井 当面は新型コロナウイルスの感染防止へ、社員の健康保持とテレワーク化を進めていきます。地域の学校に桜を植える「桜プロジェクト」のような地域貢献活動も続けていきます。地域と共に歩む弊社を、どうぞよろしくお願いいたします。 

[プロフィール] くろい・かつのぶ さん
 1965年、大阪府摂津市生まれ。近畿大法学部を卒業して1988年に大和ハウス工業に入社し、堺支店を皮切りに三重県や愛知県の支店や営業所を回り、今年3月末まで愛知県岡崎市の岡崎支社長を務めていた。趣味は買い物とゴルフ。買い物で地域の経済の雰囲気がわかるという。家族は大阪府内に住む妻と社会人の娘2人。山口市で単身赴任中。

【きょうの紙面】
(2)徳山海保が事故ゼロキャンペーン
(3)藤村さんが少年補導功労者表彰
(4)ソレーネ周南が500万人達成
(5)久保小で1年生を「迎える会」


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

陽性の徳大生、ユーチューバーと接触

[新型コロナウイルス]

友人らは全員陰性
徳大は警戒レベル引き上げ

記者会見で状況を伝える高田学長

 16日に徳山大学の20代の男子学生が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性とわかり、同大は17日、同大学で記者会見を開き、当面の間、学生の学内への立ち入りを禁止するなどの対策を説明した。
 渡部明副学長、元山晃法人本部長と記者会見をした高田隆学長はまず「このたびはお騒がせしたことをお詫びする」と頭を下げた。
 説明によると、同大の男子学生2人が10日に山口市で、ユーチューバーの「へずまりゅう」と名乗る男性と接触し、15日に男性が新型コロナウイルスの陽性者であることを知り、16日に保健所に連絡を入れた。徳山中央病院でPCR検査を受けた結果、1人が陽性で入院し、1人が陰性だった。
 陽性の学生の接触者として友人の同大生5人が17日にPCR検査を受け全員が陰性だったことも説明。友人以外の接触者3人も全て陰性だった。陰性の5人の学生と接触の可能性がある職員は2人いるが、接触の程度が軽いと判断しPCR検査を受けておらず、同大が自宅待機させていることも明らかにした。
 陽性の学生は周南市のアパートで一人暮らしをしていて、10日以降もアルバイトをしていたという。男子学生2人が接触したユーチューバーの男性は2014年3月に同大を卒業していて、お互いが知り合いかどうかは調査中と回答した。
 さらに自宅のWEB環境が整っていない学生向けのオンライン授業受講用の特別開放教室は閉鎖し、部活動などの中止を決めた。学生、学外事業者などの学内への立ち入りを原則禁止として、同大で定めたの危機対応指針に基づき制限レベルを1から2に引き上げたことを報告した。
 8月12日までの前期のオンライン授業は引き続き実施することにしている。
 県によると男性と接触し、16日のPCR検査で陽性と分かったのは同大生と宇部市の医療従事者の女性。18日には、10日に友人と会食中に男性と接触した山口市の10代の学生への感染もPCR検査で確認された。3人とも感染症指定医療機関に入院した。
 「へずまりゅう」と名乗る男性に関連して19日午後3時までに227件のPCR検査を実施したが、陽性はこの3人だけだった。引き続き、接触者の検査を続けている。19日現在、県内の感染者はこの3人を合わせて延べ42人になっている。

【きょうの紙面】
(2)感染者、笠戸島への立ち寄り形跡なし
(3)下松市が危険空き家解体へ補助金新設
(4)下松市から熊本豪雨派遣の消防職員が報告
(5)おっぱいまつりのHUGベアが聖光幼へ


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

ノブに触らず足でドア開閉

兼子産業「フット ドア オープナー」新発売
コロナ感染対策、換気促進に効果


 光市室積東ノ庄の梱包資材製造販売、兼子産業(兼子雄輝社長)が、新型コロナウイルス感染症対策が長期化する中、ドアノブに触れずにドアを開閉できるドア補助器「フットドアオープナー」を商品化し、13日から販売を始めた。すでに特許と商標登録を出願ずみで、兼子社長(37)は「企業の衛生管理や感染対策に貢献したい」と話している。(山上達也)


 同社は兼子社長の祖父の行正さんが1951年に創業した兼子杭木店が前身で、創業69年目。64年に法人化して現社名になり、92年に兼子社長の父の義行さんが社長を継いだ。17年に雄輝さんが社長に就任。従業員は35人。
 雄輝社長の代になって特許出願が相次ぎ、フォークリフト用の着脱式滑り止めマット「すべらんマット」▽フォークリフトのフォークに目盛りを刻んで差し込み位置をわかりやすくした「フォークリフトマーカー」など6点を特許出願。今回の「フットドアオープナー」は7作目。
 フットドアオープナーの本体はアルミニウム製。ドアの下部に挟み込む形状で、押す時はウレタンゴム加工した「ゆっくり足で押して!」の部分を足で押せばよく、引く時は滑り防止の丸型のギサギサがあるウレタンゴムの「足で引いて!」の部分に足を置いて引けばいい。
 多数の人が出入りするドアノブの接触防止や、トイレのドアの衛生管理に効果があるほか、フットドアオープナーを装着してできるすき間が、密室を回避する役割を果たす。
 取り付け可能なドアは、押して開ける側と引いて開ける側からなる前後に開閉するドア(スライド式は取りつけ不可)▽ドアを開けた後に手を離しても自然に閉まる「クローザー機能」があるドア▽総厚みが3cm~5cmのドア。
 商品の重さは約2.5kg。押す側プレートは縦24.5cm、横19.5cm▽引く側プレートは縦12cm、横10cm。
 兼子社長は「従業員のアイデアを積極的に特許出願し、商品化してきた。ノブに触らず足でドアを開閉する安心感と、密の回避を同時に実現したい」と話す。顧客からは「手洗いや消毒後にノブを触る不安がなくなった」「ノブの定期的な消毒が不要になった」の声が寄せられたという。
 同社のホームページでフットドアオープナーの使用例を動画で公開している。価格や装着可否などの問い合わせは同社(0833-79-2000)へ。

【きょうの紙面】
(2)周南市が2千円で防災ラジオ配付
(3)くだまつ健康パーク、予約制でオープン
(4)徳山駅前のクリーンプロジェクトが20回
(5)花岡の「きつねの嫁入り」中止に


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

地元のステンレスのベンチ

新南陽商議所

ゆめ風車通りに登場

ドリンクホルダーがあるベンチ
楕円形のベンチ
一本足のベンチ

 周南市新南陽地区に製造拠点がある日鉄ステンレスのステンレスを使い、徳山興産が加工し、木材の部分は㈱みうらが手掛けた、オリジナルのデザインのベンチが間もなく、新南陽駅と永源山公園を結ぶゆめ風車通りに登場する。
 このベンチの設置は2018年に新南陽商工会議所飲食・サービス部会から声が上がって始まった「ベンチプロジェクト」の一環。このプロジェクトでは材料もデザインも地元にこだわって3種類のステンレスと木のベンチを開発した。
 設置場所の「ゆめ風車通り」は県道で、途中には商店街もある。歩道の幅が広く、ポケットパークも設けられている。
 プロジェクトでは、ベンチを置いて休憩できる場所を作り、交流の場、地域の人々が顔を合わせる場所にし、街に滞在する時間も長くして新たな消費につなげ、歩くことで新たな発見、健康増進にもつなげる効果を狙っている。
 現在はベンチを置く場所を選定中。ベンチはドリンクホルダー付きのもの、楕円形で向きや高さも変えられるもの、一本足で自由に並べられるものがある。
 募金は1口3千円。ベンチ一基分を寄付した場合はベンチに会社名を入れることができる。問い合わせは同商議所(0834-63-3315)へ。

【きょうの紙面】
(2)17日・半額になるプレミアム宿泊券発売
(3)浅江商店会が「新しい生活」で要望書
(4)オンライン仮想店舗でマルシェ
(5)遠石会館がうなぎ弁当のテイクアウト


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html