ヘッドラインニュース

200人が青空公園で“乾杯”

[新型コロナウイルス感染症対策]

徳山商議所

感染予防しながら交流会
プレミアム付食事券も発売

あいさつする宮本会頭

 周南市の徳山商工会議所(宮本治郎会頭)は21日夕、飲食店街にある青空公園で会員交流会「周Go!とくやま応援隊。」を開き、200人が参加、新型コロナウイルス感染防止対策をとりながら歓談した。「がんばろう周南プレミアム付食事券」の先行販売や特産品、タクシーチケットなどの抽選会もあって盛り上がった。
 感染予防のため激減している交流の機会を作り、飲食店を応援しようと開いた。宮本会頭は「商工会議所は企業に寄り添って事業継続、雇用維持を支援していますが、本当に大変だという声を聞きます。飲食店だけで2千人、3千人の雇用を作り出しています。いろんな楽しみをこの街で味わって下さい」と呼びかけた。続いて青木義雄市議会議長の発声で乾杯した。
 感染防止では密集を避けるため、距離を置く目安になるよう2メートル間隔でマーカーを並べた。参加者は検温があり、プラスチック制のフェイスシールドも配られた。密接を避けるため、飲み物や空揚げ、焼き鳥などは紙コップに入れて持ち歩く形式にした。
 企業のほか藤井市長や市議会議員、市役所の職員も参加。久しぶりの歓談を楽しんだ。抽選会は須金のブドウや湯野温泉の食事券アンド入浴券などの当選者が次々に発表された。
 プレミアム付食事券は同市の新型コロナウイルス感染症経済対策で発行。レストランなどの「グルメ食事」と、飲酒を中止とした店舗の「ナイト料飲」があり、1万2千円分を1万円で購入できる。22日から徳山駅前の周南駅近弁の店舗、みなみ銀座のまちのポートで購入できる。利用機関は12月31日(木)まで。問い合わせは周南料飲組合(0834-22-1279)へ。

【きょうの紙面】
(2)周南、下松、光市で観光スタンプラリー
(3)ゆめタウン下松の星プラザが公式アプリ
(4)下松市で子どもたちが海岸清掃、稚魚放流
(5)絆クラブが久米忠魂碑で草刈り


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html