ヘッドラインニュース

周南市シティプロモーション発進

メンバーは市民と若手職員34人
“応援団”づくりへワークショップ

テーマごとの話し合い

 「周南市らしさ」とは何だろう。7日夕方、周南市役所で第1回市民ワークショップが開かれ、同市の新たなシティプロモーション事業が始まった。市民と若手を中心とした市職員を合わせて27人が同市の魅力や特色、市の“応援団”を全国で増やすための手法などを話し合った。今後、10月までに5回のワークショップを開き、市民と職員が一緒になって新たなシティプロモーションを考える。(延安弘行)

「周南市らしさ」を話し合うメンバー

目標は「関係人口100万人」

 同市のシティプロモーションの目標は「関係人口100万人ネットワークによる応援団づくり」。関係人口は市出身者や勤務経験者、周南市に関心を持つ人など縁やゆかりのある人たちのことだ。
 同市は木村健一郎市長時代、トップダウンで「しゅうニャン市」を掲げ、合併によって誕生した同市の知名度を上げる活動を展開した。大手新聞の全面広告、職員による全国キャラバン、市民も巻き込んだしゅうニャン市グッズの制作などに取り組んだ。
 しかし、市民の理解を十分に得られず、昨年4月の市長選では継続か、廃止かが争点の一つに浮上。廃止を主張した藤井市長が現職だった木村氏を破って当選し、就任後に同事業を打ち切った。

熱意あふれる話し合い

 今回のシティプロモーションはトップダウンから一転、市民と市職員が一緒になって考える方法が採用された。業務の委託先を決めるプロポーザルによる選考で選ばれた中国四国博報堂(広島市)が提案していた進め方だ。
 ワークショップの参加者は市民18人と市職員16人。市民のうち公募が4人。10人の応募があり、いずれも熱意を感じる人たちで担当者は選考に苦心した。この日のワークショップの前に事前説明会があったが、ここでも参加者の熱意を感じさせられたという。
 ワークショップは新型コロナウイルスの影響で、進行役のファシリテーターは広島にいて画面からのウェブ会議でのリモート参加。時々、映像や音声が途切れることもあった。ワークショップのメンバーも全員はそろわなかった。
 その中、参加したメンバーは、前半、グループに分かれてのキーワードの話し合いでは周南らしさや特徴を大判紙に書き出した。後半はデザイン、SNS、イベント、記者発表、商品開発の5つのテーマから希望を選んで話し合い、最後に発表もした。次回は19日夕に徳山健康センターで開く。

「市民と一緒に」

 担当者は「今回のシティプロモーションはずっと続くものを」と話し、一過性ではない活動を目指す。予算面では今年度分だけしか確保されていないが、今年度は基盤づくりで、来年度以降の展開も今後、視野に入ってきそう。
 担当者は「進め方はすべて公開、市民と一緒に作ったものにしたい」と張り切る。同市の今年度の施政方針に掲げた「認知度向上や本市の愛着や誇りを育む取り組みも、市民の皆さまのアイデアやご意見をおうかがいしながら推進する」活動が始まった。
 ワークショップのメンバーは次の通り。(敬称略)
 [市民]岡寺政幸、三分一幸治、杉原トヨ子、角成明(公募)池脇信一(徳山夜喫茶雫)沖本道代(リコネデザイン)木村修太郎(シティケーブル周南)国兼裕司(ふるさと振興財団)斉藤寛和(node/ノード)信太秀斗(徳山駅前図書館)須田加弥子(fu do kan bambo)長谷鞠(徳山大経済学部3年)中野宏之(ロータス)中原成美(周南観光コンベンション協会)中村孝士(㈱トクヤマ)広沢和己(徳山商工会議所青年部)松浦竜介(Sizuku Films)三牧ちひろ(しゅうなんシビックマルシェ)
 [市職員]青木佑介(長穂支所)市子原玲菜(生涯学習課)今井努(道路課)大竹新人、野村恵子(観光交流課)越智華連、山本陽子(高齢者支援課)金近和博(次世代政策課)酒井菜奈(広報戦略課)目昴幸、藤井ひなこ(住宅課)柴田寛(リサイクル推進課)那須大輝(市民課)橋本千尋(動物園)原田妙子(市民の声を聞く課)半田卓也(須金支所)

【きょうの紙面】
(2)下松市が感染予防へ横断幕、回覧板
(3)S.I.徳山、下松、新南陽の新役員就任
(4)上遠石町にCafe海オープン
(5)回天記念館で「平和の鐘を鳴らそう」


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

定数4超の熱い激戦に

光市議選

現職14、新人7、元議員1
新規、継承、再起入り乱れて

 任期満了に伴う10月18日告示、25日投票の光市議選(定数18)まで2カ月余りに迫った。11日現在で出馬を予定しているのは現職14人、新人7人、元議員1人の計22人と見られ、定数を4人上回る激戦が予想される。新人が立候補予想者全体の3割を超えるのは珍しい。新人と元議員の動きや背景を追った。(山上達也)


 新人7人と元議員1人計8人は、継承する地盤のない「新規型」1人▽現職や任期中に死去した議員の「継承型」4人▽前回市議選で落選し今回再挑戦する「再起型」3人に大きく分けられる。党派別では日本共産党と幸福実現党各1人、無所属6人。無所属の1人は連合山口が推薦。
 このほか現職1人が引退の予定で、新人が地盤継承の見通し。この場合、新人は計8人、現職が13人になる
 新人の各陣営は後援会入会を呼びかける活動や、1陣営当たり12カ所まで設けられる後援会連絡所の看板の設置など知名度や政策の浸透に余念がない。



【新規型】

 新人のうち唯一、継承する地盤なしで挑む清水祐希氏は自民党県連「山口政治塾」を修了。企業4社の経営で苦労した経験を市政運営に生かすと訴える。

【継承型】

 日本共産党新人の岩根洋志氏は現職で今回は市東部が地盤の田辺学氏の地盤だった市西部の党組織を継承し「若い力で光の未来を拓く」をスローガンに支持拡大を図る。 
 武田薬品労組出身の畠堀計之議員は同労組光支部の小林隆司前執行委員長と交代。組合員やOBに浸透し、出身地の島田や現在住む三井で支持を広げる。
 現職議長で死去した故中村賢道氏の地盤は長男の譲氏が継ぐ。自身の支持拡大が注目される。自民党県連の「山口政治塾」の修了生。浅江中PTA会長も務める。
 今季限りで引退する西村憲治議長は長男の慎太郎氏を後継指名。親子であいさつ回りをして地盤を引き締め、若さを前面に浮動票の獲得も視野に入れる。

【再起型】

 前回次点で4年ぶりの市政復帰に燃える大楽俊明氏は武田薬品のOB。地元室積の地盤と、自身と同世代の武田薬品のOB票固めに余念がない。
 2015年の県議選と16年の市議選に出馬、落選した西崎孝一氏は「三度目の正直」を狙う。元県職員の経験から「市民無料相談所」を開設している。
 幸福実現党公認の早稲田真弓氏は「前回は準備期間が短く不完全燃焼だった。今度は必勝の覚悟で臨む」という。党派を超えた支持拡大で雪辱を期す。

【きょうの紙面】
(2)マルキュウ浅江店が販売協力店に
(3)光JCが総会、周南JCとの合併提案
(4)防長建材がログハウスのセルフビルド講座
(5)戦没児童悼んで光井小で平和考える集会


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

この夏はコロナだけで終わらない!

旧粭島小学校で小学生向けイベント開催!
22日、23日の予約制

 周南市の旧粭島小の校舎などで22日(土)、23日(日)の2日間にわたり「ハイコーサマーin粭島」が開催される。SHUNAN OBENTO LIFE PROJECTと、周南地域で親子向けイベント等を開催するOhanaの共催、新周南新聞社の後援。昼の部ではワークショップ、夜の部では夕涼み会として出店や遊戯場などがそろう。両日とも催しの内容は同じでいずれも小学生の子を含む家族が対象となっている。
 昼の部のワークショップは午前10時から午後2時までで昼食付き。廃校となった校舎の教室を活用して、親子でマスクを藍染めするモノづくり教室や、ライジングホールのスタッフや地元のアーティストがギターやドラムなどの楽器の楽しさを教える音楽教室など、趣向を凝らした4つのワークショップが開催される。両日とも30組の事前予約制となっている。参加費は1組2,500円。
 夜の部は午後4時と6時半の各2時間の2部構成で、希望の時間に事前予約をして参加をする。こちらも各回30組が定員となっている。校庭には趣向を凝らしたかき氷や、お面、焼き鳥など10店の出店が並び、校舎内では廃校の雰囲気を活かしたお化け屋敷や、ステージを活用した射的なども楽しめる。日が暮れる時間には、学校前の海に面した遊歩道にキャンドルロードも設置する。参加者は各店で使える10枚つづり3,000円のチケットを購入する。
 校舎内や校庭からも海が一望できる粭島小は2012年度末に閉校となったが、周辺住民の憩いの場として定期的に活用され、校内の黒板には当時の子どもたちが描いたメッセージが今も大切に残されている。
 新型コロナウイルス感染拡大防止策のため人数制限を設けて事前予約制で開催し、受付時の検温や消毒の徹底、飛沫防止のパーテーション設置やマスク着用など、各所に感染防止策を講じる予定。「今年はコロナの話題ばかり。しっかりと感染対策に取り組み、参加した子供たちにはひと時でもコロナのことを忘れて楽しんでもらいたい」と主催者の佐伯裕子さん(Ohana代表)は話す。
 イベントの参加方法は①氏名(保護者、子)②子の学年③その他参加者の有無④住所⑤電話番号⑥参加希望日時、回(昼、夜1部、夜2部)を第2希望まで記載し、haiko@shinshunan.co.jpにメールする。定員を超えた場合は抽選となる。詳細は主催団体のinstagramでも確認できる。



▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

緊急対策第4弾は6億7千万円

[ 周南市 新型コロナウイルス感染症対策]

従業員5人以下→20人以下
事業継続支援金を拡充
赤ちゃんにも特別定額給付金

記者会見する藤井市長

 周南市は7日、藤井市長の定例記者会見で新型コロナウイルス感染症緊急対策第4弾を発表した。経済支援、市民生活への支援を合わせて規模は6億6,924万円で、17日(月)、18日(火)に開かれる臨時議会に必要な補正予算を提案する。
 経済支援のうち事業継続支援金の対象の拡充の予算は1億4,150万円。個人事業主、小規模企業に20万円を支給してきた同支援金は飲食業、サービス業などはこれまで従業員5人以下の事業者が対象だったが、これを20人以下に引き上げた。700件分の予算を計上している。
 この拡充は市民の要望が強く、6月定例市議会の一般質問でも複数の議員が取り上げた。藤井市長は、テイクアウトやデリバリーなど飲食業界の新たな取り組みを引っ張る店に支援が届かないなどの声が寄せられたことから盛り込んだと説明した。
 農林漁業者に対しても1事業者10万円の支援を想定して1億6,493万9千円、消費需要喚起のため、市内の宿泊者に2千円のクーポン券を配布することとし、5790万9千円を計上した。クーポン券が利用できる店は今後、募集する。
 市民生活の安定では、国の特別定額給付金の対象にならなかった、4月28日以後に生まれた赤ちゃんにも10万円を給付する。ひとり親家庭などへの臨時特別給付金、県事業による支援の対象にならない保育施設などへの応援給付金も市として独自にも支給する。

 補正予算案は総額6億6,924万円だが、歳入では臨時交付金など国庫支出金を第3次までの緊急対策の費用も合わせて15億6,546万4千円確保。これまで財源にあてていた財政調整基金などからの繰入金を8億9,622万4千円減額する。この結果、今回までの緊急対策の財源の9割近くを国庫支出金で賄う形となる。
 臨時議会は17日に補正予算案の提案説明と予算決算委員会、18日に委員長報告、討論、採決がある。議案はこの補正予算案だけだが、市ふるさと振興財団、市文化振興財団、市医療公社などの2019年度決算の書類提出8件と交通事故の損害賠償の額を定める専決処分の報告がある。

【きょうの紙面】
(2)8~10日で14人の新型コロナ感染確認
(3)15日、大津島の回天記念館で「平和の鐘」
(4)感染防止の「取組宣言飲食店」に升吉
(5)降松星太鼓が徳山中央病院で感謝の演奏


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

22日からプレミアム食事券

安心安全優良店舗にステッカー
周南市緊急対策で料飲組合

優良店舗ステッカー

 周南市の周南料飲組合(山中健太郎組合長)と周南西料飲組合(安達浩司組合長)は新型コロナウイルス感染防止対策に取り組んでいる店舗に「安心安全優良店舗ステッカー」を張る活動と、「がんばろう周南プレミアム付食事券」の販売を準備している。食事券は一般向けには22日(土)から徳山駅前の「周南駅近弁」とみなみ銀座の「まちのポート」で販売する。
 プレミアム付食事券は1千円券12枚つづりを1万円で販売する。食事に使える「グルメ食事券」と酒などの「ナイト料飲券」があり、いずれも5千セットを準備する。
 表紙のナンバーで抽選して豪華賞品が当たる抽選会が9月20日(日)にある「ダブルプレミアム」になっている。食事券が使用できる店はすべて「安心安全優良店舗」で、周南料飲組合のホームページにも掲載する。 
 21日(金)午後6時から青空公園で開かれる徳山商工会議所会員交流会「周Go!とくやま応援隊。」で先行販売する。
 本町一丁目の甘栗天津閣の周南駅近弁での販売は平日午後5時から9時までと土、日曜の午前10時から午後4時まで。徳山駅そばの観光案内所「まちのポート」での販売は平日、土・日曜とも午前9時から午後6時まで。
 1人1セットずつ、計2万円まで。いずれも9月6日(日)まで販売する予定だが売り切れた場合は終了する。
 問い合わせは周南料飲組合新型コロナウイルス感染予防対策室(0834-22-1279)へ。
 優良店舗ステッカーは飲食店に密閉、密集、密接回避、施設の清掃・消毒、お客様・従業員の体調管理などのガイドラインを配布し、基準を満たした店にステッカーを配る。備品購入にかかった費用に対しては補助金(上限4万円)を支給する。
 いずれも感染拡大の影響で売上が落ち込み、休業に追い込まれた飲食店を支援するため、周南市が緊急対策第3弾として助成する。感染防止対策は5,350万円、プレミアム券はプレミアム分として2千万円を予算計上している。

【きょうの紙面】
(2)下松市が「がんばる中小企業応援事業」
(3)CCSが動画配信サービス開始
(4)YMGUTSがトップクラブ指定
(5)遠隔地の孫に「縁日」プレゼントを提案


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

カフェや民家にベンチ35脚

広島、福岡から癒やし求め
交流人口増へ「鹿野の風」プロジェクト

集まったメンバー

 周南市の鹿野地区で4日、3人がけのベンチ35脚がカフェや民家の庭先などに置かれた。3,000人の人口が10年後には2,000人になると予想されている同地区。たくさんの人が訪れる街へ、交流人口を増やす活動が続けられている。
 活動の中心になっている「鹿野の風」プロジェクトは大潮の国道315号沿いで長くカフェを営業してきた福田清治さん(71)が代表。カフェは高速道路を利用して福岡、広島からも訪れる人がいたことから、魅力ある地域にすれば交流人口は増えると考えて9年前、この活動を始めた。
 実現を目指しているのは「里山まるごと雑木と花による木漏れ日計画」。店舗、施設、民家にもコナラなど、木漏れ日ができる雑木を植え、花を育て、ベンチを置く。財団などのさまざまな助成金も利用してこれまで27カ所に67本の雑木を植えた。

ベンチの組み立て

「木漏れ日計画」、今後はPRも

 今年の4、5月には初のオープンガーデンを開いた。カフェ、民家など20カ所が参加。自慢の庭を開放した。来年は27カ所に参加が増える予定だ。雑木や花、ベンチが人を呼び寄せるようになってきている。
 ベンチは背もたれと座板が木製。同じベンチを置くことで統一感を出したいという。今回はキリン福祉財団の助成金を得て購入した。
 この日は若手の女性メンバーなど7人が福田代表の自宅に集まり、ベンチを組み立てて同財団のプレートも付け、軽トラックに積み込んで設置して回った。
 交流人口を増やすためには広島、福岡県の都市部から訪れる人の癒やしとなる店舗も増えてほしい。今春、渋川にギャラリー、西川内に古民家を利用したリラクゼーションの店舗がオープンした。来春はカフェも新規開店の予定だ。計画は実を結び始めている。
 福田さんは「2025年には鹿野が変わったと思われるようにしたい」と展望を語る。今後は広島、福岡へ大々的にPRしたいと話している。

【きょうの紙面】
(2)新型コロナが影響、東ソーが赤字に
(3)下松市社協常務理事に相本さん、初の女性
(4)切戸川の親子水辺の教室に18人
(5)8日から徳山動物園で夜間開園



▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

周南創生コンソーシアムが調印式

徳山大学

来年度からインターンシップ
8団体・企業が連携

調印式の出席者

 周南市の徳山大学と徳山、新南陽商工会議所、新周南新聞社など8団体・企業による周南創生コンソーシアムの協定調印式が3日、徳山駅前図書館の交流室で開かれた。今後、徳山大生が企業で研修するインターンシップなどに取り組む。
 この協定は「地域の持続的発展と価値創造の実現に向けた連携・協力」を目指すもの。現在は同市内の団体、企業だけだが下松、光市などにも参加を呼びかける。
 調印式で同大学の小林武生地域共創センター長が「現代の産業人として必要な教育をし、いかに周南を好きになってもらうかも考え、周南地域がよくなるよう加速する活動をしたい」と述べた。
 調印は徳山商議所の宮本治郎会頭、新南陽商議所の佐伯哲治会頭、西京銀行の金丸真明副頭取、サマンサジャパンの小野晃社長、県周南中小企業経営者協会の岸村敬士会長、新周南新聞社の中島進社長、周南青年会議所の河村啓太郎理事長、徳山大学の池田和夫理事長、高田隆学長。実際の活動を担う各企業、団体の実務者も出席した。
 創生コンソーシアムの設立は同大学の市立化など大学改革の中で気運が高まり、今年3月に構想が明らかにされた。インターンシップは来年度から10社が学生を受け入れるべく準備中。
 このほか、若手人財向けの研修、商品開発の共同研究、研修会や講演会への講師派遣などが期待されている。

【きょうの紙面】
(2)光市が全市民に5千円の商品券配布
(3)東ソー杯野球で11スポ少が熱戦
(4)周南総合支援学校で分身ロボット活用研修
(5)周南市美術博物館で「宮崎進の世界」展


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

桜ケ丘高、最後まで全力

「準優勝は誇り」

メモリアルカップ野球大会
シード校も破り健闘

 周南市の桜ケ丘高校(辻岡敦校長、675人)の硬式野球部(岡嶋徳幸部長、59人)が2日、萩市の萩スタジアムで開かれた「やまぐち高校生2020メモリアルカップ夏季高校野球大会」の決勝で高川学園に1-6で破れ、準優勝でこの夏の大会を終えた。

決勝でも9個の三振をとった坂井投手

光る坂井投手の力投

 1日に準決勝で宇部工高を2-0で破って進んだ決勝戦では、大会第1試合から登板し、準々決勝、準決勝で2ケタの三振を奪ってきた坂井渚投手(18)が登板した。2回表と4回表に1点ずつ取られたものの、9回まで相手に与えた四球は3つで三振も12個を奪う好投。最後まで球威は衰えなかった。
 攻撃では、バッティングで12安打と高川学園の7安打を大きく上回ったが、相手は数少ないチャンスを盗塁やタイムリーヒットで着実に得点した。
 桜ケ丘高は5回裏に満塁、6回と7回に1、2塁などの好機があったものの、打線が続かず、併殺打や盗塁の失敗などもあり、隙のない攻撃で高川学園に軍配が上がった。
 前田克也監督(51)は「投手は後半まで低い得点に抑えていて、いつも通りの自分達のペースで試合を運べた。ただ、攻撃で出塁した後のエンドランや盗塁など細かくつなぐプレーが課題として残った」と振り返った。
 9回表で、サードゴロからの悪送球、四球やワイルドピッチなどでピンチを招き、一気に4点を入れられたが、9回裏では、1、2塁の出塁から3番の山根凛人選手がタイムリーヒットを打ち意地の1点をもぎ取った。

「楽しく野球」

 同大会は夏の甲子園大会県予選に代わる大会で55チームが参加。新型コロナウイルスの影響で夏の甲子園大会は中止となった。桜ケ丘高は、1回戦は新南陽高に6-2、2回戦は下松工高に14-1、3回戦はシード校の南陽工高に2-0で勝ち、準々決勝で柳井学園を4-1で下して勝ち上がってきた。
 大会に臨み、練習では同校の周囲を15キロ走り込み、新型コロナウイルスの感染拡大後はバドミントンのシャトルを使って打撃練習などをして地道にトレーニングを重ねてきた。
 同校の前同窓会長の金岡雅浩かねおか歯科クリニック院長は大会前に希望した部員にマウスピースを寄贈し、選手が練習中と試合中に着用。集中力が高まり、準決勝以外では2ケタ安打を達成した。
 大会は観客を制限し、父母などだけがスタンドで観戦した。終始、選手を拍手で応援したが、好プレーが起こると歓声も沸いた。
 前田監督は「学校関係者、選手のご家族、地域の方々などの理解と支援で頑張ることができた。できることを精一杯やった結果なので、部員にはお疲れ様と声をかけたい」と戦いを終えた選手をねぎらった。
 坂井投手は「スライダーに切れがあり、いつも通り自分で投げ切った。準優勝は悔しいが楽しく野球ができた気持ちの方が大きい」と話した。
 中学1年から兵庫県の野球チームで坂井投手と一緒にプレーしてきた田口徹宗主将(18)は「坂井がピンチでも抑えてくれるので、守備をする自分達はとても助かった。あと一本が出なかったのは残念だが、粘り強くがんばったので負けた気はしない。準優勝を誇りにしたい」と胸を張った。

写真撮影=FOX PICTURES 

【きょうの紙面】
(2)青木さんが宇宙の話、100人限定講演会
(4)県LPガス協会が島田小に実習用コンロ
(5)徳山駅にリンドウなど4千本の花飾り


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

40分で新型コロナウイルス検出

[新型コロナウイルス感染症対策]

東ソー
専用試薬の製造販売承認

 東ソーは7月31日、自社製の自動遺伝子検査装置「TRCReady-80」で約40分間で新型コロナウイルスに感染しているかどうかがわかる専用の検査試薬「TRCReady SARS-Cov-2」が厚生労働省の体外診断用医薬品製造販売承認を取得したと発表した。8月中旬から医療機関、検査施設向け販売の開始を予定している。
 この検査試薬は新型コロナウイルスを高感度かつ簡便な操作で短時間で検出できる、業界でもトップクラスの製品。簡単な前処理をした生体試料を装置にセットしたあとは全自動で判定できる。検査作業の効率化が可能となり、医療・検査従事者の作業負担を大幅に軽減できる。
 さらに小型装置であることから設置しやすく、同社では「感染拡大防止や検査体制の拡充にも貢献できると考えている」としている。同社は同社の全自動化学発光酵素免疫測定装置向けの新型コロナウイルス抗体検査の試薬の共同開発も進めている。

【きょうの紙面】
(2)出光興産徳山事業所が定修で感染防止対策
(3)バス、タクシーにうそ電話詐欺防止シート
(4)光市歯科医師会が小中学生に歯ブラシ
(5)こどもの詩周南賞から絵本「みどりのほし」


▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html