一言進言

女性の活躍増やす計画を

~総合戦略見て~

地方創生の単語をめっきり聞かなくなった。地方が元気がなくなると日本も元気がなくなると、大層な取り組みをするかと思っていたが、ちょこまかとお金を配り、大して地方は変わることはできなかった。相変わらず少子化の波は止まることを知らず、東京一極集中は止まる気配もない。

この度、周南市では「第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略」案を作り、議会でも議論された。よくできた案で、教科書的なプランだ。目標数値もちゃんと入り、文言もしっかりしている。そのまま他市が使っても使えるような模範的な案だ。最大の課題は人口減少だと最初に訴えているのも納得できた。

従来のプランとの大きな違いはどこかなと見ていたら、藤井市長らしさが出ていたのが徳山大学公立化だった。また別冊で「人口ビジョン」も出されている。若者定住や、子育て支援など重要な課題はしっかり押さえている。しかし、女性の転出は他市に比べても相当多いとある。

全国で人口減少を何とか食い止めたり、むしろ増やしている市町村も数は少ないがある。出生率も全国ランキングで上位を獲得する市町村もある。それは何故か。市職員への暴言で一躍有名になった明石市の市長は、定住者も増やし、子どもも増やすなど精力的な人物だったようで、出直し選挙で圧勝した。

近畿のある市は、人口は増やし、定住希望者も多く、ボランティアの数が群を抜いて多い。市長は「自治体職員は地域のプロデューサーであれ」と市職員を積極的に地域活動に参加させ、地域のリーダー作りに熱心で、大きな成果を上げている。岡山県のある町は、若者定住が進み、出生率も全国でトップクラスだ。町営の勤労者住宅を増やしたが、若者夫婦が共稼ぎできるように、必ず車2台分の駐車場を完備、子育てしやすいように3DKの広いスペースを確保した。

いずれも手厚い子育て支援があるのは当然だ。各市町村でこの種の計画案は作られる。個性的なリーダーは、自分の色をどう出すかに腐心する。私が調べた範囲では、成果を少しでも上げているところのリーダーは総じて職員へ厳しい人物が多いようだ。職員に求めるものが明確だ。私の感覚だが、女性の流出が多い周南地区では、女性が活躍できる場面をどう増やせるかが鍵になるかも知れない。そして具体的なプランだ。

(中島 

団塊の世代よ!もう一肌脱ごう!

~戦後75年を生き抜いて~

私は団塊世代だ。団塊世代とは作家の堺屋太一がネーミングした造語だ。しっかり定着、昭和21・22年生まれから27・28年生まれの戦後のベビーブームで生まれた世代を指す。戦後まだ焼け跡が残る中、日本人はがむしゃらに復興に向けて働いていた。町中にはまだまだ戦争の傷跡が多く残っていた時代に団塊の世代は育った。

広島では多くの被爆者たちがバラック住宅で生活をしていた。窓ガラスは無く、張り合わせた板につっかい棒で窓ガラス代わりに風を取り込んでいた。街の歩道には白い衣服の傷痍軍人らしき人が足を無くし、腕が無い姿で物乞いをしていた。子どもたちの多くは貧しく、常に腹をすかしていた。

しかし、東京オリンピックが開催される頃、日本の復興は極めて成果著しく、そこここが活気あふれていた。戦争が無かったかのように、好景気に酔いしれた。団塊世代が社会人になるころは、まさに神武景気と言われる時代で、サラリーマンたちは、仕事ができるできないにかかわらず、毎年相当な額のベースアップがあり、生活も一気に贅沢になった。

確かに団塊世代は、経済が急成長する中、大量の労働力として日本を支えてきた。しかし一方で独創的でもなかったし、努力もさほどせずにご飯が食べれた。経営者として成功した人、政治家として活躍した人が、人数の割に圧倒的に少ないのが団塊世代だった。戦後75年、極めて平和な75年のほとんどで生きてきた団塊世代が、あと数年で全て後期高齢者の仲間入りをする。世代として何を残してきたのか、残念な思いも残る。

中学2年生の時、同級生が亡くなった。白血病だった。徳応寺での葬儀でお母さんが棺に抱きつき「ごめんなさい。私が殺してしまった」と号泣している姿を忘れられない。被爆二世と知ったのはそのあとのことだ。広島に行き、被爆二世たちと交流を持った。彼ら、彼女らは、就職もままならず、結婚も反対で諦めていた。戦後75年はあっという間だったが、戦争の傷跡は果たしてどこまで消え去ったのだろうか。

戦争の痕跡を生々しく記憶している最後の世代だ。もう一肌脱いで、戦争が起こらない、起こりにくい世の中にするにはどうしたらいいか、団塊の世代が最後の出番だ。


(中島