ヘッドラインニュース

大きな碁盤でLet’s enjoy GO

囲碁「いいいいい教室」が移転オープン

小野さん(左)と囲新プロジェクト理事の国冨和正さん
教室ビルの外観

 一般社団法人囲新プロジェクトが運営する子ども向けの囲碁教室「いいいいい教室」が、周南市の徳山駅前再開発のためみなみ銀座の和光ビルから栄町2丁目の栄町ビルに移転し、全国組織の日本棋院徳山支部と碁会所の徳山中央棋院も引き継ぎ、1日にリニューアルオープンした。
 同教室は昨年4月、徳山中央棋院は1977年の設立で、場所は違うがどちらもみなみ銀座で運営していた。移転先は3階建てのビルで壁に描かれた大きな碁盤と「Let’s enjoy GO」の文字が目印。1階は駐車場で2、3階を使い、どちらも天井が高く、窓から差し込む光で開放的な空間に改装した。
 2階の碁会所は、110平方㍍のフロアに碁盤を18面置き、36人が同時に対局できる。60代から90代の会員約20人が真剣勝負を繰り広げる。
 3階は主に小中学生を対象とした囲碁教室で、会員15人ほどが対局を楽しんでいる。110平方㍍のスペースには、オーダーメイドの青、黄、白の丸テーブルが10卓。気軽に囲碁に触れてもらうため、碁盤を描いたオリジナルデザインにした。畳10畳分の休憩スペースにはテレビゲームやマンガを備え、囲碁以外でも時間も過ごせるようにしている。
 オンラインで世界中のプレーヤーと対局し、AIの囲碁ソフトで練習できるよう、パソコン環境も充実させた。
 同法人理事で日本棋院徳山支部長の小野慎吾さん(36)が教室の講師、中央棋院席亭として指導。小野さんはアマチュア7段で全国大会でも活躍し、中国名誉本因坊でもある。
 「囲碁は碁石を通して相手と会話をするようなゲーム。世代を超えてコミュニケーションや真剣勝負ができるのが魅力」と語る小野さん。囲碁の楽しさを知ってもらうため「日本の文化を気軽に体験してほしい。お子さんだけでなく、今まで囲碁をやったことがなかった大人の方が一度足を運んでくれたらうれしい」と呼びかける。



子ども囲碁教室=5~15歳(中学3年)、月謝8千円、入会金1万円、営業時間内は使い放題、5歳未満と高校生は要相談、兄弟割引あり
大人囲碁教室=18歳以上の初心者、会費1回2千円、入会金なし
碁会所=月額1万円で使い放題、ビジター用日額700円(いずれも税込み)

周南市栄町2-38 栄町ビル
囲碁教室=火~金曜・午後5時~8時▽土曜・午後1時~5時▽定休日は日、月曜
碁会所=火~土曜・正午~午後8時▽定休日は月曜
☎0834-51-7357
車は近隣のコインパーキングなどに駐車する




【きょうの紙面】
(2)周南市議会、光市議会の9月定例会開会
(3)光富士白苑に砂浜でも快適な車椅子寄贈
(4)都市対抗出場の光シーガルズに市旗
(6)県産品キャンペーン、4弾までは継続



▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html