ヘッドラインニュース

周南市が農林漁業者に10万円

新型コロナウイルス感染症対策

販路拡大、直売所継続補助も
10月1日~・受け付け開始

 周南市は28日、売上、収入が減少した場合に10万円の支援など農林漁業者に対する新型コロナウイルスの影響に対する支援金、補助金の申請を10月1日(木)から受け付けると発表した。
 農業従事者事業継続支援金は新型コロナウイルスの影響で前年同月、または今年の前月に比べて収入が減少している月がある農家、農業法人が対象。1千件分、1億円の予算を確保している。
 林業従事者も同様に林業による収入が減少した林家、法人に10万円を支援する。予算は200件分、2,000万円。漁業従事者は県漁協の正組合員で同様に売上が減少した漁業を営む個人事業主が対象。114人分、1,140万円の支援金を用意している。
 この3事業の締め切りは11月30日。
 農産物直売所等活動継続支援補助金は上限20万円。月1回以上、農産物直売所などを開設していることなどの要件を満たす事業者のインターネット販売など新たな生活様式に対応する取り組み、感染症防止のための器具・備品購入や施設の整備などが対象になる。予算額は20件分、400万円。
 新たな販路拡大等事業支援補助金は上限50万円。組合などと、農林漁業従事者の法人、観光農園など市内で農産物の収穫体験ができる農園を経営する事業者、認定農業者のうち市内に主たる事業所がある農業法人の販路拡大事業が対象。予算額は62件分、3,100万円。この2事業の受け付けは12月25日(金)まで。
 申請書はホームページからダウンロードできるほか、市役所と各総合支所、支所にもある。申請は郵送で受け付ける。問い合わせは専用ダイヤル(0834-22-8832)で受け付ける。


【きょうの紙面】
(2)地価調査・下松市の住宅地が上昇
(3)光・熊毛法人会が租税教室の講師養成研修
(4)「徳山動物園WAON」から25万円寄付
(5)ナベヅル保護で西岡さんに環境大臣表彰



▼紙面の購読:試読の方はこちら
https://www.shinshunan.co.jp/contact.html
▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html