一言進言

あるビジネスマンの市議挑戦

~勉強しようもっとどん欲に~

投票にいかなかった人に聞くと、「興味が無い」「誰がなっても変わらない」が圧倒的に多い。全国的だが、最近の投票率の低下はどうしたもんか。国政選挙だけでなく、身近な地方選挙も毎回投票率を下げている。各市の選挙は全て同じ傾向なのが恐ろしい。

この日曜日は光市の市長、市議選挙だ。わが社もこの1カ月、相当の紙面を割いて選挙がらみの記事を掲載してきた。しかし、反応の鈍さはどうだろうか。光市の知人に聞いても盛り上がりを感じない。市議選では「応援したい人がいないんですよ」と冷ややかだ。

正直申し訳ないが、周南市をはじめ、小さくても光る新人市議会議員候補が少なくなった。ある人は「就職活動と思ってるんじゃないか」とこっぴどい感想を語る人もいる。しかしはっきり言って勉強不足のそしりは免れまい。地域のこと、社会の仕組み、目標とすべきこと、もう少し自分の言葉で語って欲しいものだ。

近く日本地域研究所から「ビジネスマンよ議員を目指せ!-セカンドキャリアのすすめ-」の題で一冊の本が出版される。もともとIT業界のビジネスマンだった筆者(51)が書いた。市議会議員を目指したのは「やりがいがあって、定年がないから」だった。営業や管理などビジネスパーソンのスキルは地方議員に有効だと思った。

見事初当選するが、「マーケティング」として選挙戦略を立てた。ターゲットは党派や主義より「人物本位」で選びやすい40~50代に絞った。リーフレットの配る場所、何時に配るかまで考えた。1千軒を一度回るより、300軒を3度回るほうがはるかに有効だと解析した。働く層がターゲットだけに「通勤の利便性改善」を政策の柱においた。

選挙公約を見たらどの程度考えて立候補したかがわかる。「安心・安全な町作り」「みんなが幸せになる地域に」金太郎飴のような公約だらけだ。東日本大震災の後、一人の市議が注目を浴びた。彼だけが10年以上「避難道路を作ろう」と訴え続けた。おかげで道路は完成。多くの市民の命がその避難道で救われた。

就職活動でも良い。市議会議員になった以上、「市民にとって不足しているもの、市民が困っているものは何?」と聞かれて即座に答えが出せるよう、勉強を怠ることが無きように。

(中島