ヘッドラインニュース

「二升五合サバ」生産成功

「二升五合(ますます はんじょう)サバ」

下松市栽培漁業センター7年がかり
脂のり良好、酒の肴に最適

 下松市栽培漁業センター(久山裕司所長)が7年がかりで開発を進めてきた800g~1kg級のサバ「二升五合サバ」の生産にこのほど成功した。同センターは来年末から本格的に出荷することを目指している。
 同センターは笠戸ひらめ、笠戸とらふぐの養殖に取り組んでいるが、定置網にかかる300g前後の安価なロウソクサバを養殖することで有効活用しようと、7年前から研究を進めてきた。
 試行錯誤を繰り返しながら、エサの配合をくふうすることで昨年度には500~600gの育成魚ができた。さらに今年11月上旬には1kg前後まで大型化でき、うま味と食感を備えた大型のサバの生産に成功した。
 名称は「酒を二升五合も飲みたくなるほどおいしいサバ」という意味を込めて「二升五合サバ」と名付けた。読み方は二升を“升”が二つということで「ますます」▽五合を一升半の意味から「はんじょう」とし、合わせて「ますますはんじょう」にした。
 24日には国民宿舎大城で、国井市長、玉川良雄教育長ら行政関係者▽市議会の中村隆征議長、高田悦子副議長ら議員▽下松商工会議所や市観光協会の役員▽報道機関の記者ら計約30人を招いてお披露目会が開かれた。
 同センターを運営する市水産振興基金協会理事長の近藤和彦副市長は「まだ改良の途中なので、忌たんのないご意見をいただきたい」とあいさつ。二升五合サバを刺し身やしゃぶしゃぶ、カルパッチョなどで味わった。
 久山所長(60)は「7年がかりでようやく理想の形になった。脂ののりもよく、酒の肴(さかな)になる魚として親しまれてほしい」と期待していた。

二升五合サバの刺し身


【きょうの紙面】
(2)下松市とナフコが災害時の物資供給で協定
(4)笠戸公民館で笠戸大橋の開通前後の写真展
(5)徳山高が科学の甲子園県大会で3位


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html