ヘッドラインニュース

世界初の非接触システム!

徳山積水工業に設置
壁に映像、手かざしで操作

タッチレスラクティブに手をかざす小泉代表

 周南市開成町の徳山積水工業の本館入り口に10月28日、プロジェクターから投影された画面上に手をかざすだけで映像の切り替えができる世界初のプロジェクションマッピング型の会社案内が設置された。
 エントランスの壁に映し出される画面は100インチで、トップメニューには会社の歴史、ポリマー製品とメディカル製品の紹介と技術、社長インタビュー、積水化学グループの案内など12個のメニューアイコンを表示。各アイコンに壁から5センチほど離して手をかざすと、内容に対応して動画とナレーションが展開される。
 プロジェクターとセットで設置する赤外線センサーが、手を感知して映像を切り替えるこのシステムの名前は「タッチレスラクティブ」。山口市のスプリングブレス(小泉崇社長)と東京都のトゥルーヴ(小泉百々恵代表)がシステムと映像を製作した。スプリングブレスなどが徳山積水工業のプロモーション動画を制作したことがきっかけで設置が実現した。
 百々恵さん(22)は山口市出身で中村女子高校在学中から父の崇さんが経営するスプリングを手伝い、YICビジネスアート専門学校で本格的にプログラミングを習得。卒業後にスプリングブレスに入社し、タッチレスラクティブの全国のプロモーションと営業を狙い、8月に分社化してトゥルーヴを立ち上げた。

【きょうの紙面】
(2)周南市が職員向けにSDGsセミナー
(3)自衛隊員講師に感染防護衣の着脱研修
(4)ふくがわこども園で周南たこの食育講座


▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html