ヘッドラインニュース

16,000tのCO2削減、30%省エネ

完成した高効率ナフサ分解炉

出光興産徳山事業所に高効率ナフサ分解炉
周南コンビナートにエチレン供給

あいさつする山本所長

 周南市新宮町の出光興産徳山事業所(山本順三所長)のエチレン製造装置内に高効率ナフサ分解炉が完成し、11日、完工式が開かれた。旧型のナフサ分解炉2基の停止と今回の新設で、従来のエチレン生産時と比較して約30%の省エネ効果を発揮し、年間約1万6千トンの二酸化炭素を削減できる。
 この日は同事業所の社員、工事関係者ら20人ほどが出席し、遠石八幡宮の黒神直大宮司によって完成を祝い、安全を祈願する神事があった。
 新分解炉は、約50年稼働した旧型のナフサ分解炉2基を2018年10月に解体して、翌年4月から300平方メートルの同じ敷地で建設に着手し、2年越しで完成させた。高さ50メートルと旧型の2倍の高さがある。ナフサを短時間で熱分解してエチレンの得率を高め、熱効率を向上させる。
 ナフサは粗製ガソリンとも呼ばれる石油製品のひとつで、分解炉を経由して850度の温度で熱分解し、エチレンやプロピレンなど石油化学製品の基礎原料となる。徳山事業所はエチレンなどを周南コンビナートの各企業へ送り、原材料の供給拠点となっている。
 同社のエチレン生産能力は日本で2番目を誇り、同事業所はそのうち60%、年間で約62万トンを生産している。今回の新分解炉建設にあたっては経済産業省の「省エネルギー投資促進に向けた支援補助金」を活用し、13億円が補助されている。
 山本所長は「スクラップアンドビルドの難易度の高い工事で、今年は工事関係者の方々に新型コロナウイルスについても配慮いただいた。無事に完成してとてもうれしく、お礼を申し上げる。引き続き徳山製造所の競争力強化とコンビナート各社への原料の安定供給に努めたい」と述べた。
 新しい装置は12月中に試運転を始め、来年の2月から商業運転に入る。同事業所は1957年に徳山製油所として操業開始し、2014年に原油処理機能を停止したが、周南コンビナートの原材料供給、石油製品の物流、石油化学製品の生産拠点となっている。

【きょうの紙面】
(3)鼓南地区の風景、行事のカレンダー販売
(4)「アメリカが記録した山口県の空襲」出版
(5)21日まで、笠戸島の大城に「鬼ゆずの湯」


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

30%お得、売り切れ間近

購入する人たち

しんなんよう応援チケット好評

新南陽商議

 周南市の新南陽商工会議所青年部(小早川淳司会長)発行の「コロナに負けるな!ムーンフェスタしんなんよう応援チケット」の販売が9日から始まった。
 30%のプレミアム付きで、500円券13枚のセットが5千円で購入できる。2千セットを用意したがこの日だけで1,300セット、10日も150セットが売れた。
 この日は学び・交流プラザの多目的ホールが会場。売り出しの午前10時には行列ができ、整理券を配って70人ずつ会場に入るようにした。1人5セットまで購入でき、5セット買う人も多かった。
 市内の小売、飲食、美・理容など86の加盟店でこの日から1月31日(日)まで使用できる。加盟店で押してもらうスタンプを集めると抽選会にも参加できる。
 10日からは同商議所で販売している。問い合わせは同商議所(0834-63-3315)へ。

【きょうの紙面】
(2)徳山駅前図書館の来館者が500万人に
(4)光商議所青年部に新規入会17人
(5)農山漁村女性学習会で環境保護学ぶ


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

初のJリーガー誕生!

左から高田学長、永畑さん、山本選手、中村監督

徳山大学サッカー部の山本選手がプロ契約
鹿児島ユナイテッドに加入

 周南市学園台の徳山大学(高田隆学長)男子サッカー部(中村重和監督、80人)で活躍する経済学部4年の山本駿亮選手(21)が、Jリーグクラブ「鹿児島ユナイテッドFC」へ加入することが決まり、8日、同大学で加入内定報告会が開かれた。
 同大学から直接プロサッカーチームに入るケースは初めてで、この日は、同FCの強化部スカウト担当の永畑祐樹さん、高田学長、中村監督が出席し、山本選手の新しい船出を喜んだ。
 山本選手は萩市出身。小学1年から地元のサッカークラブでプレーを始め、高川学園を経て同大学に入学。身長182cm、体重80kgの恵まれた体格を生かしフォワードとしてチームを引っ張った。
 2017年から19年まで全国大会の天皇杯に連続出場し、19年は中国リーグで25ゴールを決めて得点王に選ばれた。今年は6日に同大学で開かれた中国リーグ戦が最後の公式戦で、4位と健闘した。
 鹿児島ユナイテッドFCはJリーグに参入して5年目の若々しいチームで、所属リーグは2019年がJ2、今年はJ3。永畑さんは「どんなところからでもゴールを奪える決定力の高さが、山本選手の魅力。競り合いの強さ、懐の深いポストプレー、前線からの献身的な守備も評価した。山本選手とともにチームも成長していきたい」と期待を寄せた。 
 小さい頃からプロ選手を夢見ていた山本選手は「入団が決まりとてもうれしい。これから厳しい世界に挑戦していくが、この大学やこれまでのチームで学んできたことを生かしたい。1日でも早くピッチに立ち、1年目から得点王を狙いたい」と意気込んだ。

【きょうの紙面】
(2)やまぐちプレミアムフェリー券が完売
(3)浅江商店会が浅江小にベルマーク
(4)桜木野球スポ少親睦野球で徳山中央が優勝



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

周陽隣隣くらぶが活動開始1年

話し合う会議の参加者

百歳体操や“応援隊”
周南団地で、支え合いへ

 周南市の少子高齢化が進む周陽地区で、市民が共に支え合う地域づくりを目指す「周陽隣隣くらぶ」が昨年11月に発足した。百歳体操がすでに始まり、家事などを支援する“同地区生活人材応援隊”の準備も進められている。
 隣隣くらぶは市社会福祉協議会が市内の31地区に呼びかけている「第二層協議体」。市全体を「第一層協議体」と位置付けていて、第二層協議体はより地域に密着した活動を担当する。高齢化などが進む中、地域で最後まで生きるための仕組みづくりを目指している。すでに15地区で活動が始まっている。
 11月28日に月1回の隣隣くらぶの会議が周陽市民センターで開かれ、住民団体の代表や推薦された20人ほどが参加。隣隣くらぶの運営ルールなどについて話し合った。協議体の代表は孝田町新横浜自治会長、地区子ども会育成連絡協議会長の中原季人さん(73)。
 1年前から市の協力で始めた「百歳体操」ではラジオ体操を取り入れる動きも出ている。会議では高齢者の安否確認や、PRのための会報発行、移動販売などが話題になった。
 “応援隊”は支援を求める人、提供する人が会員。家の中の簡単な修理や電球の交換、布団干しや部屋の掃除、ごみ出しなどの手助けを想定している。
 同地区は戦後、造成された周南団地の徳山中央病院などがある中心部。9月現在の人口は4,762人、世帯数は2,566世帯。近年は人口減少、高齢化が進み、児童数が千人を超えていた周陽小も最近は200人以下になっている。

【きょうの紙面】
(3)周南市市民参画審議会が改善提案
(4)元プロ野球審判員が講演、実技指導
(5)中須にアマビエのイルミネーション



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

買い物商業地調査

40代以下は6割超が市外へ
周南市の1位はゆめタウン徳山

 下関市の山口経済研究所は、同研究所が発行している「やまぐち経済月報11月号」で、「県民の買い物場所の実態」調査の結果を公表した。周南市では、衣類やインテリア雑貨などの「買回り品」でゆめタウン徳山が2019年の前回調査から引き続き1位、食品や日用品などの「生活必需品」で近所のスーパーが1位だった。(表も同月報から)

 この調査は県内9都市の18歳以上が対象で、調査期間は2020年8月19日から9月24日まで。山口銀行の周南市の徳山支店、下関市の本店営業部、新下関駅前支店、宇部、山口、防府、柳井、岩国、萩、長門の各支店で調査票を配り、買回り品と生活必需品の購入で「よく行く商業地」をその場で記入してもらった。
 回答は950人で、男性が33.3%、女性が66.7%だった。


専門店のシェアますます低下

 周南市では、買回り品はゆめタウン徳山が全体で21.1%を占め1位だったが前回調査の28.1%からシェアを落とした。50代以上では26.9%が支持したものの、10~40代は16.1%で前回から10ポイント以上低下。
 2位は広島中心商業地で前回に比べて10ポイント超上昇して15.8%。10代~40代は2割を超え、前回の6%を大きく上回った。
 3位だったゆめタウン下松は前回と同じく3位で12.3%。10代~20代のシェアは19.4%を示したが50代以上は3.8%にとどまった。イオンタウン周南は前回の4.5%から8.8%とシェアを伸ばし順位も5位から4位に上昇。
 一方、ユニクロなど市内の専門店は、2017年の前々回が17.9%で1位、19年の前回が12.4%で2位、今回は7%で5位と年々シェアが低下している。
 この結果、周南市内の店舗のシェアは49.1%で5割を下回り、特に10代~40代のシェアは35.5%と宇部市の33.3%に次ぐ低さ。
 生活必需品は、近所のスーパーが40.8%で前回の37.9%からシェアを上げて1位、2位はゆめタウン徳山で前回の23.2%から23.7%に増えた。イオンタウン周南が15.8%、ゆめタウン新南陽とサンリブ下松がそれぞれ2.6%と続いている。

8市で近所のスーパーがトップ

 全体では、買回り品は、下関、山口、山陽小野田の各市で8割超が市内商業地を支持。それぞれ、市内の大型ショッピングセンターのシェアが高いことが主な要因。
 一方、隣接する広島県のシェアが高い岩国市、市外のおのだサンパークがシェアトップの宇部市、下関市や萩市への買い物客流出が目立つ長門市では、周南市と同様に4割台にとどまった。
 生活必需品は、周南市を含む8市で近所のスーパーマーケットがトップになっており、自宅から近い日常的な買い物場所として引き続き支持されている。
 ドラッグストアは各市で一定のシェアを確保していて、食料品、日用品、マスクなど充実した品ぞろえや価格の安さなどで特に若い世代がスーパー代わりに利用しているとみている。

【きょうの紙面】
(2)光市の森重副市長が任期満了で退任
(4)ツリーまつりでクイズラリー、ランプフェス
(5)二科会写真部山口支部公募展入賞作品


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

周南市感染拡大で本部会議

移動、帰省も「慎重な行動」を
誹謗中傷、差別、いじめ起こらない冷静さ要請

会議に出席した市の幹部

 周南市は4日、新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長・藤井市長)の会議を開き、今後の対処方針を決めた。市民に県境をまたいでの移動や、県外からの家族の帰省も慎重な行動を求めた。一方、イベントなどの取り扱いは国の基準に合わせ、クラシックコンサートなどは定員の100%以内とする判断指針を示した。
 同市ではこの日までの1週間ほどで13人が感染し、感染者が25人と倍増。13人は10歳未満から高校生、60代まで年齢層も幅広い。今回の会議はこの感染拡大を受けて開いた。
 対処方針は6項目。①市民への協力要請では、移動や帰省、会食への慎重な行動、対応▽感染防止対策の徹底▽医療従事者や感染者への誹謗中傷や心ない言動を慎み、冷静な対応を求めている。
 ②事業者、関係団体への協力要請では、周南料飲組合が認定している「安心安全優良店舗」などの推奨、③公共施設、市主催イベントなどの取り扱いはガイドラインを踏まえた感染防止策の徹底などに取り組む。
 ④学校などの対応は、可能な限り学校教育活動を継続▽子どもたちの心身の健康に適切に対応▽いじめや差別を防ぐための啓発活動を強化するとしている。⑤は市民などへの情報発信で「新しい生活様式」の普及・定着へ市民や事業所への周知▽接触感染アプリ(COCOA)のダウンロードと利用の周知に取り組む。⑥感染拡大に備えた対応は「地域外来・検査センター」の活用などPCR検査体制の強化▽インフルエンザ流行期に備えた医療提供体制の拡充をあげている。
 イベントはクラシック音楽、演劇、舞踊、伝統芸能など「大声での歓声・声援がないことを前提としうるもの」は定員の100%以内▽ロック、ポップコンサート、スポーツイベントなど「大声での歓声、声援が想定されるもの」は50%以内としている。
 ただ、全国的、広域的な人の移動が見込まれる祭りや、参加者の把握が困難なイベントは引き続き、中止を含めて慎重に検討するとしている。

市長が2日連続メッセージ

 藤井市長は3日、4日と2日続けて市民向けのメッセージを発表。3日は新型コロナウイルス感染症について「不安を増大させ、感染した方々だけでなく、その家族や近隣の住民に対する不当な差別やいじめなど、人の心まで傷つけるという大きな問題を生み出しています」と述べ「みんなで心をつなぎ、力を合わせてこの困難を乗り越えていきましょう」と呼びかけた。
 4日のメッセージは県外への移動、出張、家族の帰省に慎重な行動を求め「職員や市議会の皆さまとも一丸となって、国や県と連携しながら、これまで以上に対策の強化に取り組んでまいります」と表明。差別や誹謗(ひぼう)中傷、人が人を排除することなどが起こらないよう冷静な対応を求めた。

【きょうの紙面】
(3)キャッシュレスで20%還元、1月に第2弾
(4)9日からしんなんよう応援チケット販売
(5)山崎八幡宮で来年の破魔矢や熊手授与


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

伝統守ってこれからも

焼香する参列者

徳山中央婦人会が110周年記念追悼式
初代会長ゆかりの大成寺

 周南市の徳山中央婦人会(清水愛子会長)の創立110周年記念追悼式が11月21日、舞車町の大成寺で開かれ、約30人が参列した。1913年(大正2年)に徳山毛利家の毛利庸子さんを会長に徳山婦人会として発足した歴史があり、追悼式には徳山毛利家14代当主の毛利就慶さんが出席した。
 追悼式では同寺の堀江一道住職の読経、参列者の焼香があり、清水会長、近藤和代名誉会長が「婦人会に入る人が少なくなったが、名誉ある伝統を守っていきたい」と述べた。毛利さんもあいさつし、堀江住職が高村正大衆院議員、新造健次郎、友広巌両県議のメッセージを紹介した。最後に会歌を井筒美代子さんのリードで歌った。
 同会の初代会長の毛利庸子さんは徳山毛利家11代当主、元秀さんの妻で就慶さんの曾祖母。59年に徳山市中央婦人会、2003年3月に周南市誕生に伴って徳山中央婦人会と改称。徳山小学校区の婦人会として地域の行事への参加、交通安全運動や日赤奉仕団の活動、日帰り旅行など研修、5年ごとの節目には児玉公園に記念植樹など活発に活動している。

【きょうの紙面】
(2)周南市で4人感染、高校生や10歳未満も
(3)保険プランナーが募金百貨店で6万円
(5)光市で1人5千円の商品券の使用始まる


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

5千円で1万円分、6千世帯に

記者会見に出席した人たち

周南市民に“お年玉食事券”
20日まで・参加店募集

 周南市の市民が5千円で1万円分の食事券を購入できる「がんばろう周南!お年玉食事券」の販売が1月12日(火)から始まる。有効期限はこの日から2月26日(金)まで。販売は事前に申し込んで抽選で当選した6千世帯が対象で、購入は1世帯1セット。1月4日(月)から8日(金)までインターネットで申し込みを受け付ける。
 飲食店、食品販売の店舗の集客、消費の喚起などを実現する取り組み。周南料飲組合(山中健太郎組合長)と周南西料飲組合(安達浩司組合長)の主催、徳山、新南陽商工会議所、まちあい徳山、周南観光コンベンション協会の共催。
 1セットは千円券が10枚。総額6千万円分の食事券を3千万円で販売し、プレミアム分の3千万円は市が感染症経済対策として補助する。
 1日には山中、安達組合長、徳山商議所の宮本治郎会頭、新南陽商議所の佐伯哲治会頭、周南観光コンベンション協会の原田康宏会長らがそろって記者会見して概要を説明した。山中組合長が「周南が頑張るぞという強い気持ちで取り組みたい」と決意を述べた。
 抽選への参加は1月4日から8日まで、まちあい徳山のホームページから申し込め、12日にEメールで当選を通知する。
 購入は12日から31日(日)まで。平日は栄町の徳山商工会議所、土、日曜はみなみ銀座の「まる徳」2階の周南観光コンベンション協会で午前9時から午後5時まで。
 問い合わせは周南料飲組合(0834-22-1279)、まちあい徳山(33-9612)へ。

◇    ◇

 18日(金)まで取り扱い店舗を募集している。資格は市内に営業している店舗が実在している飲食店、食品販売、酒類を提供する店舗であること。洋菓子、パン店、旅館・ホテル、酒屋・土産店も含まれる。問い合わせはまちあい徳山へ。

お年玉食事券のチラシ

【きょうの紙面】
(2)ケーブルテレビのCCSの社長に橋本氏
(4)大ホールの入場制限して降松星太鼓演奏
(5)遠石八幡宮に来年のえと、牛の大絵馬


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

《徳山駅前再開発》

「もっと市民が憩えるスペースを」
「物販ではない展開を」
地元の専門家たちが提言

 周南市の徳山駅前地区市街地再開発がいよいよ始動しているが、なんとしても成功して欲しいと、このほど市中心市街地活性化協議会(中活協)の中で新たに再開発をテーマにプロジェクトチーム(PT)が作られ、再開発組合に対する提言のための会合が持たれた。第一線で活躍するメンバーで構成されたPTだけに、鋭い意見が続出、再開発組合がどう反応するか、注目を集めそうだ。

 中活協内のタウンマネージャー会議議長の黒神直大氏を座長に、建築家の石丸和弘氏や店舗デザイナーの白井紀行氏など周南地区の最前線で活躍するメンバーが集まり、「公共空間、気軽に集まれる場所が少ない」「そもそも商業機能で埋めていくのが正しいのか。検証しているのか」など厳しい意見が出された。全体的には、従来の商業施設のイメージではだめで、ゆっくり人々がくつろぎ、回遊できる空間を提案する参加者が圧倒的だった。次に開かれる中活協の会議で報告される。
 しかし、再開発組合(小野嘉久理事長)は、今からの設計変更はごくわずかしかできないとしており、商業ゾーンの運営にどう反映されるか、市民の関心を呼びそうだ。

主な提言(抜粋)

◎ハード面

「広場はあるが30坪ほどしか使えない。南側のマンションでビル風が強く、くつろげない」

「銀座通との連続性、開放性を持たせてほしい」

「駐車場棟があり、商業棟で完結して、人の流れが生まれない」

「小さい店の出店が欲しい。家賃10万円なら地域の人も出店できる」

「これからは、人が集う、交流機能が中心になる。商業時代ではなく、物を買うニーズがかなり減る」

「歩道から50センチでも1メートルでもセットバックして人が集える場所を確保して欲しい」

「駐車場は周囲に十分ある。ないことで人が歩いて回れないか」

◎ソフト面

「全国チェーンだけでは厳しい。物販はもっと厳しい」

「次世代時代のランドマークは建物ではない。人との交流やグリーンそのものがランドマークになる」

「新型コロナで人の感じ方が変わってきている」

「できるディレクターやプロデューサーがテナントを選ぶこと」

「車で来て、食べて帰るスタイルが定着している」


PT参加者(黒神座長以外)(敬称略)

石丸 和弘

1級建築士事務所「TIME」代表 18年グッドデザイン賞受賞

白井 紀行

店舗デザイナー「SOFA」代表 年間50店舗以上設計施工

飯田 恵子

ガーデンカフェ「日日」代表 周南観光コンベンション協会理事など

原田 伸夫

西京銀行地域連携部勤務 地域振興室長

沢田 達也

CCC勤務 徳山駅前図書館館長代理

小林 啓祐

徳山大学経済学部准教授 都市計画などを研究

佐々野裕太

白井紀行氏に師事 「SOFA」社員

上野 貴史

周南市産業振興部次長 中心市街地活性化推進課長



【きょうの紙面】
(3)1万5千人の27億円、違法に海外送金?
(4)人権の児童生徒作品で周南から8人入賞
(5)ボクマチミッションで練習の成果発表


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

“食”を通して居場所づくり

夜市で地域食堂「うぶすな」
地元の食材使って毎月開催

食事を楽しむ子どもたち

 周南市の夜市市民センターを会場に9月から月に1回の地域食堂「うぶすな」がオープンし、子どもたちが集まっている。今後は新型コロナウイルスの感染状況を見ながら高齢者にも参加を呼びかけ、「食を通した居場所づくり」を目指している。
 夜市地区の住民がこれからの地域に必要な活動をまとめた夢プランの「うぶすな」に盛り込まれている事業で、地域食堂「うぶすな」運営協議会(福原和子会長)が中心になって開催。
 11月28日には3回目が開かれ、子どもたちと20人ほどの大人のスタッフを合わせて60人が参加した。献立はハンバーグと大根、ニンジン、キャベツ、ミズナなど地元の野菜を使ったサラダ、スープ。室内では間を置いて座って食べたが、外のテラス席では子どもたちがテーブルを囲むように座ってにぎやか。
 一箱古本市をヒントに、有志が自宅にある児童書や絵本などを持ち寄る古本市も開かれ、益金は食堂の運営にあてている。食材は地域の住民が提供した野菜や、同センターの玄関に置いているフードポストに寄せられた食品も使う。
 新型コロナウイルスの感染防止に配慮しながらの開催だが、福原さん(69)は「何もかも中止になる中、大人の知恵で何か楽しいことをとこれだけは開いた。みんなでわいわい、ご飯を囲んでつながれればいい」と話している。
 参加費は大人300円、小中学生100円、幼児は無料。同センターの電話は0834-62-2707。

【きょうの紙面】
(3)屋外ステージのネーミングクライツ募集
(4)関西化研工業が銅イオンマスクを販売
(5)光市のつつじ園でカレンダーと土鈴販売


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html