一言進言

来年は希望を持てる年に

~コロナで始まりコロナで終わった1年~

コロナで始まり、コロナで終わる1年になりそうだ。年末でお店を閉めると言う声も漏れ聞こえる師走になった。終わりが見えないコロナとの闘いは、年配の経営者にはきつく、耐えがたいだろう。すでに閉店した店舗も何店かある。

東北の大震災も目を覆う光景を目のあたりにして呆然とした。「想定外」が流行語のように使われた。コロナ禍もまさに想定外だった。世界中がこの想定外の危機に直面して、実に多くの命を失った。また多くの人が職を失った。

国も地方自治体も懸命で救済策を練り出してきたが、この長丁場で息切れする人たちも続出した。周南3市でもそれぞれが救済策を打ち出した。中には「周南市はいいね」とうらやむ声が下松市や光市から聞こえた。周南市は第5弾まで救済策を打ち出したが、市の財政規模の違いは致し方なかった。

しかし、少々の救援策で満足に補えるわけもなく、不満はあちこちから沸き起こっている。ただ、そんな中、人気店は工夫もし、客足もコロナ禍前の手前まで戻っている。そうした店ではテイクアウトでも工夫をし、来店客へのサービスも今まで以上に気を使っている。

一体いつまで続くのかわからないが、たぶん来年夏ごろにはかなり落ち着くだろう。そろそろコロナ後を語る準備も始めるべきかも知れない。しかしそっくり元通りになるとも思えない。家族のきずなが深まった人もいるだろう。人とのつながり方が変わった人もいるだろう。人それぞれだが、生活様式の多少の変化はあっただろう。

来年はできれば3市が連携した、若者定住、少子化対策に取り組むスタートを切ってはくれまいか。帰省できなかった家族の関係、友人たちとの交流、これからの時代にはどれだけ大切かコロナ禍で教わった。周南3市の共同で、地元企業の就職ガイドブック作成や、空き家対策の推進など取り組むべき課題は明確だ。徳山大学の公立化による若者定住の流れも大きな力になるだろう。

子どもの医療費も3市が同じ基準で均一化を図ることも大切だ。将来を担う若者が定住することで、夢は大きく膨らむ。新しい年を迎えて希望を見出すことに集中することだ。コロナで鬱積(うっせき)した感覚を解き放す施策を模索しよう。我が社も新しい年に向けて、着々と準備を進めている。

今年一年、読者、スポンサーの皆様には、随分助けられた。来年の紙面で恩返しをしたい。ありがとうございました。

(中島