ヘッドラインニュース

大規模災害でも事業継続体制

ミヤハラがレジリエンス認証
県で3社目の取得

認証・登録証を持つ松原社長と同社の認証マーク


 周南市栗屋奈切のミヤハラ(松原忠彦社長)が11月30日、大規模な自然災害への備えを積極的に進める企業として、国が定める国土強靭化貢献団体認証(レジリエンス認証)を取得した。
 この制度は、阪神・淡路大震災、東日本大震災、西日本豪雨などの自然災害からの復興を踏まえ、災害や危機に強い国づくりを目指す国土強靭化の趣旨に賛同する企業や団体を認証するもの。2016年の認証開始からこれまでに全国では200以上の企業や団体が認証を受けているが、県内では3社目の認定。
 ミヤハラは社員53人で省力化機械、精密機械部品の設計や製作を手がける。近年では無痛針など医療機器の開発にも取り組んでいる。メーカーとして災害発生時の事業存続、継続を見すえ、調達先や製造場所の整備と確保を進めてきた。
 2018年5月に取引先のすすめでレジリエンスの勉強会に参加。以後、備蓄食料の確保と防災関連用具の保管に着目し、社内外の連絡網を整理して緊急時の役割分担を明確にした。自社だけでなく取引先が被災した時の対応策もマニュアル化し、仕入先からの材料受入と顧客への製品供給を止めないシステムを作った。
 松原社長(49)は「レジリエンス認証の取得で、自社が非常時に取るべき行動が明確になった。いざという時に取引先に安定供給できるよう、今後も備えを固めたい」と語った。

【きょうの紙面】
(2)周南市が消防団員、職員表彰
(3)郵便局巡る「風景印の旅」連載スタート
(4)光市で15日から電子図書館スタート


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html