ヘッドラインニュース

周南市のクラスター関係は40人に

[新型コロナウイルス]

15~17日に市内で20人感染
県内は16日に最多の37人

14日の周南市新型コロナウイルス感染症対策本で対策の徹底を訴える藤井市長

 県などは15日に19人、16日にこれまでで最多の37人、17日は17人の新型コロナウイルスの感染を公表した。このうち15日は3人、16日は14人、17日は3人が周南市。同市の感染者は121人、県内は833人になった。

 [15日]周南市の3人のうち2人はサービス付き高齢者向け住宅で発生したクラスター関係、1人が10代の学生の女性。
 同市のクラスター関係は、高齢者向け住宅の感染者の家族から感染したと見られる40代の会社員の女性と、感染者が入院していた湯野温泉病院の入院患者の80代の女性。80代の女性は中等症。40代の女性は無症状。
 クラスター関係では防府市在住の高齢者住宅に勤務する医療従事者の感染も確認されている。
 このほか岩国市が7人で10代の男性3人、女性1人、50代の女性、70代の女性2人▽下関市が3人で80代と20代の女性、50代の男性▽山口市が2人で30代と40代の男性▽宇部市も2人で20代と40代の男性▽山陽小野田市が1人で20代の男性。

 [16日]37人のうち14人が周南市の居住者で、13人がサービス付き高齢者向け住宅から発生したクラスターの関係者。このうち4人が同病院の職員、9人が患者。職員は20代、40代、60代の医療従事者の女性と30代の介護従事者の女性。40代の女性は無症状、4人は軽症。
 患者は100歳代の女性1人、90代の女性5人、80代の女性1人、90代の男性2人。このうち80代の女性の1人が中等症、90代の男性、女性1人ずつが軽症、100歳代の女性を含む6人が無症状。無症状の人などは移動のリスクを避けるため、同病院で療養している。同市ではこのほかすでに感染していた人の家族で30代の会社員の女性が感染した。
 このほか下関市が11人で、20代と30代2人ずつ、50代3人、60代の男性、20代、30代、50代の女性▽岩国市が6人で、10代2人、40代、70代の男性、20代と40代の女性▽山口市が2人で10代の学生の女性と、20代の学生の男性▽防府市で30代の男性▽宇部市で10代の学生の男性▽萩市で10代の学生の男性▽愛知県の40代の男性が感染した。

 [17日]周南市の3人のうち2人がクラスター関係で、同病院の入院患者の70代の男性と90代の女性。男性は軽症、女性は無症状。クラスター関係の感染者は40人になった。このほかこれまでの感染者の職場の同僚の50代の会社員の男性の感染が確認された。男性は軽症。
 他市は、下関市が8人で、女性が30代3人、50代、60代の計5人、男性が20代、30代、60代の計3人▽宇部市は2人で、20代の男性と50代の女性▽岩国市で10代の男性▽山口市で20代の女性▽山陽小野田市で50代の女性▽長門市で60代の男性がそれぞれ感染した。

【きょうの紙面】
(3)周南市木質バイオマス材利活用協発足
(4)東川ぼんぼりまつり実行委が全国表彰
(5)鼓南小・中の卒業式へ、キャンドル制作


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html