ヘッドラインニュース

周南市の高校でクラスター

剣道部員、指導者16人

県内で41人、ステージ3へ

 県などは26日、新型コロナウイルスに41人が感染し、このうち15人は周南市の高校の剣道部員などで、クラスター(集団感染)が発生したと発表した。県内の感染者は1,151人になった。
 クラスターの感染者のうち10代の部員が男子8人、女子6人の計14人、指導者の20代の女性が1人。居住地別では周南市が部員の男子6人、女子3人、指導者1人の計10人、下松市が10代の男子1人、防府市が2人、柳井、山口市が1人ずつ。部員たちは感染者の女子部員と接触していた。累計は16人になる。
 周南市のサービス付き高齢者住宅関連のクラスターでも50代の女性、40代の男性の病院職員、職員の家族の10代の男性、10歳未満の男子の計4人が感染した。このうち3人が周南市、1人が防府市在住。同クラスター関係の累計は69人になった。
 宇部市の病院のクラスター関連でも60代の職員の女性1人、60代と90代の入院患者の女性が感染した、累計は152人になった。
 周南市ではこのほか以前に公表された感染者の家族で70代の男性、女性1人ずつと30代の女性が感染。この日の同市の感染者は16人、累計は169人になった。下松市はこの日の1人で39人になった。
 このほかの市の感染者はクラスターを含め、山口、防府市が各7人▽下関市が6人▽宇部市が2人▽山陽小野田市、柳井市が各1人。クラスターの多発で感染者が増えていることから村岡嗣政知事は記者会見して「県内の感染状況はステージ3に移行した」と述べた。
 また70代の女性と90代の男性の感染者が亡くなったことも公表した。県内の感染による死亡者は11人になった。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html