ヘッドラインニュース

周南市内の高校クラスターは600人検査へ

部員と家族5人感染

 周南市内の高校でクラスター(集団感染)が発生したが、27日はこのクラスター関連では10代の剣道部員3人と感染した部員の家族2人の計5人の感染がわかった。26日にクラスター発生を公表した県は27日から29日まで3日がかりで、この高校の1、2年生全員など600人の検査を進めている。
 この日の感染者は県内全体で18人。高校のクラスター関連は周南、岩国、山口市在住の部員1人ずつと周南市に住む部員の家族の50代と40代の女性。周南市ではサービス付き高齢者向け住宅クラスター関連で90代の病院の入院患者の男性が感染した。周南市の感染者は4人増えて173人になった。
 このほか、山口市が7人で10代、60代、70代2人の女性と60代2人、70代の男性▽美祢市が60代の男性の1人▽下関市で50代の女性2人▽宇部市で医療機関のクラスター関連で70代の入院患者と20代の二次感染者の計2人が感染した。県内の感染者は1,169人になった。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html