ヘッドラインニュース

名匠・よみがえる切れ味!

包丁を研ぐ花田さん

宗家から「研ぎ師」免許証
手研ぎ「砥花」の花田さん


 機械を使わず刃物を研ぐ「手研ぎ」をなりわいとする職人が、周南市花陽の住宅街に工房を構えている。
 同市出身の花田祐司さん(33)は、「砥花(とぎはな)」の屋号で2017年11月から工房を営む県内でただ一人の研ぎ師。包丁、ハサミ、鎌、鉈(なた)など、切れ味が鈍くなった刃物を復活させ本来の切れを取り戻すのが仕事だ。
 地元の秋月小、中を卒業後、周防大島町の大島商船高専を経て、出光興産千葉製油所に就職。市内で金属加工会社を営んでいた父親が刃物を研ぐ姿を見て育った花田さんは、研ぎ師への憧れが募り26歳で退職し、2015年の年末に東京の研ぎ師、藤阿弥功将さんの門を叩いた。藤阿弥さんは、江戸時代から続く刀研ぎの流派「藤阿弥神古流」の宗家。
 修業は家庭用の三徳包丁から始まり、牛刀、片刃、出刃、柳の各種包丁へと難易度が上がる。大根の桂むきに使う薄刃包丁が最も難しく、一つを研ぎ終えるのに1カ月を要した。
 ハサミは文房具、剪(せん)定、枝切り、洋裁、美容用を研磨。手がけ、ノミ、カンナ、鎌など様々な刃物も手がけながら技術を磨き、2019年9月に、藤阿弥さんから晴れて「研ぎ師」の免状を受けた。2年弱での免状取得は8人いた同期の中でも早い方だった。
 大量生産で市販される包丁やハサミの刃は通常、機械回転式の砥石で仕上げる。使い込んで切れなくなった刃物に命を吹き込むよう、板の砥石に水をたらしながら刃物を押し当てるのが手研ぎだ。花田さんの手にかかれば、どんな刃物も切れ味を取り戻しよみがえる。研ぎ代は三徳包丁が800円、90ミリの出刃包丁が1千円、洋裁バサミが1,500円など(税込み)。
 工房では、九佐吉、Misonoなど、有名な包丁も販売。花田さんが1本ずつ研いで納得したものをそろえている。日本で唯一、包丁の柄の修復も手がける。
 今後力を入れたいのは美容バサミ。元々が高価なうえ、持ち主の使い方のクセが刃の摩耗に表れる。それだけに、一切妥協せず最高の研ぎを常に心掛けている。メーカーなどに研磨を依頼すると通常1週間から1カ月かかるところ、1日で仕上げてすぐに美容師の手元に戻すことができる。
 花田さんは「古い包丁も、研いで必ず切れるようにします。郵送、配達にも対応しているので、ぜひご連絡下さい」と呼びかける。

周南市花陽1-10-2
午前10時~午後7時
定休日:日曜、祝日
駐車場あり
電話:070-4343-7414
※2月一杯は工房新築工事のため、要問い合わせ




【きょうの紙面】
(2)下松市が消防関係の功労者49人を表彰
(4)5~7日、椿窯、美土里工房の陶びな展
(5)久保小で「亥の子つき」の行事体験


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

高校クラスター、部員以外の生徒は1人

サ高住クラスターも拡大
週末、県内は3日間で45人

 県などは1月29日、30日はそれぞれ14人、31日は17人の新型コロナウイルス感染を公表した。県内の感染者は1,235人になった。このうち周南市の高校剣道部で発生したクラスター関連で30日に3人、31日に2人の感染を公表し、このクラスターの感染者は31人になった。同市のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)のクラスターでは2人ずつ、計6人が感染して82人になった。各市別の感染者は周南市が189人、下松市は40人、光市は17人になっている。
 [29日]県内の感染者は14人。周南地域ではサ高住クラスター関連で50代の病院の職員の男性、女性1人ずつが感染した。高校のクラスター関連の感染者はなかった。
 山口市の職場内クラスターで10歳未満の男子2人、10代の男性、40代の女性、60代の男性、女性一人ずつの計6人▽宇部市で90代と80代の女性、40代の男性と、医療機関のクラスターで50代の入院患者▽下関市で50代の男性、90代の女性が感染した。70代の男性、女性1人ずつの死亡も公表した。
 [30日]感染者は14人。周南地域では高校の剣道部で発生したクラスターで、いずれも防府市の10代の女子部員1人と部員以外の男子生徒1人、周南市の部員の家族で60代の男性の3人が感染した。サ高住クラスター関連では病院職員の家族で70代の2人の感染を公表した。
 県は高校のクラスター発生後、1、2年生全員など600人を検査したが、部員以外の生徒の感染はこの日の男子1人だけにとどまっている。
 県内ではこのほか、下関市で10代、40代、60代の女性ばかり3人▽柳井市で50代の女性▽山口市で30代の男性が感染した。
 宇部市の医療機関のクラスター関連の感染者は4人で、50代の女性職員2人と60代と70代の男性の入院患者が感染した。このうち宇部市が3人、山陽小野田市が1人。
 またこの日、50代と90代の男性、90代の女性の3人の感染者が亡くなったことも公表した。
 [31日]県内の感染者は17人。高校剣道部のクラスターでは光市居住の男子部員、周南市の女子部員の2人が感染した。サ高住クラスターでは下松市居住の40代の職員の女性、周南市の80代の病院入院患者の女性の2人が感染した。
 周南市ではクラスター以外に以前の感染者の家族で40代の会社員の男性が感染した。
 このほか、宇部市で60代の女性と90代の男性、同市の医療機関のクラスター関連で、60代から90代の女性5人、男性3人の計8人の患者と、40代の男性▽山口市の職場のクラスター関連で40代の男性が感染した。
 また90代の男性、女性1人ずつが死亡し、死者は21人になった。

周南市のスポ少が対外試合中止
集団感染回避へ、2月末まで

 周南市スポーツ少年団本部(藤井秀尚本部長)は1月27日、各スポ少に対し、新型コロナウイルスの集団感染のリスクを避けるため、対外試合を2月28日まで原則として中止するよう要請した。
 県内でも連日、感染者が増加し、市内でも高校の部活動関係でクラスターが発生していることを受けての要請。練習については各スポ少の代表が責任を持って実施の必要性を判断するが、感染防止策の徹底、各協議のガイドラインに従った活動を求めている。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html