ヘッドラインニュース

ワクチン接種へ、全庁一丸

[新型コロナウイルス感染症対策]

周南市・集団接種は7会場で302回
職員3千人の動員計画

発言する藤井本部長


 周南市は2月26日、第16回新型コロナウイルス感染症対策本部会議(本部長・藤井市長)を開き、ワクチン接種に向け「全庁一丸となり、円滑かつ迅速な接種体制を構築する」ことを確認した。4月からの半年で、7会場で302回の集団接種を予定し、延べ3千人の職員などが事務などを担当する。
 会議の冒頭、藤井本部長は接種について「情報が少なく不透明な部分もあるが、情報を共有して接種の取り組みを進めたい」と発言した。その後、接種の概要を1月15日に設置した新型コロナウイルスワクチン対策室の室長を兼ねる貞本昌也健康医療部次長兼地域医療課長が報告した。
 16歳未満の市民などをのぞいた同市の接種対象者は12万4,515人。このうち7割、8万7,161人が接種を希望すると見ている。接種は1人2回ずつで、17万4,322回の接種が必要になる。
 接種方法は集団接種とかかりつけ医などによる個別接種。個別接種で5万回、集団接種で12万4,960回接種することを想定している。
 集団接種会場はキリンビバレッジ周南総合スポーツセンター、イオンタウン周南、ゆめプラザ熊毛、コアプラザかの、沼城小体育館(週末のみ)と、状況によって大津島中学校体育館、徳山保健センターにも開設する。
 1回に接種を受ける人数は180人から700人。従事する医療者は医師723人と、看護師1,025人。そのほか事務などに1会場3人から20人を配置する。
 3月中旬以降としていた高齢者への接種券郵送は3月下旬、4月以降としていた接種開始は国からの供給を待って4月12日以降になる。接種には予約が不可欠だが、接種券発送の時点で集団接種の日程が決まっていない場合もあり、その場合はホームページやチラシの折り込みなど「あらゆる手段」で周知する。
 同市はすでに2月22日からワクチン接種相談センター(0834-22-8838)を設置して問い合わせに応じている。

◇       ◇

 本部会議では12月から市内でゴルフコンペクラスター(集団感染)、サービス付き高齢者向け住宅クラスター、高校の部活動クラスターの3つのクラスターが発生し、2月25日までに238人が感染したことなど感染状況の報告もあった。
 「今後の対処方針」の見直しでは「ワクチン接種体制の整備」を追加して全庁一丸となって取り組むことと、市民への協力要請として、卒業式や入学式などの適切な開催方法の検討を働きかけることが追加された。
 歓送迎会も含め、会食する場合は少人数、短時間で、飲食する時だけマスクをはずし、会話の際にはマスクを着けるなど細心の注意も引き続き、働きかけるとした。
 教育委員会、こども・福祉部からは卒業式、卒園式などは時間を短縮して学校外からの参加を縮小し、3密を避けながら開くことが報告された。

【きょうの紙面】
(3)東京五輪聖火リレー、周南地域は5月13日
(4)徳山動物園写真コンテストの入賞者決定
(5)光高定時制卒業式で3人巣立つ



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

下関市で2人感染

県内が1,384人に

 県と下関市は2日、同市の20代の女性と60代の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は1,384人になった。