ヘッドラインニュース

山下医師会長「シミュレーション合格」

[新型コロナウイルス感染症 ワクチン接種対策]


下松市がワクチン接種へ予行演習
市職員が多彩な「市民役」に

 下松市は新型コロナウイルスワクチンの接種に備えた集団接種シミュレーションを27日、生野屋南の市地域交流センターで開き、接種に要する時間や会場の動線などを点検して、本番に向けた問題点を洗い出した。
 シミュレーションには下松医師会(86人)の山下弘巳会長ら医師32人と各医療機関の看護師52人、市健康増進課の職員や国井市長をはじめ接種を受ける「市民役」の職員計57人が参加した。
 開始を前に国井市長は「4月にも開始を予定している高齢者の接種を前に、体制に問題点がないかをチェックしてほしい」▽下松医師会の山下会長も「シミュレーションの結果を、より円滑な接種につなげよう」とあいさつした。
 シミュレーションは医師や看護師が見学する中、1階エントランスホールで受付、検温ののちに、多目的ホールで医師による予診を受け、看護師がワクチン接種するまで。市民役の市職員たちは「足が不自由」「耳が遠い」「書類不備」などの役も演じて臨場感いっぱい。副反応が発生したリハーサルでは、すぐに医師が駆けつけて問診や治療をし、救急車を手配した。
 シミュレーション後の意見交換会では、見学した医師や看護師から「化粧品のかぶれの有無も問診で聞いた方がいい」「薬液充てんコーナーは光が直接当たらない位置に置くべきだ」などの提案が出ていた。
 山下医師会長は「シミュレーションは合格だったと思う。市民に安心してワクチンの接種を受けていただくために、医師会としても全面的に協力していく」と話していた。

【きょうの紙面】
(3)県異動、東部技校、周南農林水産所長も
(4)光商議所青年部が卒会式、亡き友の遺影も
(5)岩田郵便局で郵便局の木「タラヨウ」満開



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

光市は4月14日から65歳以上スタート

[新型コロナウイルス感染症 ワクチン接種対策]


4月は先着690人
5月上旬から本格接種へ

 光市は26日、新型コロナウイルスワクチンの接種に向けた市川市長のメッセージを発表し、4月14日(水)から65歳以上の高齢者にワクチン接種を始めると明らかにした。
 それによると今月29日(月)から個別に接種の案内文書を郵送し、4月5日(月)から電話とインターネットで予約を開始。ワクチンの供給量が限定的な4月は先着690人に先行接種し、5月に入ってワクチンが安定供給されれば5月上旬から高齢者への接種が本格化できるという。
 高齢者以外の市民には6月中に接種の案内文書を郵送する。
 市川市長は「納得と安心をモットーに、市民の皆様が安心して接種いただけるよう、円滑なワクチン接種体制の整備を進めている。市民の皆様のご理解とご協力のもと“オールひかり”でこの難局を乗り越えましょう」と呼びかけている。
 問い合わせは市健康増進課新型コロナウイルスワクチン接種対策室(0833-74-3074)▽接種予約・相談コールセンター(74-0567)へ。



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

27日に周南市などで3人

3月下旬に変異株感染も

 県は27日、周南市の90代の女性と岩国市の20代の女性、山口市の60代の男性の合わせて3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。周南市の感染者は243人、県内は1,406人になった。26日と28日は新たな感染者はなかった。
 周南市の女性は市内で発生したクラスター関連の病院の患者で、2月8日に陽性になったあと、回復していたが、26日に発熱、はき気、おうとなどの症状があり、PCR検査で陽性が確定した。せき、たん、はき気の症状が里、軽症。
 山口の男性はこれまでに感染が公表されている人の家族。岩国市の女性の感染経路は不明。いずれも軽症。
 一方、村岡嗣政知事は28日、臨時の記者会見で、県環境保健センターでの変異株PCR検査で、変異株の感染者1人が見つかったと発表した。
 この感染者は3月下旬に発症し、症状は軽症。海外滞在歴はないが、発症直前に関西へ旅行に行っていた。今後、国立感染症研究所に検体を送り、遺伝子解析で変異株のタイプを確定する。