ヘッドラインニュース

情報発信の煙突をイメージ

沖本さんと決まったロゴ

周南市シティプロモーションのロゴ決定
応援隊の募集開始

 周南市のシティプロモーションのロゴマークが野村のグラフィックデザイナー、沖本道代さん(44)の作品に決まった。25日に藤井市長が記者会見して発表した。29日から「周南市こころつながる応援隊」の募集も始めた。

市民の投票で決定

 沖本さんの作品は「煙突から出る吹き出しで、周南市からたくさんの魅力を発信している様子を表現」したイラストと、シティプロモーションのキャッチコピー「ここから、こころつながる。周南市」で構成。
 モチーフは煙突と吹き出し、電波の受信状況などを表す記号。吹き出しに囲まれた真ん中の何もないスペースは「あなたの発信」が入る場所として空けてあるという。
 広島県出身。夫の転勤で周南市に住むようになった。現在はフリーランスのデザイナーで、ロゴや名刺、ホームページの作成などを引き受けている。
 昨年開かれたシティプロモーションの市民と職員によるワークショップに「にぎやかに市からの発信ができれば」と参加。集まった参加者からたくさんの周南市の魅力を教えられたが、受賞作は新幹線で徳山駅に帰ってきた時に見える煙突と煙をイメージして描いた。
 ロゴは3種類の候補作を選び、2月19日から3月10日まで、市内の公共施設とウェブサイトでの投票で決めた。沖本さんの作品は1,973票の有効投票のうち835票を集めた。市長は「いろんな場面で活用していきたい」と話し、ポスターや名刺、チラシなどに使って同市のPRに活用する。

関係人口100万人目指す

 応援隊は「みんなでまちを元気にしていくこと」を目指し、登録したメンバーは市や市民からの情報、イベント参加、グループへの誘いなど会員ならではの情報を受け取れる。メンバー同士の交流にも取り組む。市内、市外を問わず、個人だけでなく企業、団体でも登録できる。課題の解決にもつなげられる関係人口100万人ネットワークづくりを目指す。
 登録は無料。市シティプロモーション特設ホームページから申し込むほか、申し込み書を郵送、FAXで送ることもできる。問い合わせ、申し込みは〒745-8655・周南市岐山通1丁目1番地、周南市役所シティプロモーション課内の「周南市こころつながる応援隊事務局」(0834-22-8238、FA点22-8224)へ。

【きょうの紙面】
(3)普賢まつりが2年連続中止に
(4)コミュニティバス「長穂ほたる号」運行へ
(5)島田川協育ネット協に文科大臣表彰



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

春休み中、学生3人が感染

徳山大学

入学式は14日に延期

 周南市の徳山大学(高田隆学長)は30日までに学生3人が新型コロナウイルスに感染したことがわかり、4月2日(金)に予定していた入学式を14日(水)午前10時に延期した。危機対応レベルも2に引き上げて、9日(火)まで学内への立ち入りを原則として禁止している。
 感染した学生は県外居住で24日に発症した1人と、周南市に住むそれぞれ26日と28日に発症した2人。学生は、発症日以前は春休み中で、授業による不特定多数の学生との接触はないが、課外活動に参加していた学生がおり、接触した学生は自宅待機、濃厚接触者の学生はPCR検査を受けた。構内に入れない間も、学生はオンラインでガイダンスなどを受ける。



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

周南市の学生など6人

市内の感染者は245人、県内1,415人に

 県は30日、周南市の10代の学生など6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。周南市の感染者は245人になった。周南市関係では大阪府から同市の実家に帰省していた20代の学生の感染もわかった。このほか周防大島町、上関町、防府市、山口市で1人ずつが感染した。県内の感染者は1,415人になった。
 周南市の学生は29日に感染がわかった同市の学生の女性の友人。28日に咳、鼻汁・鼻づまり、のどの痛みなどの症状があり、29日にPCR検査で陽性を確認した。30日現在も発熱、頭痛、のどの痛み、けんたい感の症状があり軽症。2人とも徳山大学に通っている。
 大阪府から帰省していた男性は27日に鼻汁、鼻づまり、のどの痛み、頭痛、けんたい感の症状があり、29日にPCR検査で陽性を確認した。30日ものどの痛みがあり軽症。
 周防大島町は50代の会社員の男性で無症状。岩国市の感染者の同僚だった。防府市は20代のアルバイトの男性で感染経路は不明。防府市は60代の団体職員の男性でこれまでに感染した人の親族。山口市は60代の臨時職員の女性で、感染者の家族。いずれも軽症。



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

美容師4人で「来館100万人」に

国民宿舎大城“潮騒の湯”
「きれいな温泉で長生きを」

100万人目のくす玉を囲む美容師4人(左側)ら

 下松市笠戸島の国民宿舎大城(有吉良美支配人)の“大城温泉・潮騒の湯”の来館者が27日で100万人になり、大城を経営する市出資の市笠戸島開発センター(弘中佑児理事長)から100万人目の来館者を含むグループ4人に記念品が贈られた。
 大城温泉は2005年12月に開業し、翌年11月に10万人▽11年に50万人▽14年に70万人と順調に客足を伸ばして、大城自体が建て替えでリニューアルオープンした翌年の19年9月には90万人を達成した。
 昨年は新型コロナウイルス感染症拡大防止で4月から6月まで大城が休館になったが、再開後は入浴者数を男湯、女湯とも本来の45人から36人以下に制限するなどコロナ対策を徹底して営業を続けてきた。
 100万人目は下松市西豊井の松本良子さん(75)で、同、岡田則子さん(81)▽周南市戎町の佐竹レイ子さん(80)▽同岐山通の山本理子さん(74)と一緒に来館。4人とも美容師で「セレブ会」という仲良し会を結成しており、大城を毎月のように訪れて温泉や食事を楽しんでいる。
 記念セレモニーでは4人全員を「同列」の100万人目ととらえて、弘中理事長から館内利用券や市マスコット「くだまる」人形、星型のせっけんをプレゼント。国井市長からも花束が贈られた。
 松本さんは「大城温泉はとても清潔で、夕日の美しさを楽しみながら湯につかる素晴らしさは何物にも代えがたい。これからも長生きできるようにこの温泉に入り続けたい」と喜んでいた。

【きょうの紙面】
(3)光市国際交流連絡協が3月31日で解散
(4)和田中学が閉校式、「久遠の流れ」碑除幕
(5)福川南幼閉園、41年間に902人巣立つ



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

周南市の学生など3人

県内の感染者は,1409人に

 県は29日、周南市の10代の学生の女性、宇部市の30代の女性、山口市の10代の女性の合わせて3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。周南市の感染者は244人、県内の感染者は1,409人になった。
 周南市の女性は26日に頭痛があり、28日にPCR検査で陽性がわかった。29日現在もせき、のどの痛み、けんたい感があり軽症。広島県で陽性が確認された感染者と食事をしていた。
 宇部市の女性はすでに公表されている山口市の感染者の家族で、無症状。山口市の女性は26日に大阪で就職先の研修中から発熱、頭痛の症状があり、28日に県内でPCR検査で陽性がわかった。のどの痛みがあり軽症。

山下医師会長「シミュレーション合格」

[新型コロナウイルス感染症 ワクチン接種対策]


下松市がワクチン接種へ予行演習
市職員が多彩な「市民役」に

 下松市は新型コロナウイルスワクチンの接種に備えた集団接種シミュレーションを27日、生野屋南の市地域交流センターで開き、接種に要する時間や会場の動線などを点検して、本番に向けた問題点を洗い出した。
 シミュレーションには下松医師会(86人)の山下弘巳会長ら医師32人と各医療機関の看護師52人、市健康増進課の職員や国井市長をはじめ接種を受ける「市民役」の職員計57人が参加した。
 開始を前に国井市長は「4月にも開始を予定している高齢者の接種を前に、体制に問題点がないかをチェックしてほしい」▽下松医師会の山下会長も「シミュレーションの結果を、より円滑な接種につなげよう」とあいさつした。
 シミュレーションは医師や看護師が見学する中、1階エントランスホールで受付、検温ののちに、多目的ホールで医師による予診を受け、看護師がワクチン接種するまで。市民役の市職員たちは「足が不自由」「耳が遠い」「書類不備」などの役も演じて臨場感いっぱい。副反応が発生したリハーサルでは、すぐに医師が駆けつけて問診や治療をし、救急車を手配した。
 シミュレーション後の意見交換会では、見学した医師や看護師から「化粧品のかぶれの有無も問診で聞いた方がいい」「薬液充てんコーナーは光が直接当たらない位置に置くべきだ」などの提案が出ていた。
 山下医師会長は「シミュレーションは合格だったと思う。市民に安心してワクチンの接種を受けていただくために、医師会としても全面的に協力していく」と話していた。

【きょうの紙面】
(3)県異動、東部技校、周南農林水産所長も
(4)光商議所青年部が卒会式、亡き友の遺影も
(5)岩田郵便局で郵便局の木「タラヨウ」満開



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

光市は4月14日から65歳以上スタート

[新型コロナウイルス感染症 ワクチン接種対策]


4月は先着690人
5月上旬から本格接種へ

 光市は26日、新型コロナウイルスワクチンの接種に向けた市川市長のメッセージを発表し、4月14日(水)から65歳以上の高齢者にワクチン接種を始めると明らかにした。
 それによると今月29日(月)から個別に接種の案内文書を郵送し、4月5日(月)から電話とインターネットで予約を開始。ワクチンの供給量が限定的な4月は先着690人に先行接種し、5月に入ってワクチンが安定供給されれば5月上旬から高齢者への接種が本格化できるという。
 高齢者以外の市民には6月中に接種の案内文書を郵送する。
 市川市長は「納得と安心をモットーに、市民の皆様が安心して接種いただけるよう、円滑なワクチン接種体制の整備を進めている。市民の皆様のご理解とご協力のもと“オールひかり”でこの難局を乗り越えましょう」と呼びかけている。
 問い合わせは市健康増進課新型コロナウイルスワクチン接種対策室(0833-74-3074)▽接種予約・相談コールセンター(74-0567)へ。



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

27日に周南市などで3人

3月下旬に変異株感染も

 県は27日、周南市の90代の女性と岩国市の20代の女性、山口市の60代の男性の合わせて3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。周南市の感染者は243人、県内は1,406人になった。26日と28日は新たな感染者はなかった。
 周南市の女性は市内で発生したクラスター関連の病院の患者で、2月8日に陽性になったあと、回復していたが、26日に発熱、はき気、おうとなどの症状があり、PCR検査で陽性が確定した。せき、たん、はき気の症状が里、軽症。
 山口の男性はこれまでに感染が公表されている人の家族。岩国市の女性の感染経路は不明。いずれも軽症。
 一方、村岡嗣政知事は28日、臨時の記者会見で、県環境保健センターでの変異株PCR検査で、変異株の感染者1人が見つかったと発表した。
 この感染者は3月下旬に発症し、症状は軽症。海外滞在歴はないが、発症直前に関西へ旅行に行っていた。今後、国立感染症研究所に検体を送り、遺伝子解析で変異株のタイプを確定する。

フタバフルーツパーラー閉店へ

徳山駅前図書館1階、コロナで休業

休業中のフタバフルーツパーラー


 周南市の徳山駅前図書館などの駅前賑わい施設の1階の飲食施設で営業していたカフェのフタバフルーツパーラーが3月31日で閉店、撤退することがわかった。新型コロナウイルスの影響で2月6日から休業している。
 フタバフルーツパーラーは全国に店舗を展開しているが、同施設へは2018年2月の同施設オープン時から出店。旬の果物を使ったパフェなどが話題となった。
 飲食施設は南北自由通路に通じる階段のそばで駅南口広場に面しているが、閉店後のこのスペースの利用方法は未定。飲食店以外の用途に転用する場合は徳山駅前賑わい交流施設条例の改正が必要になる。東側は徳山駅前再開発の対象地ですでに工事が始まっている。

【きょうの紙面】
(4)山陽グローバルパートナーズが防災用品
(5)きらりほけんが陽子線治療の窓口に
(7)ソフトテニスの下松ジュニアから全国へ



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

防府市で20代の会社員

県内の感染者は1,403人に

 県は25日、防府市の20代の会社員の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は1,403人になった。
 感染した男性は24日に県が感染を発表した同市の40代の会社員の男性の家族で、無症状。