一言進言

これで良いのか優先順位?

~何よりワクチン確保を~

2021年度が始まる。新型コロナで明け、暮れた20年度だった。目に見えないウイルスにおびえ、恐怖した1年間だったが、収束は一向にまだ見えない。医療従事者へのワクチン接種が始まった。一般の人たちへの接種の見通しも立っていない。

高齢者から優先的に接種が始まる。周南市は大津島の島民が最初らしい。100歳以上の人も優先順位が高い。感染した場合の重症化や死亡する率が高いからだ。難しいテーマだ。誰から接種するかを決めるのは。一人親の人に聞くと、「私たちは感染するとたちまち子どもの食事も作ってやれなくなる。働かないとたちまち生活もできない」近くに子どもの世話ができる人がいないと、子どもはどうするのだろうか。

インフルエンザで死んでいく高齢者は減少していると聞く。命を守る順番はつけられない。子どもを飢えさせることを我慢して、高齢者を救うことを優先する。誰も文句を言えない。ある派遣社員は「私たちは感染すると同時に雇い止めになる。経済を動かす人が働けないとどうなるのか」と聞いてくる。

ある零細企業の経営者は言う「大企業は1人2人感染者が出ても大丈夫だが、うちんとこは感染者が出ると仕事すべてが止まって倒産じゃ」。悩みは尽きない。それでも重症化する確率が高い高齢者が先だ。インフルエンザで死ぬ確率より低くてもだ。先の一人親家庭が言う「お年寄りは出かけることも少ないのに。感染する率が高いのは圧倒的に若い人たちでしょ」。

ある医者が言う。「百歳以上の人を感染させるのは子どもからだ。風邪をひいても死ぬ確率高いから、接種でむやみに外に出さない方が良いかも」。なんとも百人百様思いがある。しかし、数が無尽蔵にあるワクチンではない。優先順位を付けざるをえない。高齢者から順番に、が無難なところだろう。しかし、たちまち子どもの世話をする人がいなくなる一人親家庭には、数があるなら並行して接種してあげて欲しいものだ。

と言う私は社内で接種優先順位1番だ。正直譲れるものなら子どもにでも譲りたい気持ちだ。私の周囲にも同じことを言うお年寄りは多い。いろいろな思いが交錯するワクチン接種だが、今でも予定が決まらない状況はどうなっているのか。ワクチン開発が進んでいない日本は情けない。優秀な研究者はどこに行った。国を守る基本を捨てて何にお金を使ってきたのか。次回はどんなウイルスが襲うのか。

(中島 

あれから10年!頑張れているか私たち

~日常で薄れる記憶~

「あーーっ」テレビ画面から流れる悲痛な叫び声と、妙にゆっくり感じる家や車が流されている映像は、未だに記憶が鮮明に残っている。あの日、珍しく周南市議会の記者席で、これまた初めての経験の百条委員会を傍聴していた。記者席がどよめき始め、東北で大変なことが起こっていると知った。あわてて車に戻り車中の小さなテレビを見た。どれくらい見ていたか記憶にないが、大変長く夢中で見ていた。

それから1カ月は毎朝、新聞をむさぼるように読み、夜はテレビの前から動けなかった。それはまだ記憶に強く残っていた17年前の阪神・淡路大震災の光景と比較する必要もないが、強烈さは異常としか言いようがなかった。震災から数日後たまたま徳山商工会議所で議員総会が開かれ、すぐに現地へ救援物資を届けようと決議された。当時の会頭は徳山海陸運送社長の藤井英雄さんだった。さっそくその徳山海陸の大きな倉庫を開放し、あっという間に倉庫いっぱいの救援物資が集まった。

救援物資を満載したトラックが出発したのが3月19日だった。被災から1週間余りで準備完了した。運転は現会頭の宮本治郎さんと現副会頭の原田康宏さんだった。現地ではガソリンもないだろうと山田石油の協力でタンクローリーも一緒だった。2人は一昼夜寝ずに運転を続け、寸断された道、がれきの山の中、翌日の夜に福島県の会津若松商工会議所にたどり着いた。もちろんタンクローリーの運転していた人も大変危険な思いをしていただろう。

戊辰戦争以来、宿敵と言われたこともあった長州から、いち早く救援物資が届けられて、会津の人たちは心から喜んでいたとの報告を聞いて、歴史を乗り越える多少の手助けができたのかと思ったことを思い出す。

あれから10年。日本中が悲しみに沈み、思いを寄せた東日本大震災だが、次々起こる各地での災害や、事件で日常の中から忘れないまでも、記憶の片隅になりかけている。災害も少ない、穏やかな瀬戸内の一角で生活している私たちは、もう少し踏ん張って良い地域にすることが、東北をはじめ災害をこうむった人たちへの応援歌になるのではないか。気持ちを新たにする3月だ。 

(中島 

県民と接触がない県庁マン

~戦前より怖い国家公務員?~

多くの国家公務員を志望する人たちは、青雲の志を持っていたに違いない。いつの間にかそのころの気持ちを忘れていくようになって、上司の顔色をうかがいながらの業務に追われるようになった。以前は国家公務員の不祥事は主に贈収賄がらみが多かった。最近はモリ・カケ問題始め、時の権力への忖度(そんたく)した結果の不祥事になっている。

昔、城山三郎作の「官僚たちの夏」という小説がよく読まれた。当時一人の男が夢を持ち、政財界の思惑や利害に左右されてはいけないと気概を持ち、次官まで昇っていく官僚の物語だ。映画にもなりヒットした。権力者のため人間一人が死んでもお構いなしに、公文書を改ざんした佐川宣寿元国税庁長官に是非この映画を見てもらいたかった。

もっとさかのぼれば、戦前はもっとひどかったと想像できる。軍部に逆らうことはご法度だったに違いない。日本人がこぞって戦争にまっしぐらに向かっていただけに、国家公務員の非力化はいかほどであったか。戦争が終わり、解放された公務員たちは大張り切りで仕事をしていたに違いない。しかし、ある意味、軍部への恐怖から服従した戦前よりも、今の自らの判断で権力者に忖度して、事実までをねじ曲げている公務員の方が怖い。

一方、地方公務員はどうだろうか。市役所の職員と、県庁の職員と違いが大きい。日ごろ県民と接触する機会がすこぶる少ない県庁マンたちは、実感として県民の存在を意識する度合いが少ない。知事を守るために県会議員にはやたら丁寧な対応をする。「先生」「先生」と持ち上げ、疑問を発する与党議員には即刻説明に伺う。決して議会で追及するような質問をしないように。新人県議の中には、何か錯覚して自分がえらく偉い人になった気になる議員も出る。

今回「県民不在!」と県の市民を全く無視した対応を取り上げた。徳山ポートビルの完成を、市民が見ることもないホームページに載せただけの処置に驚いたからだ。そこにはフェリーの乗客を一人でも増やし、経営を助けよう、観光客をもっと増やそうなどの発想はかけらもなかった。業者以外の県民と接する機会のない県庁マンたちの実態が如実に出た案件だった。

コロナで連日悪戦苦闘する保健所の職員を想うと、同じ公務員とは思えない県庁マンだが、すべての県庁マンではないことが救いだ。なぜ周南地区では期待の大きかった徳山ポートビルが、何の変哲もない物件になってしまったのか、周南市も含め、大いに反省すべきことは後日触れよう。やれやれと疲労感しか残らないポートビル騒動だった。

(中島