ヘッドラインニュース

教え子3人が技能優秀者に

佐々木さんの珠算塾から3年連続
「楽しく」をモットーに40年

 周南市遠石で40年以上、珠算塾を開いている佐々木小夜子さん(77)の教え子で、今春に防府商工高を卒業した清水舞さん(4段)が全国珠算教育連盟から珠算技能優秀者の表彰を受けた。同塾からの受賞は3年連続になる。

佐々木さん

 この表彰は、継続して珠算に取り組み段位を取得した高校3年生と高専5年生が対象。同連盟山口県支部が毎年3月、対象者が通う学校に表彰状とトロフィーを送り、学校から卒業式の日に本人に授与されている。
 同塾からはこれまでに、2019年は新南陽高の金重みゆさん(3段)、2020年は徳山高専の岡歩望さん(初段)が選ばれた。佐々木さんの長年の珠算の指導の中で、教え子が3年連続で受賞したのは初めてのこと。3人はそれぞれ小学校に上がる前から同塾に通い、コツコツとそろばんを続けてきた。
 佐々木さんは高校で珠算の2段を取得した後、一般企業に勤務。経理として業務をこなしている時に、高校時代の恩師から塾を開くことを勧められ、子どもたちへの指導を始めた。現在は珠算教育段位の9段を保持する。
 塾生全員が昇級、昇段の喜びを感じ、楽しんで珠算を続けられるよう、それぞれのペースに合わせて教えるのが佐々木さんの指導方針。これまでにバス遠足、クリスマス会なども開いてきて、塾生同士の親ぼくを深めることにも努めてきた。親子2代にわたって通う生徒もいる。
 現在は、若草町の遠石市民センター「万葉プラザ」で火、金曜の午後4時、速玉町の徳山社会福祉センターで月、木曜の午後5時から珠算を教え、社会福祉センターでは珠算の後に中学生向けの学習塾も開いている。佐々木さんは「これからも子どもたちの上達を支え、楽しくソロバンができる場所として塾を続けたい」と話した。
 塾の問い合わせ佐々木さん(0834-31-4519)へ。

【きょうの紙面】
(3) 光市のYIC専門学校跡は障害福祉施設に
(4) 東ソー、東洋鋼鈑、西行銀行で入社式
(5) 光市の身障者作業所つつじ園が閉園



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

ワクチン対策室を強化

[新型コロナウイルス感染症 ワクチン接種対策]

周南市・18人体制で準備

 周南市は1日、定期異動に合わせて新型コロナウイルスワクチン対策室を充実、強化し、専任6人と兼任の地域医療課、健康づくり推進課の職員12人を合わせて18人体制にした。地域医療課長が兼任している室長も異動で課長に就任した福谷直氏になった。
 同室は地域医療課内に設置。専任6人のうち2人、非常勤のうち4人は保健師。同市では3月31日に約4万8千人の65歳以上の高齢者に接種券を発送。ワクチンは県から1日現在、まだ届いていないが、4月17日と5月8日に大津島の全島民を対象に先行接種を予定している。
 集団接種会場としてキリンビバレッジ周南総合スポーツセンター、新南陽地区のイオンタウン周南、熊毛地区のゆめプラザ熊毛、鹿野地区のコアプラザかの、須々万地区の沼城小体育館を予定。個別接種を受けられる医療機関も4月中旬の公表を目指して調整している。
 接種相談センター(0834-22-8838)を2月22日から、ワクチン接種予約センター(32-0567)を3月15日から開設している。ただ接種の日程などが確定しないため、予約は受け付けていない。



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

周南市で1人感染、249人に

県内は3日間で17人

 県などは2日に6人、3日に8人、4日に3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。周南地域では3日に周南市で1人が感染した。同市の感染者は249人、県内は1,438人になった。
 [2日]宇部市で4人、岩国市、下関市で1人ずつの計6人。宇部市の4人のうち、40代の医療従事者の女性、20代の病院職員の男性は1日に発表があった医療従事者の感染者の同僚、50代の男性は家族。10歳未満の女児は別の感染者の家族。
 岩国市の感染者は10代の学生で、滋賀県の陽性患者の関係者。下関市の感染者は20代の男性で学生。
 [3日]下関市で3人、岩国、周南、防府、山口、宇部市で1人ずつの計8人。周南市の感染者は30代の自営業の男性で、3月27日に発熱、せき、のどの痛みの症状があり、2日のPCR検査で陽性が確定した。3日現在も発熱、頭痛の症状があり、軽症。最近、大阪府を訪れていた。
 岩国市は20代の公務員の男性、防府市は50代の会社員の男性。感染経路はわかっていないが、岩国市の男性は広島県、防府市の男性は北九州市を訪れていた。
 山口市は40代の男性の会社員で、防府市の男性の同僚。宇部市は30代の会社員の男性で以前に発表があった感染者の家族。下関市は20代の教職員の男性と、いずれも80代の男性と女性が感染した。
 [4日]下関市、宇部市、和木町で1人ずつ。下関市は30代の飲食店勤務の男性、和木町は10代の女性で学生、宇部市は60代の病院職員の男性。この男性はこれまで感染が発表されている医療従事者の同僚。



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html