ヘッドラインニュース

ゲーム仲間からクラスター

[新型コロナウイルス]

若者、子どもの感染拡大

16~18日・周南3市で31人、県内68人

 県は17日、新型コロナウイルス感染のクラスターが周南保健所管内の飲食店で開かれたインターネットを介して知り合ったゲーム仲間の集まりで発生したと発表した。このクラスター関係の感染者は16日に発表した感染者のうち2人、17日は18人、18日は2人で計22人になった。
 県内の感染者はこのクラスターの関係者を含めて16日に18人、17日に37人、18日に13人で、3日間で68人。累計は1,553人になった。10歳未満の子どもの感染も目立ち、68人のうち30歳未満が44人と3分の2を占めた。
 周南地域は、16日に下松市で2人、周南市でクラスター関係の1人▽17日はクラスター関係で周南市で11人、光市で2人、下松市で1人、クラスター以外に周南市で5人、光市、下松市で2人ずつ▽18日は周南市で3人、下松、光市で1人ずつの感染がわかった。
 3日間の周南地域の感染者は31人。周南市は20人増えて272人に、下松市は6人増えて50人に、光市は5人増えて23人になった。

飲食店で深夜、未明まで

 クラスターは同保健所管内の飲食店に集まり、ゲームや食事をした30人の中で発生。10日は20人が午後5時から翌日の午前4時まで、11日は15人が午後8時から午前0時までの間、集まった。周南地域以外は山口市の4人、岩国市の2人、山陽小野田市の1人が感染した。
 22人のうち21人が20代の会社員、医療従事者、介護職員など。男性が17人、女性が4人。あとの1人は感染者の家族の40代の女性1人。
 [16日]クラスター関係以外は16人。下松市の感染者は30代の施設職員の女性と10代の学生の女性。感染の経路はわかっていない。
 そのほか、下関、宇部、防府市、和木町でいずれも3人、山口市、岩国市で1人ずつが感染した。宇部市の3人は10歳未満の女児2人と男児1人だった。防府市でも3人のうち1人は10歳未満の女児。
 [17日]クラスター関係以外は19人で、周南市がこのうち5人。40代の女性の会社員と10歳未満の女児、10代の学生の女性の家族3人、30代と40代の会社員の男性が感染した。
 光市は2人で70代の会社員の女性と20代の学生の男性。70代の女性は山形県の陽性者の関係者。下松市も2人で70代の自営業と男性と10代の学生の男性。学生はこれまでの感染者の関係者。
 このほか、下関、岩国、宇部市で2人ずつ、防府、山口、和木町で1人ずつと、福岡県在住の1人の感染が公表された。宇部市の1人は10歳未満の男児だった。
 [18日]クラスター関係以外は11人で、周南市の3人は20代の会社員の男性、60代のアルバイトの女性、10代の学生の男性。学生はこれまでの同市の感染者の関係者。下松市は10代の学生の女性で山口市の感染者の関係者。光市も10代の学生の男性で、同市の感染者の関係者。
 このほか、防府市、宇部市で2人ずつ、岩国市、山口市で1人ずつが感染した。宇部市ではこの日も10歳未満の男児が感染した。

ボートレース徳山関係者感染

 県内の感染者のうち1人が周南市のボートレース徳山で審判業務に従事している関係者だったことがわかり、ボートレース徳山は18日から20日までのレースの中止を17日に発表した。今節は16日から20日までの予定だった。23日から始まる次節の開催は未定。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html