一言進言

怒りの矛先は首長に?

~高齢者のイライラが大増幅か?~

大体、齢を取ると気が短くなる人が多い。役所のカウンターなど窓口で大きな声で叱責しているのはお年寄りの男性が多い。長時間待たされるのが我慢できないようだし、ちょっとしたミスが許せなくなる。もちろん若いころは気性の激しい人が、逆に年を重ねて温厚になる人もいる。

全国で高齢者向けワクチン接種が始まった。光市ではわずか690人分をめぐって多くのお年寄りが応募した。先の東京都の八王子市での模様が全国で評判になったが、同じように朝から電話をかけ続けた高齢者が続出した。1時間もしないうちに締め切られたが、接種予約できなかった高齢者の不満はたまった。

光市在住の知人から電話があった。「中途半端な応募者募集には頭にきた。次の予定もあてにならんし、年寄りを馬鹿にしている」怒りの声は話すほどに大きくなる。こんな光景が全国で起こっているだろう。ほんのわずかなワクチンをめぐってお年寄りの気持ちをもて遊ぶかのような状態だ。

テレビで見る河野太郎ワクチン接種担当大臣の顔つきが悪くなってきた。思うように入らないワクチン担当になって、さぞや気持ちもつらいのだろう。「入る、入る」詐欺のような発表で国民もあきれている。先進国と威張っていたら、欧米に比べて数%しかワクチンを入手できない日本の有様に、日本が置かれている世界の中の立ち位置が思い知らされた。

全国でお年寄りはつながらない電話にイライラした上、ネットでの応募がままならないことでますますイライラは増幅していることだろう。怒りは政府に対してより、窓口の地方自治体に向かう。全国の首長へ怒りの矛先は向いていく。これから本格的な接種が始まるが、5月に充分な量が確保できるのだろうか。

報道の怖さも今回は際立つ。私の周辺でも接種を拒否する人が何人かいる。何万人に1人か2人の重い副作用が出たら、副作用が強調されて確率には力を入れない報道が多すぎる。女性に副作用が多いと報道されると、怖がる女性が少なからず現れる。予防接種には必ず特異な例が出る。ことさら強調しない報道が大切ではないか。私は血糖値が高いが、必ず接種する。

(中島