ヘッドラインニュース

光市・下松市ワクチン接種対策

光市[コロナウイルス感染症ワクチン接種対策]

ネット予約サポートコーナー開設へ
ワクチン本格接種へ対策会議
高齢者接種「7月中旬に完了見込み」

あいさつする市川市長

 光市新型コロナウイルス庁内対策本部(本部長・市川市長)の第12回会議が19日、市役所で開かれ、5月10日(月)から7月17日(土)までの65歳以上の高齢者に対するワクチン接種計画が明らかになった。
 この日の会議は22日に予定していたが、17、18両日に市内で2カ月ぶりにコロナウイルス感染者が確認されたため、急きょ繰り上げて開いた。会議には市川市長、吉本英夫副市長ら特別職や、部長級職員、健康増進課や新型コロナウイルスワクチン接種対策室の担当職員らが出席した。
 高齢者へのワクチン接種計画は同対策室の田中満喜室長が発表した。それによると対象者18,759人中、6,385人は基本型接種施設(大和総合病院、河村循環器神経内科、光総合病院)▽8,385人はサテライト型接種施設(20医療機関)で接種。さらに2,100人はあいぱーく光での集団接種▽1,889人は高齢者施設での接種を想定している。
 一方、26日(月)午前8時半から始まる接種の予約受け付けに向けて、5日の先行予約時の反省点から改善策も示した。
 予約の受け付け体制は、名鉄観光サービスに業務委託しているコールセンターの電話回線を現在の8回線から17回線にし、オペレーターも現在の8人から16人に増員する。
 インターネットによる予約の推奨へ、あいぱーく光内に「インターネット予約サポートコーナー」を設け、情報推進課の職員などIT機器の操作に明るい若手職員8人を配置して、予約希望者の手持ちのスマートフォンや携帯電話での予約の操作をサポートする。
 市ホームページには予約できる期間や枠の件数を表示し、国からのワクチンの供給量に応じて随時更新し、状況に応じて予約期間を修正していく。
 市川本部長は「先行接種の予約受け付けでは電話回線が混み合って市民の皆さんには大変なご迷惑をおかけした。26日からの予約受け付けでは全庁的な職員応援体制を充実させ、強化する」と述べ「国からのワクチン供給が順調に進めば、接種を希望する高齢者の皆様には7月中旬には2回の接種が完了する予定であり、どうぞ安心してほしい」とメッセージを発表した。
 問い合わせは同対策室(0833-74-3007)▽ワクチン接種コールセンター(74-0567)へ。

下松市[コロナウイルス感染症ワクチン接種対策]

初日は4,120人が予約
ワクチン接種・大半はネット予約
本庁でスマホなどの操作手助け

市役所本庁の予約サポートコーナー

 下松市は19日から新型コロナウイルスワクチン接種の65歳以上の高齢者を対象にした予約の受け付けを、電話とインターネットで始めた。市新型コロナウイルスワクチン対策室によると、この日は4,120人の予約を受け付けた。
 同対策室によると、当面は5月6日(木)から26日(水)までの市保健センター▽久保公民館▽花岡公民館▽米川公民館▽中村総合福祉センター▽生野屋南の市地域交流センターと、29日(土)の江の浦の笠戸島公民館での接種を予約の対象にしている。
 29日までの定員5,932人に対するこの日の予約率は69.5%だった。電話での予約は8回線で受け付けたが、約95%はインターネットによる予約で占められたという。
 市は当面、本庁1階ロビーにインターネット予約をサポートするコーナーを設け、同対策室の職員を派遣して予約希望者のスマートフォンや携帯電話から接種を予約する高齢者の操作を手助けする。
 接種の予約や問い合わせは同対策室コールセンター(0833-45-0567)へ。

【きょうの紙面】
(2)クラスター発生で飲食店に感染予防要請
(4)「パン豆本」発刊、周南、光市の店も
(5)朝日屋が75周年ギフトキャンペーン

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

周南市で8人、光市で1人

県内は23人感染

 県は20日、新型コロナウイルスに感染した23人を公表した。周南地域では、周南市で8人、光市で1人が感染した。周南市の感染者は287人、光市は24人、県内では1,593人になった。
 周南市の感染者は40代の会社員の男性、40代のアルバイトの女性、10歳未満の女児1人と男児2人、30代の会社員の男性、60代の会社員の女性、60代の無職の男性。
 このうち10歳未満の男児の1人が無症状で、そのほかの7人は軽症。40代の会社員の男性を除いては家族や親族から感染した。この会社員は感染経路不明。
 光市は50代のパートの女性で、軽症。感染経路はわかっていない。
 このほか、岩国市が5人で20代、30代、60代、80代の女性と70代の男性▽防府市が4人で、30代、70代の女性と20代、30代の男性▽下関市も4人で、30代の男性2人と60代の男性、40代の女性▽和木町の10歳未満の男児が感染した。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html