ヘッドラインニュース

下松市で30代の女性

県内は12人が感染、1,485人に

 県などは15日、下松市の30代の会社員の女性と防府市で5人、岩国市で4人、宇部、下関市で1人ずつの計12人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。下松市の感染者は44人、県内の感染者は1,485人になった。
 下松市の女性は13日にせき、頭痛の症状があり、14日にPCR検査で陽性が確定した。15日現在ものどの痛み、けんたい感の症状があり軽症。
 この女性の感染の経緯は不明だが、そのほかの11人はすべて経路がわかっている。
 防府市の感染者は50代の会社社長の男性、50代の会社員の女性、70代の無職の女性、70代の無職の男性、40代の会社員の男性。いずれもこれまでの感染者と同じ職場や仕事上で関係があった人、家族。
 岩国市は10代の学生の男性、50代と20代の公務員の男性、50代の団体職員の女性。このうち公務員の2人は東京都の感染者の関係者。
 宇部市は20代の団体職員の女性で、陰性確認後、再検査で陽性が確認された。下関市は20代の会社員の男性で、熊本県の陽性者の関係者。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html