ヘッドラインニュース

わずか数秒、痛みなし!

光市【コロナウイルス感染症ワクチン接種対策】

先行分のワクチン接種始まる
初日は130人が受ける

ワクチン接種を受ける男性

 光市の65歳以上の高齢者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの接種が14日から始まった。この日は市内の13の医療機関で計130人が接種を受けた。
 今回の接種は5日に予約を受け付けた690人限定の先行分で、対象者約18,500人中約3.8%。予約はわずか55分で終了するほど殺到した。
 この日、接種の様子の取材を希望する報道機関は、市医師会の「接種に支障をきたさないように」との要望から「1医療機関当たり1報道機関」に限定して市が取材先を調整。9社が取材を希望し、本社は浅江のやまて小児科・アレルギー科(山手智夫院長)での取材が割り振られた。
 同院では午前11時半から接種が始まり、1人当たりの接種時間はわずか数秒だった。岩狩の金近伸郎さん(77)は「全く痛くなく、あっという間の接種だった」とほっとした表情で「たくさんの人がワクチンの接種を受ければ受けるほどコロナ禍の収束が進む。一日も早くコロナ以前の暮らしに戻ることをひたすら願っている」と話していた。
 山手院長(59)も「コロナ禍の収束に向け、ワクチン接種を通じて地域に貢献していきたい」と話していた。
 同市では21日(水)と22日(木)も市内6医療機関で計410人▽27日(火)はあいぱーく光で150人にワクチンを接種する。2回目の接種は5月に1回目と同じ医療機関で接種を受ける。
 5月10日(月)前後から始まる高齢者への本格接種は、予約を今月26日(月)午前8時半から電話(0833-74-0567)▽インターネットで受け付ける。電話は日曜、祝日を除く午前8時半から午後5時15分までだが、インターネットは24時間対応。
 問い合わせは市新型コロナウイルスワクチン接種対策室(74-3074)へ。

インターネット(接種予約)https://jump.mrso.jp/352101/

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html