ヘッドラインニュース

周南市は2日間で21人

下松市でも4人、光市は2人

県内は59人が感染

 県などは28日に26人、29日に33人の新型コロナウイルス感染者を公表した。周南地域では、周南市の感染者は28日が6人、29日が15人▽下松市は28日が2人、29日も2人▽光市は28日に2人。周南市の感染者の累計は328人で下関市を抜いて県内の市町で最多。下松市は77人、光市は28人になった。県内は1,823人になった。90代の男性の死亡も発表した。県内の死亡者は44人目。
 [28日]周南市の6人は、20代のアルバイトの女性、70代の無職の女性、60代の会社役員の男性、30代のアルバイトの女性、10代の学生の男性2人。
 会社役員の男性は同僚、30代のアルバイトの女性は家族、10代の学生2人は熊本県在住で周南市に帰省してきた感染者からの感染。20代のアルバイトの女性、70代の女性は感染経路がわかっていない。
 下松市は40代の会社員の女性、70代の無職の女性。70代の女性は家族からの感染。40代の女性は感染経路がわかっていない。
 光市は10代の学生の女性と20代の会社員の女性。2人は家族で、10代の女性から20代の女性へ感染したが、10代の女性の感染経路はわかっていない。
 下関市は6人で、10代から80代の女性5人と50代の男性▽岩国市は4人で、20代と90代の男性、20代と90代の女性▽山口市は2人で20代と60代の男性▽防府市も2人で10代と70代の男性▽山陽小野田市で20代の女性▽宇部市で70代の女性が感染した。
 [29日]周南市の感染者は、男性が50代、60代、20代の会社員、10代の学生、70代の自営業2人、40代の自営業の7人。女性が30代の団体職員、10代の学生2人、70代の無職、40代のパート2人、20代の学生、20代の会社員の8人。
 このうち、50代、20代の会社員の男性と40代のパート女性の1人は同僚からの感染。70代の無職の女性は家族、もう1人の70代の自営業の男性、40代の自営業の男性、40代のパートの女性、10代、20代の学生の女性、20代の会社員の女性の6人も家族、30代の団体職員、10代の学生の女性、同じく男性の3人は別居の家族からの感染。そのほかの2人は感染経路がわかっていない。
 下松市は20代の会社員の男性と、10歳未満の男児。2人とも家族からの感染で、PCR検査で一度は陰性だったが再検査で陽性になった。
 そのほかの感染者は、下関市は5人で、10代、30代の女性、10代と40代の男性2人▽岩国市は4人で、70代の女性、20代の女性2人、80代の男性▽防府市は3人で、70代の無職の男性2人、70代の女性▽山口市は3人で、いずれも10代の学生の男性1人と女性2人▽防府市も3人でいずれも70代の無職の男性2人と女性1人▽田布施町は20代の会社員の女性が感染した。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html