ヘッドラインニュース

5,546人の第2回接種予約始まる

接種予約を手助けする浅本会長(左)と原田事務局長

下松市[新型コロナウイルス感染症ワクチン接種対策]

ネット枠は20分でいっぱいに
市や老人クがネット操作手助け

 下松市は21日、新型コロナウイルスワクチンの65歳以上の高齢者の接種の予約を再開したが、予約枠の5,546人のうち、インターネット予約枠の2,773人は午前9時の受け付け開始から20分でいっぱいになった。同じ2,773人の電話予約枠は、電話による予約自体が時間を要するため、この日の受付終了までに完了しなかった。(山上達也)

高齢者「本当に確実に打てるのか」

 第2回予約は27日から6月11日までの集団接種▽6月5日から18日までの個別接種が対象。市は下松医師会の協力を得て「いつでも打てる」という接種体制は構築しているが、国からのワクチン供給が遅れがち。
 この日、市はインターネットの操作に不慣れな人を対象に市役所本庁1階に予約サポートコーナーを設けてパソコン5台を備え、複数の部長級職員やパソコンの操作に詳しい職員らを動員して予約の手助けをした。
 しかし20分でインターネット予約枠がいっぱいになったため、順番待ちで並んだ高齢者から苦情が続出する事態になった。
 市は前日、予約サポートに長い行列ができることを想定して本庁玄関前に誘導コースを設置。この日の朝一番の人は午前6時から本庁玄関前に並び、予約開始の9時には100人近い高齢者が行列を作ったという。
 予約できなかった人は「きょう予約できなかったらいつできるのか」「コロナワクチンを本当に確実に打てるのか」などと職員に質問し、応援で動員された部長級職員らが丁寧に応対していた。


旗岡老人ク、玉鶴がスマホ予約サポート

 一方、旗岡のシニアクラブ(老人クラブ)の旗岡第一きらめきクラブ(西川郁子会長、31人)と旗岡第二きらめきクラブ(浅本輝明会長、28人)はこの日朝、旗岡第一集会所で「第1回スマートフォン研修会~コロナワクチンの予約を学ぼう!」を開いた。
 参加したのは70歳から90歳までの男女28人。スマホを持参した人が大半だが「スマホの電話以外の機能は使ったことがない」という人も多かった。
 浅本会長(71)や、シニアクラブ下松(旧市老人クラブ連合会)の原田孝久事務局長(71)ら“講師役”3人が参加者の持参したスマホを使って、市から参加者に届いている接種券を見ながら予約の入力を手伝った。
 参加者の一人は「おかげ様で予約が取れてほっとした。何の心配もなく孫に会える」と喜んだ。市議も務める浅本会長は「どうしたら少しでも早く安心して接種を受けてもらえるか、クラブとしてできることを考えた。この研修会はこれからも定期的に続けていきたい」と話していた。
 この日は西市の下松老人福祉会館・玉鶴でも、ITに明るい頼本健一館長(78)が希望者5人にスマホによる予約の入力をサポートして喜ばれた。
 下松市の次の高齢者向けの接種予約は6月4日(金)から受け付ける。問い合わせは市新型コロナワクチンコールセンター(0833-45-0567)へ。

【きょうの紙面】
(2) 光商議所女性会の会長に平島さん
(4) テイクアウトに1kgのローストビーフ
(5) 徳山ユネスコ協会総会で弦楽5重奏

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

周南市7人、下松市4人、光市3人

21~23日・県内は127人感染、2,736人に

 県などは21日から23日までの3日間で新型コロナウイルスに127人が感染したと発表した。周南地域では周南市で7人、下松市で4人、光市で3人で、累計は周南市が402人、下松市が108人、光市が39人になった。県内の感染は、2,736人になった。21日に80代の男性、22日に80代の女性の死亡が公表され、死者は57人になった。


 [21日]県内で36人が感染し、そのうち周南、下松、光市はそれぞれ1人ずつ。下松市は10代の学生の男性で同市の民間学習指導事業所クラスター関連。軽症。このクラスターでは岩国市で60代の女性が二次感染していて感染者は10人になった。
 光市は20代の会社員の男性、周南市は70代の無職の女性。いずれも軽症で、感染経路は不明。
 宇部市は9人で、10代から70代の男性5人と、10代2人、30、70代の女性▽下関市は8人で、10代から80代の女性5人と、30代の男性3人▽防府市は6人で、30、60、70代の女性と、40代と60代2人の男性▽山口市は5人で10歳未満2人、50代の男性と30、50代の女性▽岩国市は2人で、60の女性と50代の男性▽柳井市で60代の女性▽田布施町で10代の女性▽長門市で50の男性が感染した。

 [22日]36人が感染した。周南地域は、周南、下松、光市とも各2人が感染。下松市はいずれも20代の会社員の男性とアルバイトの女性で、2人とも軽症。男性は友人からの感染、女性は感染経路不明。
 光市は60代の無職の女性と50代の自営業の女性。60代女性は軽症、50代女性は無症状。2人とも家族からの感染。
 周南市はいずれも40代の会社員の男女で家族。2人とも軽症。別居の家族から感染した。
 防府市が8人で20代から60代の男性5人と70代の女性3人▽下関市は7人で、10代の子ども1人と、10代、20代2人、90代の女性、40、80代の男性▽宇部市は5人で40、50、70代の女性と60代の男性2人が感染した。
 山口市は4人で、20、70、80代の女性と60代の男性▽岩国市も4人で20、30代の男性と40、60代の女性▽和木町は2人で10代未満の男児と30代の女性が感染した。

 [23日]55人が感染した。周南地域は下松市で1人、周南市で4人。下松市の1人は10代の学生の女性で、同市の民間学習指導事業所クラスター関連で軽症。このクラスターの感染者は11人になった。
 周南市は40代の無職の男性2人、10代のアルバイトの女性、20代の無職の女性で、10代女性は無症状、3人は軽症。40代男性の1人と10代女性は仕事で接触があった人からの感染。そのほかの2人の感染経路はわかっていない。
 下関市は30人が感染。高齢者施設でクラスターが発生して50、60代の施設職員6人と60代から90代の利用者16人が感染した。そのほか10代から60代の男性6人、10、20代の女性が感染した。山口市は6人で、10、20代、80代2人の女性4人と30代男性2人▽岩国市は5人で、20、40、50代の女性と20、30代の男性▽宇部市は3人で50、60代男性と50代女性▽防府市も3人で10歳未満の女児と50代の男女▽周防大島町で70代女性▽平生町で30代女性▽宮崎県に住む20代男性が感染した。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html