ヘッドラインニュース

6月上旬、60歳以上に接種券

周南市・対象者上回るワクチン確保
8月1日までに5万7千人分

電話での受け付け

 周南市は26日正午から3回目となる65歳以上の高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種の受け付けを始めた。今回、予約を受け付けているのは6月21日(月)から7月11日(日)までの予約枠1万5千人分。電話予約は、かかりにくい状態が続いたが、システムのトラブルはなく、電話が通じると数分で手続きを終了。インターネットによる予約は順調に進んでいる。同市は6月上旬に60歳から64歳までの市民約8,400人に接種券を発送する。
 同市ではなるべく円滑に受け付けができるよう、前回から庁内の予約センターの電話回線、オペレーターを増やし、午後5時だった受け付け時間を28日までは7時まで延長している。
 市役所などには「電話が通じないから来てみた」という人が訪れたが、ロビーで待ち受けていた職員が付き添うようにして話しを聞き、予約方法をアドバイスしていた。
 26日午後5時にはインターネットによる予約のうち集団接種分が終了したが、電話による予約は継続し、ネットでもかかりつけ医による個別接種は空きがあった。
 5月7日から始めたFAXなど「紙」で申込める接種日おまかせ予約は約5千人が利用し、処理が間に合わないほどだが、なるべく、今回の予約枠に入ってもらうようにしている。

6月26日~・64歳以下受け付け開始

 64歳以下への接種券の発送日は未定だが、予約の受け付けは6月16日(水)正午からを予定。7月12日から8月1日までの1万6千人分の予約枠を用意して電話、インターネットで受け付ける。接種日おまかせ予約は6月11日締め切りで、それ以後も継続するかは未定。
 これまで同市は65歳以上の対象者4万8,400人に対し、4月26日に9千人分、5月12日に1万5千人分、今回の1万5千人分を合わせて対象者の8割に当たる3万9千人分の予約枠を用意。6月16日の1万6千人分を加えると計5万5千人分になる。
 このほか高齢者施設で利用者2千人へのワクチン接種を進めていて、これを合わせると5万7千人分のワクチンが確保されている。このため、8月1日(日)までに60歳以上の市民5万6,800人への接種が完了することになる。実際には希望する接種場所、日時が合わないと接種できないが、混乱の中で始まったワクチン接種は同市では軌道に乗りつつある。

【きょうの紙面】
(3)市議会の政務活動費、視察中止で返還増加
(4)しゅうなんブランド、地産地消推進店認定
(5)新南陽LCが若山城跡で草刈り

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

周南市で6人感染、411人に

県内は34人、2,865人に

 県などは27日、新型コロナウイルスに感染した34人を公表した。周南地域では周南市で6人が感染した。同市の感染者の累計は411人、県内は2,865人になった。
 周南市の感染者のうち20代のアルバイトの女性は同僚からの感染。40代の自営業の男性と10歳未満の男児2人は家族で、最初に発症した男性への感染経路は不明。10代の男子高校生は同じ学校の生徒からの感染、50代の会社員の男性は感染経路不明。10代男児のうち1人が無症状、5人は軽症。
 下関市は10人で、10代の子どもと、10代から70代の女性7人、20代、70代の男性▽岩国市は6人で20代、60代2人の男性、30、50、60代の女性▽長門市は4人で、40代2人、50、60代のいずれも男性▽防府市は2人で20代女性と10歳未満の女児▽山口市も2人で30、50代女性▽宇部市も2人で、30、60代男性▽山陽小野田市も2人で50、60代男性。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html