ヘッドラインニュース

頑張れリン選手!熱いエールいっぱい

寄せ書きに参加した人たち(下松市提供)


ベトナム女子バドミントンチーム
東京五輪応援へ“オールくだまつ”

一昨年9月に来日時のリン選手と国井市長
完成した寄せ書きの応援旗(下松市提供)


 下松市は28日、東京五輪女子バドミントン競技に出場が決まったベトナムのグエン・トゥイ・リン選手(23)にエールを贈る寄せ書きの応援旗を作った。応援旗は出場前の来日時に東京の選手村のリン選手に郵送する。
 同市はベトナムの女子バドミントンチームの事前キャンプ地に登録し、ホストタウン事業を進めてきた。しかし新型コロナウイルス感染症の収束の見通しが立たないことから、リン選手らベトナム選手一行の下松招待を中止した。応援旗づくりはその代替行事に市が計画した。
 この日、下松スポーツ公園体育館・トラックワンアリーナで開かれた応援寄せ書き会には、市から国井市長、玉井哲郎副市長▽下松市とベトナムバドミントン連盟との橋渡し役を務めた認定NPO・ACT SAIKYOの金丸真明理事長と、西京銀行の女子バドミントンチーム、ACT SAIKYOの柏原みき主将▽徳山大経済学部のベトナム人留学生の2年のグエン・ティ・グエットさん、3年のグエン・ベト・アンさん▽2019年度のベトナムとの交流事業に参加した豊井小6年の西木軍司、松友一峰、松友健晋さんが参加。みんな思い思いの言葉を寄せ書きした。
 中でも柏原主将は「120%の力を出せるよう頑張って下さい! ACT SAIKYO一同応援しています!」▽豊井小児童も「最後までゆうしょう目ざしてください」など熱いエールを書き上げた。ベトナム人留学生はベトナム語で寄せ書きをした。
 応援旗にはさらに、ホストタウン事業に協力してもらった人に寄せ書きを追加してもらうという。

【きょうの紙面】
(3) 光市ワクチン接種対策室4人増強、11人に
(4)S.I.下松がくだまつ未来塾に10万円
(5)夢プラン支援の今宿市民センターを紹介

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

年齢、基礎疾患不問に

下松市[新型コロナウイルス感染症ワクチン接種対策]

7月9日まで・接種予約枠拡大
地域交流センター分に限定

 下松市は25日、新型コロナウイルスワクチンの7月9日(金)までの接種予約枠を、年齢に関係なくすべての市民に開放することを決めた。新しい枠による接種予約はすでに25日から適用している。
 接種予約枠の拡大は生野屋南の市地域交流センターでの接種に限定。予約枠に空きが生じ始めたためで、2003年4月1日以前に生まれたすべての市民を対象に、接種券が届き次第予約できる。
 基礎疾患の有無は問わないが、妊婦の接種はせず、かかりつけの産婦人科に相談するよう呼びかけている。
 予約はこれまで通り電話(0833-45-0567)か市役所のホームページからアクセスできるインターネットで可能。問い合わせは市新型コロナウイルスワクチン対策室(41-1234)へ。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

県内で新たな感染者なし

17日から12日ぶり

 県内で29日は新たな新型コロナウイルスの感染者の公表はなかった。感染者がいなかったのは6月17日から12日ぶり。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html