ヘッドラインニュース

下松市がベスト10に!

全国815市区の住みよさランキング
過去最高位ランクに市長ら大喜び

 念願の全国トップ10に―全国の792市と東京都23区の計815市区の都市力を比較する東洋経済新報社の今年度の「住みよさランキング」が14日に発表され、上位常連の下松市は過去最高の全国10位に躍り出た。周南市は昨年度の187位から14ランクアップして173位になり、光市は昨年度の253位から今年度は254位と横ばいだった。(山上達也)

下松市、中四国9県で2位!

 「住みよさランキング」は、人口の増減▽病床数や子ども医療費助成などの安心度▽小売販売額、大型店店舗面積などの利便度▽水道料金、都市公園面積、日照時間などの快適度▽財政力指数、持ち家世帯比率などの富裕度をもとに算出した偏差値で集計。
 1位は昨年に続いて金沢市のベッドタウンの石川県野々市市。2位は東京都武蔵野市、3位は東京都文京区。以下、4位は愛知県長久手市▽5位は鳥取県倉吉市▽6位は石川県白山市▽7位は福井市▽8位は金沢市▽9位は福井県敦賀市▽10位が下松市と続いている。10市区のうち、5市は石川県と福井県が占めている。

下松市の快適度は一躍全国3位に

 下松市は2011年度の13位がこれまでの最高位。以後は14年度22位▽15年度20位▽16年度18位▽17年度と18年度は30位▽19年度22位▽20年度は33位だった。
 中四国9県の92市でも下松市は昨年は4位に甘んじたが、今年度は全国5位の鳥取県倉吉市に次いで2位。
 県内13市で100位以内は下松市のみ。下松市は今も人口が微増傾向が続いており、財政面も実質公債費比率が3.0%と極めて良好で、水道料金は全国の市で5番目に安い1,833円(一般家庭の平均月額)だ。
 昨年度は前年度比1.2%減だった地方税収額が、今年度は前年度比2.2%増に転じたことが大幅なランクアップにつながった可能性がある。
 さらに「快適度」が昨年度の24位から一躍3位に浮上したのも大きい。水道料金の安さと人口増が影響したようだ。快適度の1位は東京都昭島市、2位は北海道苫小牧市、3位が下松市と続く。

国井市長「市民と職員に感謝したい」

 下松市が10位にランクされたことに国井市長は大喜び。取材に「市民の皆さんと職員が市のため、地域のために頑張っていただいたおかげ。新型コロナウイルス感染症の収束に向けてワクチン接種を最優先で進めている中、本当に心躍る明るいニュースをいただいた。これを励みに、コロナ後には市全体に明かりがともることを信じて、市民、行政、経済界と一体の“オールくだまつ”でまちづくりを進めていきたい」と手放しの喜びを見せていた。
 一方、周南市、光市はともに人口減に歯止めがかからないことが大幅なランクアップにつながらなかったと見られる。人口の3年前との比較で周南市は2.73%減▽光市も2.67%減なのに対し、下松市は1.08%増と明暗が分かれた。


上位市は子ども医療費助成充実

 全国で上位にランクされる市はどんな自治体なのだろうか。
 1位の石川県野々市市は金沢市と白山市に囲まれた人口約5万3千人のコンパクトな市で、若いファミリー世代の転入が多い。金沢工大や石川県立大があるため市民の平均年齢は石川県内の市で最も若いという。
 2位の東京都武蔵野市は杉並区など東京23区に隣接し、人口は約14万7千人。3位の東京都文京区は大学や短大が19校もある文教タウンで、人口は約22万6千人。
 子育て支援策のうち所得制限なしの子ども医療費助成(無料化)は、野々市市が通院、入院とも18歳年度末まで▽武蔵野市は通院が15歳年度末まで、入院が18歳年度末まで▽文京区は通院、入院とも15歳年度末まで。3市とも手厚い子育て政策を展開している。
 下松市は通院が12歳年度末まで、入院が15歳年度末までとなっている。しかし子ども医療費の問題は本来は国レベルの政策で、都市間競争をすべきものではないという意見もある。とはいえ子育て世代をどう支援するかがこれからの自治体運営のカギを握っているといえそうだ。
 「都市データパック2021年版」は税込みで定価19,800円。問い合わせは東洋経済新報社(03-3246-5467)へ。

【きょうの紙面】
(2)光市が栽培漁業センター跡地売却先再募集
(4)下松飲食業協同組合が市に支援要請
(5)徳山大教員紹介・渡部明副学長

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html