ヘッドラインニュース

自粛を監視?疑問の声

下松市笠戸島はなぐり海水浴場

「遊泳自粛」と「監視所」の看板が並ぶ監視所(読者提供)


 本来なら16日は下松市笠戸島のはなぐり海水浴場で安全祈願祭が営まれて、この日を境に海水浴客でにぎわうはずだった。市は昨年に続いて今年も新型コロナウイルス対策で「遊泳自粛」を求める一方、監視所には「監視所」の看板も出しているため、浜を訪れた人から「自粛を監視するの?」と疑問の声が上がっている。
 同海水浴場の管理と運営は市の第3セクターの市笠戸島開発センターに市が委託。同センターが運営する国民宿舎大城の職員が浜の清掃や地ならし作業をし、監視所やトイレも管理。海水浴場の周辺には市地域交流課の「遊泳自粛」の看板が立てられている。
 監視所は丸太造りのログハウス風で、海水浴シーズンのみ監視員を配置。昨年と今年は遊泳自粛を求める一方で「禁止」ではないため、万一の事故やケガに備えて監視所を開設した。今年も7月16日から8月22日まで監視員を置いている。
 利用客からは「遊泳自粛と監視所の看板が並べて立てられていると、自粛を監視しているようにとれる。いい気がしない」や「禁止ではない限り泳ぐ人はいる。事故に備え監視員がいるのは安心できる」などさまざまな声が上がっている。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

規定より少ないワクチン量接種

光市 [新型コロナウイルスワクチン接種]

医療機関ミスで高齢者30人
発覚まで1カ月半、抗体値は正常

 光市は21日、新型コロナウイルスワクチンの接種で、本来の接種量の0.3mLより少ない0.27mLを30人に接種するミスがあったことを公表した。30人は全員65歳以上の高齢者で、健康被害は発生していないという。市新型コロナウイルスワクチン接種対策室の田中満喜室長は「ご迷惑をおかけした皆さんや市民の皆さんにお詫び申し上げ、再発防止に全力を上げます」と話している。
 同室によると誤接種があったのは5月31日。市内の医療機関での接種で、この日は30人の接種を予定していたが、接種スタッフがワクチンが27人分しかないことに気づき、1人当たりの接種量を少しずつ減らすことで残り3人分のワクチンを確保し接種した。
 このことは同スタッフが口外しなかったため問題化しなかったものの、今月6日になって同スタッフが他のスタッフに話したことがきっかけで同医療機関が市に誤接種を報告。市はただちに30人への抗体検査をするように指示し、市からも30人に謝罪して抗体検査の協力を依頼した。
 結果、30人全員が抗体検査に応じ、全員の抗体値が規定の数値に達していたことが確認されたという。
 なおこの医療機関について市は「個人の特定につながるため、医療機関名の公表は差し控える」としている。

【きょうの紙面】
(2) 国民宿舎大城が開業50周年式典
(4) 光市が若手職員で魅力発信動画作成チーム
(5) 小学生が小児がんの子のために髪を寄付

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

高齢者優先接種「一区切り」

光市[新型コロナウイルスワクチン接種対策]

2回接種終了率91%に
64歳以下1回目終了も53%

 光市は20日、新型コロナウイルスワクチンの65歳以上の高齢者への接種率が90%を超えたと発表した。市新型コロナウイルスワクチン接種対策室は「20日を高齢者優先接種の一応の区切りとし、今後もまだ接種していない高齢者から希望があれば随時、接種予約を受け付けたい」と話している。
 光市は周辺の市町に比べてコロナワクチン接種が順調。20日で市内の医療機関で2回の接種を終えた高齢者は暫定速報値で16,786人となり、市の高齢者優先接種対象者(18,500人)の91%に達した。
 市は今後、16歳から64歳までの一般市民(約25,500人)向けの接種に力を入れていく。一般市民は20日現在で53.3%の13,602人が1回目の接種を終えた。市は9月末までに接種を希望する市民全員への接種終了を想定している。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

周南、下松市で1人ずつ

21~25日・県内は15人感染

 県などは21日から25日までの5日間に新型コロナウイルスに感染した15人を公表した。このうち22日は感染者がなかった。周南地域では周南市と下松市で1人ずつが感染し、周南市の感染者は425人、下松市は116人、県内は3,211人になった。
 [21日]4人が感染した。下松市の20代の会社員の男性は職場の関係者からの感染で無症状。和木町の30代男性▽岩国市の20代女性▽下関市の10歳未満の子どもが感染した。
 [22日]4人が感染した。山口市の40代男性▽和木町の10歳未満の女児と20代の女性▽岩国市の30代男性だった。
 [24日]下関市の40代女性と10歳未満の男児の2人が感染した。
 [25日]5人が感染。周南市の30代の男性の会社員は大阪府で接した陽性者からの感染で、軽症。防府市の10代男性▽岩国市の50代男性▽埼玉県在住の30代男性▽福岡県在住の20代女性の5人が感染した。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html