ヘッドラインニュース

台湾特急車両第1陣出荷

日立製作所笠戸事業所

24年まで600両製造
1,600億円の大プロジェクト

中央通訊社がサイトに掲載した安全祈願祭の写真(台鉄撮影)


 下松市の日立製作所笠戸事業所(三浦淳事業所長)が製造している台湾の台湾鉄路管理局(台鉄)発注の都市間特急車両「EMU3000」の第1陣の12両が21日、台湾に向けて船便で初出荷された。2024年までに1編成12両で50編成、600両(受注額約1,600億円)が出荷される。
 日立と台鉄との関係はもともと深く、戦後は日立製のディーゼル機関車が納入されていた。最近では首都の台北と高雄を結ぶ台湾高速鉄道(高鉄=台湾新幹線)に日立笠戸製の車両が納入されている。
 EMU3000の600両製造は、2018年12月、日立とスイスのシュタッドラー社の一騎打ちで日立が落札。車両の前面は白と黒、エクステリアやインテリアは白とグレーを基調としたモノトーンで、シンプルなデザインが特徴という。
 日立笠戸は当面、EMU3000の製造に全力を挙げており、コロナ禍でも日立笠戸協同組合の加盟企業をはじめ広範な事業所に順調な業績を及ぼしている。そのあとにはパナマ共和国向けのモノレール車両168両(受注額約920億円)の製造が待っている。
 21日には日立笠戸構内で初出荷を祝う安全祈願祭があり、降松神社の神足篤彦禰宜を祭主に営まれた。祈願祭では三浦事業所長が玉串を捧げ、台鉄の馮輝昇副局長がリモートで参列した。
 報道機関向けのリリースは台鉄が台湾の報道機関にだけ出したため、日立笠戸によると祈願祭に日本の報道機関の記者は誰も取材に来なかった。台湾唯一の国営通信社の中央通訊社など台湾の報道機関各社もリモート越しの取材だった。
 中央通訊社は日本語のニュースサイト「フォーカス台湾」でこの祈願祭を写真入りで日本語で報道している。
 この日、日立笠戸の構内岸壁で積み込まれたEMU300の第1陣は、30日に台湾東部の花蓮県の花蓮港で陸揚げされる。以後の車両もすべて日立笠戸の構内岸壁から船で直接出荷される。(山上達也)

【きょうの紙面】
(2)富田、福川紹介の「山陽道ぶらり散歩」展
(4)遠石地区で地域食堂スタート
(5)「周陽市民センター」紹介

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

周南市で20代男性

県内の感染者は9人

 県は27日、新型コロナウイルスに感染した9人を発表した。周南地域では周南市で1人が感染し、同市の感染者は426人、県内全体は3,227人になった。
 周南市の感染者は20代の会社員の男性。25日に発症、熱があったため受診して26日に陽性が確定したが無症状。感染経路は不明。
 山口市が3人で、20、30、40代の男性▽山陽小野田市は2人で50代の男女▽和木町で10歳未満の女児▽宇部市で40代男性▽東京都在住の10代の男性が感染した。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html