一言進言

上から目線の行政にがっかり

~観光案内所はどこに設置するのか?~

観光案内所は、旧徳山駅ビルの1階にあるのはごく自然で、当たり前の光景だった。駅ビル建て替えと周南観光コンベンション協会が発足する時期が重なり、みなみ銀座に特産品売り場の「まちのポート」と併設で場所が変わった。あくまで仕方なく場所を選んだもので、当初から駅ビル内と思っていた。徳山駅は全ての交通の結節点で、下松市、光市、ともすれば防府市、柳井市までの市民が利用している。逆に他県からの来訪者もほとんどが徳山駅を利用している。だから、南北自由通路か、駅ビルに観光案内所があるのは当然だ。地域への来訪者を迎える一番地だ。

周南市は観光も、スポーツも二重行政の形になっている。行政には観光交流課、文化スポーツ課があり、職員が何人も関わっている。一方、周南観光コンベンション協会、周南市体育協会が業務の委託を受け、観光行政、スポーツ行政のほとんどをこなしている。文化も実際は周南市文化振興財団と周南文化協会が文化行政の主たるところは担っている。最低限の補助金の中で、それぞれの団体は多くのボランティアの力を借りながら、市民を巻き込む啓発活動など、工夫に工夫を重ねてきた。

私は以前から担当課の職員を減らして、減ったお金の半分、いや3分の1でもいいから補助金を増やしてくれと頼んできた。周南市の職員の平均給与は約700万円だ。職員の人数を減らすことは地方自治体の最大の課題だ。少しでもこの民間の力を借りて減らすことが大切だと訴えたが、未だに実現しない。箱モノは行政が作り、運営は民間が担うことで、地域の活性化につながると言ってきた。しかも各団体の職員の待遇は市役所の半分か、それ以下だ。

今回、周南コンベンション協会の願いをはねつけた周南市だが、では一体観光案内所はどこに設置するつもりなのか。せっかくの地域の特産品を内外の人に販売する施設はどこに設置したいのか答えが是非聞きたい。とりわけ観光行政はどこで、どんな将来像を描いているのか聞きたいものだ。2階改札口隣の空きスペースを活用したらと提案したが、あっさり拒否した。今回行政に聞くと「コンベンション協会から何のお願いも聞いていない」との返答だった。周南4商工会議所がJRに請願したのは知っているはずだ。

補助金を出しているからなのか、上から目線の対応にさすがにがっかりした。行政はこれら団体のお陰で市職員ができないことをしてもらっていると認識すべきで、これでは周南市はますます衰退するのは間違いない。役人天国であぐらをかいている地方自治体には将来がない。

(中島