一言進言

大学に関心を持つことは大切だ

~公立化は改革の一手段~

全国に大学は600校を超える。文科省も10年後には半数になると見込んでいるし、実際減らそうと目論んでいる。まさに生き残りをかけた競合の真最中だ。中央の有名私立大学でもあの手この手と対策を講じる時代になった。高校生が激減する18年問題に直面する危機感から、全国の地方大学は生き残るための取り組みを始めていた。その中で徳山大学は旧態以前のままで、このままでは地域にとっても有益な大学になり得ないと、私たちは大学側に提言をしてきた。半ばあきらめかけていたところで理事長、学長が変わり、一気に改革に向けての取り組みが始まった。

同大学に対しては社会福祉士などの資格を取得する学生が少ないなど以前から指摘し、提案もしてきた。教授陣にやる気はあるのかと疑問も投げかけてきた。高田隆学長は早速全国から教員の公募も始め、来年度には優秀な先生も多数採用予定だ。大学の先生は法律上勝手にクビにできない。改革は時間と手間がかかる厄介なものだ。教授陣にやる気を起こさせるのは並大抵ではない。

公立化については、反対意見の多くは「こんなコロナ禍の中、なぜ急ぐのか」と疑問の声を上げている。気持ちはわかるが地方の衰退はコロナだからといって止まらない。地方大学間の競争は実にし烈を極めている。来春開学でも最初の新学部の卒業生は6年後だ。いわば結果が見えるのは随分時間がかかる。ただし、市民の声を聞いていないと言う主張はその通りだ。有識者会議では商工会議所などは参加しているが、一般市民には無縁の世界だった。

地方大学はかくあるべきと言える一般市民は多くはない。大学にほとんど関心を持ってこなかったのではないか。そこで今回の署名活動は、市民に大学の在り方を考えさせる良いきっかけになっている。仕方ないが、中には藤井市長への反感から公立化に反対する人も少なからずいる。それでも徳山大学をどう変革させれば良い大学になるか考えてくれたら大いに結構だ。市民との交流も去年から飛躍的に増えたが、市民からの提案を受け入れる仕組みつくりも急がれる。

山口県東部の唯一の4年制大学だ。県民が頼りにできる大学になって欲しいと思っているが、今回の署名活動の中でネット上「あんな大学に税金を使うのはもったいない」の書き込みを見ると悲しくなる。だから良い大学にするための改革なのに、公立化は目的ではない、より早く良い大学にするための手段の一つだ。行政も市議会も改革の中身について議論することが少なかった。地域のシンクタンクになった徳山大学を夢見て、これからも物申す。

(中島