ヘッドラインニュース

価格半額も!

威勢の良いせり

短縮要請影響、水産市場にも

 昨年から1年半続くコロナ禍。影響は飲食店にとどまらず、食材を提供している業者、生産者にも及ぶ。周南市水産物市場。早朝から威勢のよい掛け声が響く姿は以前と変わらないが、その中で漁業に携わる漁師や、仲買人の高齢化などの課題の深刻化に拍車がかかりそうだ。

 8月30日から県内でも始まった飲食店への営業時間短縮要請。感染拡大で客足がにぶっていたこともあり、休業に踏み切った店も多い。その影響は水産物市場の鮮魚などの価格に現れる。

 特に高級食材の値段に大きく反映し、コロナ禍前、1枚2,500円から3千円のウニ板は1,200円、3千円していたアワビは1,500円と半額。一方で、感染拡大は全国的な問題。山口県から大阪など大消費地に送られる荷は減り、広島から来る荷は増えている。

 水産物市場買参人組合の田中豊治組合長は「量販店があるので荷がさばける。頑張っているのでは」と話すが、一方で長期的には水産物市場の集約・再編が進む可能性もあり「コロナでめちゃくちゃ」と不安を口にする。

 価格の低下は漁師や仲買人の収入にも影響する。国の事業継続の補助金などの支援があるが一時的。仲卸業者の徳山魚市の竹村宏社長は「高齢化というもともとの問題がある。これを機会に廃業が増えるのでは」と話す。

 8、9月はハモ、コチ、スズキなどがおいしい季節。しかし、団体客がほとんどなくなった中、今回の時短要請が追い打ちをかける。重永昌明さんは67歳。漁協に所属して長く同市場でせり人を務めた。60歳からは市の嘱託として競りの立会人を引き受けている市場の生き字引。以前は年間15億円あった取扱額が最近は8億円。さらに今回の値下がりに「寂しい」と顔を曇らせる。

 同市場の今年7月の取り扱い額は約5,400万円、8月は4,500万円。2019年度に比べると3分の2に下がっていたが、今回の短縮要請でさらに1割下がっているという。

【きょうの紙面】
(3)周南市が高齢者にバス・タクシー運賃助成
(4)長崎建設が福川小でボランティア活動
(5)18日・Linoさんライブ

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

光3人、下松2人、周南1人

県内は54人感染

 県などは2日、新型コロナウイルスに感染した54人を公表した。周南地域は6人で、光市が3人、下松市が2人、周南市が1人。光市の感染者は89人、下松市は166人、周南市は580人、県内は5,083人になった。

 光市の3人のうち20代の会社員の男性と10歳未満の女児は家族。会社員への感染経路は不明。会社員は軽症、女児は無症状。20代の会社員の男性は友人からの感染で軽症。

 下松市は30代の無職の男性と20代の会社員の女性。感染経路は不明で、軽症。周南市は40代のパートの女性。感染経路は不明で軽症。

 下関市が26人で、10歳未満の子どもが4人、男性が10代から70代の15人、女性が10代から60代の7人▽宇部市が14人で、女性が10代から60代の10人、男性が10歳未満、20、40、80代の4人▽山口市が2人で30、20代男性▽萩市が2人で、10代男性、50代女性▽柳井市が30代男性▽防府市が40代男性▽県外が2人で、福岡県の20代女性、30代男性。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html